ケントマンのお金のブログ

SBIソーシャルレンディングの特徴!SBIグループならではのファンドも

DS NAVI連動企画:2012 WINTER COLLECTION

「ソーシャルレンディングやってみたいけど、どこの会社使えばいいの?」と思ったとき、真っ先に見付かったのがSBIソーシャルレンディング

ネット証券大手のSBIグループの会社。ちなみに、SBI証券とは別物なので、口座は新たに作る必要あり。

ソーシャルレンディングは未知数な部分が多いし、そもそも自分が出したお金がどこに貸されるのかが明確にわからないというデメリットもある。

ソーシャルレンディングをやってみたい人向けにやり方やメリットを紹介

その点を考慮すると、「大手のSBIグループなら安心じゃね?」とか安易に思ったりもしてしまいそうだけど、ソーシャルレンディングのリスク自体は変わらないので、安易に安心するのはやっぱ危険な気がする。

SBIソーシャルレンディングは、SBI系列だけあって、ここでしか扱えないような案件もある。中には、他の会社に比べて予定利回りが低い案件もチラホラ。しかし、短期案件もあったりするので、途中解約ができないソーシャルレンディングに試験的に参入するには、最適かも。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングはどんな感じ?

投資先(融資案件)を選んでから入金というスタイル

先に口座にお金を入れてから投資先を選ぶソーシャルレンディング会社もあるんだけど、SBIソーシャルレンディングは、案件を選んでから指定口座に入金するスタイル。

貸し倒れ件数ゼロの実績

SBIソーシャルレンディングじゃなくても、貸し倒れゼロの会社は多々ある。大手だから安心と考えるのは安易。

公表している利回りは年利2%~7%

預金金利や国債の金利に比べると高いが、ソーシャルレンディング業界の中ではそんなに高い部類ではない。

株式が担保になっているファンドもある

SBI証券と同じ系列なので、株式が担保になっているファンドもある。あとは、主流になっている不動産担保型とか、融資資金の使い道がハッキリしている融資先にしか貸さない「オーダーメード型ローンファンド」なんていうのも。

短期案件もたまにある

不定期にだけど、4ヶ月程度で満期になる案件もたまには出しているそう。

SBIポイントが貰えるキャンペーンもやってるそうな

「SBIポイントって何だよ!」と思ったんだけど、調べてみたら、景品に交換できたり、他社ポイント(Tポイントなど)に交換できたりするポイントだった。

SBIソーシャルレンディング

各ソーシャルレンディングの利回りや特徴を比較できるようにまとめる

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - 投資

バークシャー・ハサウェイの株式を購入する方法

世界一の投資家ウォーレン・バフェットと、その相棒チャーリー・マンガーのタッグが有名な投資会社(保険会社?)バークシャー・ハサウェイ。 バフェットのことを知ってい …

NISA(ニーサ)で投資家デビューを考えている人の危険な思考

最近やたらとNISAのCMが流れていますけど NISAの登場で、投資が身近になったと感じていませんか?もしかしたら、それはテレビでやたらCMが流れているからって …

各ソーシャルレンディングの利回りや特徴を比較できるようにまとめる

投資信託(ファンド)のような形でネットを通じて中小企業や不動産事業者などに融資ができるソーシャルレンディング。出資ではなく「融資」なので、受取り利息が投資家の利 …

株の手数料を節約したい人におすすめのネット証券会社

株を買ったり売ったりするときには、手数料が掛かっている。株価の動きは目に見えるけど、売買手数料は意外と目に見えないので、あまり気にしていない方も多いんじゃないで …

「株で富を築く バフェットの法則」の感想

「世界一の投資家」と言われるウォーレン・バフェットの投資手法や銘柄選びなどをひたすら研究してまとめられているのが、株で富を築く バフェットの法則という本。 何度 …

まぐれ、書評。投資家が運を実力と勘違いするワケ

ナシーム・タレブさんの「まぐれ – 投資家はなぜ運を実力と勘違いするのか」という本が面白すぎるので紹介。投資をするとき、いい結果が出れば「才能」だと …

株の配当金が投資の利回りを引き上げるという話

最近の配当利回り状況はこんな感じ まず、配当利回りを簡単に。例えば、配当利回りが3%の株を1000円で購入したとしましょう。すると、預金金利みたいに、配当金が3 …

証券会社の使い方!株や投資信託はこう買う

若いうちから使いまくる人もいれば、一生縁がない人もいる「証券会社」。 今は馴染みがなくても、これから使うことになる人もいると思うので、「証券会社の使い方」につい …

株式投資の未来、書評。株式投資の統計データ

株式投資では様々な憶測や妄想が飛び交うもの。あの株がこれから来るだの、あの業界は未来が明るいだの。「株式投資の未来」という本は、この憶測を一蹴するほどの威力を持 …

長期分散投資のやり方とメリット!株式投資の場合

どうして分散投資をするのか 分散投資は、無知に対するリスク回避。これが、世界最高の投資家が言っていたこと。投資対象の全てを把握することはできないので、不測の事態 …