ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

SEO対策のコツ!忘れてはいけないたった一つの大切なこと


SEO対策の方法。検索エンジンで上位表示させるコツ。こういったものがネット上や本の中でたくさん、本当にたくさん語られているけど、最終的な結論は「いいコンテンツを作りましょう」に落ち着いていたりしますよね。

曖昧じゃありませんか?曖昧すぎませんか?この結論。

SEO対策が上手くいっていないとき、こんなアドバイスを目にすると、「なるほど、自分のコンテンツがいいものじゃなかったってことか!」と感じるかもしれません。

でも、ちょっと待って下さい。ぶっちゃけ、ネット上には「こんなコンテンツでも上位表示されているのかよ!」と突っ込みたくなるものが溢れてませんか?

そういうのを見ると「いいコンテンツって何なのだろう・・・。」と混乱したり。

今回は、SEOの不思議と「お金かけないで、コンテンツだけでSEO対策するなら、これ大事!」という戦略を紹介します。

無料で行うSEO対策の戦略

検索エンジンで上位表示されるには

主流の検索エンジンはGoogle。これは間違いないですよね。SEO対策を考えるとき、必然的に「Googleで上位表示されるための対策」ってことになると思います。

で、Googleで上位表示されるためによく語られているのが、「いいコンテンツを作りましょう」という曖昧な結論。

「どのサイトを上位表示するか?」を決めているのはGoogle。基本的には、Googleのアルゴリズム(計算式みたいなもの)。

昔は、アルゴリズムの隙を狙って上位表示させる手法も流行ったようなんですけど、最近ではアルゴリズムが進化しているので、昔の手法の中には「ゴミ同然」のものが多くあるみたいですね。

Googleのアルゴリズムは解析不可能

アルゴリズムが検索順位を決定しているのなら、「Googleの検索アルゴリズムに好かれるコンテンツを作ればいい」ってことになりますよね。

ところで、Googleのアルゴリズムって完璧に解析できると思いますか?たまに、Googleの中の人が「こういうの影響しますよ」とか語ってますけど、全貌は不明なまま。

正直なところ、わからないことが多すぎるんですよ。Googleのアルゴリズムって。しかも、いろいろな要素から検索順位は決定されるので、一概に「こうやっておけば大丈夫!」とは言い切れないものなんですよね。

Googleで上位表示されるには、わからないことが多すぎる。だから、「いいコンテンツを作りましょう」なんていう曖昧な答えになるんじゃないか。僕はそう思っているんです。

不確実性を意識して、確率を考える

たいして力を入れていないコンテンツが、上位表示される。反対に、力を入れまくった自信作が、圏外をウロウロしていることもある。コンテンツ作っていると、こんなことしょっちゅうですよね。

何が当たるかなんてわからない。何かが当たったとしても、その要因がどこにあるのかがわからない。

たまたま被リンクがたくさん付いたからか。文字数が多かったからか。競合の弱いキーワードだったからか。広告が少ないからなのか。サイトの表示が速いからなのか。

考えても、何だかわからないですよね。業者に頼らず、コンテンツだけでSEOしていると、何で上手くいったのかも、何で上手くいってないのかもわからない。

正に、「SEOは不確実」ってことになってるんです。

当たり外れに一喜一憂しないこと

たまたま上位表示されることもあれば、たまたま上位表示されないこともある。この「たまたま」を意識することが大事かなと思います。

とりあえず、Googleに嫌われることはしないで、「Googleに好かれるであろうコンテンツ」を意識して作る。作りまくる。広告を貼り過ぎないとか、表示を速くするとか、過剰なリンク交換しないとか、いろいろ。

いろいろコンテンツを作っていると、やっぱり「なぜか当たったコンテンツ」と「なぜか当たらなかったコンテンツ」に分かれる。

そんな中で、たまたま当たったコンテンツの関連コンテンツに力を入れるとかやって、目的のコンテンツ(ランディングページとか)に訪問者を誘導するように頑張る。

前の記事で書いたように、SEO対策をするなら、目的を明確にしたほうがいいと思うんです。

基本、「数打てば当たる」戦略で

「これが当たる!」とは考えないで、「数打てば当たる!」という戦略でSEO対策をする。コンテンツを作る。

ただ、これだけは言えると思うんです。「人が検索しないようなキーワードでコンテンツを作っても、検索エンジンから人が来ることは皆無である」と。

何だかんだで、キーワードと検索数を意識したコンテンツは、後々にアクセスを稼いでくれる確率が高いように感じるんですよね。需要がないところに供給しても、価値は生まれないってところです。

それでも、いいコンテンツを意識するしか

不確実性とかカッコつけて書きましたけど、やっぱり、「いいコンテンツを作りましょう」というのは大事です。

いいコンテンツじゃないと、人が目的の行動をしてくれないかもしれません。被リンクも付かないかもしれません。シェアしてもらえないかもしれません。

「いいコンテンツ」って大事。でも、「いいコンテンツ」っていうのは、自分で「これはいい!」というような自己満足じゃなくて、読み手が「いい!」と感じてこそのものだと忘れてはいけないでしょうね。

読み手を意識しながらコンテンツを作る。メンタリストも推奨していることだけど、なかなか難しいんだよなー。では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧はこちら

 - ブログ運営

  更新情報を受け取るにはこちら!

Facebookで受け取る
Twitterで受け取る
Feedlyで受け取る

最終更新日:2017/05/20