もう仕事辞めたい!辛い、逃げ出したい時のノウハウ

更新日:

「もう仕事辞めたい」と思った時に何ができるか

やることを大きく分ければ、以下の二つしか選択肢はないので、どちらかを選ぶことになる。

  • 耐える
  • やめる

耐えるのは場合によっては簡単。とりあえず、寝てしまえば忘れるかもしれないし、実際に仕事に行けば「もう仕事やめたい」という気持ちが薄れることもある。

まあ、いつまでも「もう仕事辞めたい!」を何度もループしてしまう人でも、続けられることはある。

やめるのはリスクがある?耐えていればリスクはない?

実は、どちらにリスクがある。耐えるということは、「今は辞めない」と選択すること。これは、「辞めた場合に手に入る可能性」を捨てていることになる。つまり、時間と労力と精神力の無駄かもしれないということ。

やめたらやめたで、次の仕事があなたに合っているかどうおかわからない。このリスクは避けようがない。

逃げ出したいほど辛いなら辞めた方がいいかも

うつ病になったりするくらいなら、さっさと辞めてしまったほうがいい。うつ病になってしまうと、回復するどうかわからないので、その後が大変。

すぐに仕事を辞めることは理論上は簡単

「仕事を辞めること」のやる気があるのなら、すぐにでも辞めることはできる。

バックレが一番手っ取り早い。ある日突然、会社に姿を現さなくなる。連絡も取れなくなる。本当にすぐに仕事を辞めたいのなら、これがシンプルでスピーディー。

バックレには否定的な意見も多いですが、「うつ病になるくらいならバックレたほうがいい」というのが僕の意見。親友がうつ病になったの目の当たりにしたからそう言い切れる。

もう仕事辞めたい時に使える、正式な手続きを踏んですぐに辞める方法

あんまり公式的な方法ではないかもしれないが、以下の手順を踏めば正式に、今すぐに仕事から逃げ出すことができる。

まずは、「退職届」を用意する。「退職願」ではないのでご注意を。退職届が受理されれば、2週間ほどで退職することができる(法律で決まっていること)。

  1. 退職願・・・「退職させて下さい!」と願い出る書類
  2. 退職届・・・「もう退職します!」と知らせる書類

書き方なんかは、ネットにテンプレが溢れかえっているので、ここでは割愛。退職届が出来上がったら、会社に送り付ける。内容証明郵便で送ると効果的。

あとは、病欠でしばらく休む。これを2~3日続けた頃には、会社に「あいつ、退職届出したらしいぞ!」という噂が広がっているはず。

その後も、テキトーに理由付けて、休み続ければいい。有給が使えるなら、申し出てもいい。

退職届を出したら、後は2週間ほど会社に行かなければ、無事に退職(これが退職届の威力である)。

どうしてすぐに辞めることができるのか

「退職は、一か月前までに言ってね」というのは、会社が決めていること。

労働基準法上では、「退職届が受理されてから、2週間で雇用契約は終了できる」ということになっている。退職届を受理してもらえないときは、弁護士などに相談するのもあり。

仕事から逃げ出した後のお金が不安なら

退職金があればラッキー。雇用保険の「失業給付」を早く受け取る方法もあるので、確認を。

会社と相談できるのなら、何とかして「会社都合」で離職票を作ってもらう。これが「自己都合」になってしまうと、失業給付を受け取るのに、3ヶ月ほど待たなくてはいけなくなるので。

※失業給付・・・条件を満たしている雇用保険加入者が、退職時に受け取れる給付金。ザックリ説明するとだいたい10万~20万円くらいは毎月貰える(正確な数字は要確認)

ちなみに、この失業給付、自己都合退職っぽい退職でも、会社都合扱いになるケースがいくつか存在する。

会社都合退職になるケース(あまり知られていないケース)

  • 移転により通勤が困難になった場合
  • 賃金の未払いが酷い場合
  • 実際の内容と雇用契約内容がかなり違う場合
  • 賃金が大幅に低下した場合
  • 月に45時間を超える残業を3ヶ月以上した場合(退職前から計算)
  • セクハラ・パワハラがある
  • 会社が法律違反をしている

これ以外にもまだある。リストラや倒産以外にも、「これなら、辞めても仕方ないでしょ」というケースなら、会社都合扱いになるということだ。

詳細は、「ハローワーク」に相談するのが一番。タイムカードのコピーなどの証拠が必要になる場合もあるので、それも含めてハローワークに相談してみるといい。

上で挙げたようなケースだと、ハローワークの職員さんが会社に問い合わせてくれたりするので、「一人で戦わないといけない」というわけでもないのだ。

失業給付などの手続きも、ハローワークで。「会社が離職票を送ってくれない!」などのケースも、相談に乗ってくれる。

※離職票の送付には、退職から3週間程度掛かるのが基本。

失業認定は意外と簡単である

失業給付を受け取るには、月に2~3回ほど「求職活動」をして、月に一回「失業の認定」を受ける必要がある。「求職活動」は、ハローワークのパソコンで求人検索をし、ハンコを貰うだけでも一回とカウントされる。もちろん、面接したりしてもカウントされる。そんなに難しくはない。

仕事を辞めた後の税金や年金の支払いに注意

生活費だけじゃなく、高額な国民健康保険料や国民年金、住民税の支払い義務も発生するので、注意。失業中の場合、申請すれば免除や減額をしてもらうこともできるので、忘れずにやるべし。

【関連記事】仕事を辞めたあとのお金!失業給付や健康保険など

「もう仕事辞めたい!」はすぐに叶えられる

こんな感じで、逃げ出したいほど仕事が辛い時でも、もう仕事に行かないで辞めることは可能。やる気と勇気次第。耐えるのも根気がいるし、転職活動も何かと大変。仕事をするのは辛いものだ。

辛い仕事から逃げ出す前に転職先を見付けるべきか

できるならそれが理想だけど、やめてから転職活動する余裕があるのなら、それでもいい。

次の仕事を探す方法をまとめてみる

ハローワークで仕事を探す

ハローワークは、失業保険の手続きや失業の認定以外にも、職探しの場として使える。当たり前だけど。ハローワークに登録されている求人をじっくり探すこともできるし、気になる求人があったら、職員に相談しながら応募することもできる。

転職サイトで仕事を探す

転職サイトは数多く存在している。転職サイトによって掲載されている求人情報が違うものなので、複数登録して使うのが基本。転職サイトで仕事を探すのなら、職歴の登録なんかはしっかりやるべき。

書類選考で多数落ちることも覚悟して、数をこなすことも大切。

転職エージェントで仕事を探す

転職サイトとは違い、実際にエージェントのオフィスに足を運び、担当者と相談しながら仕事探しをしていくのが「転職エージェント」というものだ。サービスは無料で使える。「民間のハローワーク」のようなものだと思えばわかりやすい。

求人の紹介やら、書類添削やら、面接対策やら、転職に必要なことの大半はサポートしてくれる。

【関連記事】転職エージェントはどこがいい?目的別に紹介

再び「もう仕事辞めたい!」にならなければいいが

日本には、ブラック企業が多い。次の仕事がブラックじゃないという保証はどこにもない。逃げ出したいほど辛い仕事を続けるのもリスクだが、今の仕事をやめて次の仕事に行くのも、やはりリスク。

せっかく仕事をやめて次に来たのに、「前の方がマシだった」と感じてしまう可能性だってある。

なので、いろんなことを天秤にかけて、あなたにとって最良の選択肢を見付けるのが大事ということ。逃げ出したい時でも、すぐに仕事を辞めることはできる。

ただし、後戻りはできない。決めるのなら、慎重に決定すべし。

慣れない転職も「転職エージェント」で安心

無料で転職支援を受けられる「転職エージェント」。担当者に対面で相談しながら転職活動が可能。あなたにマッチした仕事の紹介もしてくれる。書類添削や面接対策、アフターフォローもバッチリ。

有名な転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」の二つ。持っている求人数が多く、どちらもオフィスが全国的に展開されているので足を運びやすい。

時間に余裕があるのなら、2つ同時に使うのもあり。

【公式】リクルートエージェント転職支援サービス
【公式】業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

-仕事と転職

Copyright© ワイズクラウド , 2017 All Rights Reserved.