ケントマンのブログ

仕事をする理由なんてこれだけで十分なんじゃないか


bike

何の為に仕事をしているのだろうか・・・。ふとしたときにそんな思いに浸ってしまうのは、恐らく誰でもあること。本当は別の生き方をしたいのに、できない。

やりたくもない仕事を続けているのはなぜだろう?また、人が働き続けるのはなぜだろう?

スポンサーリンク

人が仕事をする理由って?

好きな仕事を続けるのはわかる。嫌いな仕事を続けるのは、まあわからなくもない。一番想像しやすいのは、大半の人は、好きだろうが嫌いだろうが、今の仕事を失ったら、また別の仕事を始めるだろうってことくらい。何で人は仕事を続けるのか?その理由はただ一つ。

お金を稼ぐ為、生きていく為。

人が仕事をする一番の理由はこれでしょうよ。お金もらえなくなったら、ほとんどの人は今の仕事を続けることはないでしょうに。

お金を稼ぐ為に仕事をする

日本は資本主義社会。狩りをすれば生きていけるわけじゃない。食料を生み出せば生けていけるわけじゃない。食料を作り出せても、商売に繋げたりしてお金を稼がないと、住む場所も、衣服も得られない。お金が社会を生き抜く道具になっているのは否定しようがないはず。

だからみんな、お金を稼ぐ。お金を稼ぐには、仕事を探して、仕事をするのが手っ取り早いから。

その他の仕事をする理由もあるけど

ずっと目標にしていたことだから。こういう仕事がしたいと思っているから。そこの職場が好きだから。「お金を稼ぐ」ってこと以外にも、人が仕事をする理由はいくつかある。いくつかあるけど、「お金を稼ぐ」っていう大事な理由を失ってしまったら、その他の理由は果たして生きているだろうか?

お金の為だけじゃ仕事をするモチベーションを上げられないのも理解はできる。勿論、その他の理由も必要なんだと思う。やりがい、目標、ビジョン、理念、信念、プライド。人は思ったよりもシンプルじゃない。わがままな部分もある。でも、資本主義社会で生きている以上、お金の呪縛からは逃れられない。

だからこそ、嫌いな仕事でも、きつい仕事でも続けていくしかない。そんな人はたくさんいる。

お金が第一の社会

結婚相手にある程度の年収を求める女性はたくさんいる。学生時代とは違い、顔よりもお金。お金がないと、まともな生活すらままならないから。結局、お金は大事なものってことなんでしょうね。「お金が全て」ってわけじゃないけど、お金がないと、お金を稼がないとやっていけないのがこの社会。

「お金は汚い」なんて言ってないで、お金の重要性をもっと認識して、お金に歩み寄る努力は必要なんじゃないかと。お金のためなら、人生の大半を費やして仕事をすることができるんです。その根源である「お金」をもっと知ろうとしても、罰は当たらないはず。

お金の勉強をしたい人向けにお金を学ぶ方法を紹介

働く意味と仕事をする目的がない?お金稼ぐだけじゃダメか

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 仕事

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

働く意味と仕事をする目的がない?お金稼ぐだけじゃダメか

日々何となく働き続けていると、たまに「自分って、何のためにここまでして働いているんだろうか・・・」なんてブルーな空気をかもし出してしまうことがありませんか? こ …

Kindle版でおすすめの自己啓発本!ベストセラーも

自己啓発本のベストセラーを紹介した記事はこれ。 おすすめのベストセラー自己啓発本まとめ ベストセラーでも、Kindle本になってない自己啓発本はある。この記事は …

統計学の勉強!この本が面白いからおすすめ

投資から統計学に興味を持ち、興味があるってだけで勉強してたら、最近目指している「証券アナリスト」の勉強でも何気に役に立っている。 どうも、ケントマンです。 ここ …

正社員は安定しているのか?僕にはそうは思えない

日本人には「正社員こそ安定している!正社員じゃなきゃダメだ!」という不思議な偏向志向がありますけど、あれってどうなんですかね? 中には、「個人事業よりも正社員! …

仕事の教え方が下手な人の特徴とは

できれば上司になってほしくない、仕事の教え方が下手な人の特徴とは? 社内常識と一般常識の区別がついてない 教えていない社内用語を連発する 会社には、それぞれ、独 …