ワイクラ

【WordPressプラグイン】「PS Auto Sitemap」でHTMLサイトマップを作成

スポンサーリンク

Googleでは、「検索エンジン最適化スターターガイド」の中で、XMLサイトマップの他に、HTMLサイトマップを用意することを推奨している。

「ウェブマスターツール向けだけじゃなく、ユーザー向けのサイトマップも用意するといいよ!」ってことですね。

これ知ってた?サイトマップの作り方のコツとGoogleにお知らせする方法

個人のブログだと、設置しているところは思いのほか多くない。企業のサイトとか、有名サイトだと当たり前のように設置してますけど、個人ではそこまで気が回らないってことでしょうかね?

ユーザー向けサイトマップを設置すると、ユーザーの利便性が向上すると考えられるので、Googleからの評価も上がり、SEO的にも良いという理屈なのかもしれません。なので、設置しておいて損はないはず!

WordPressでブログを書いているのなら、プラグインを使って簡単に作成できるので、お試しあれ!

「PS Auto Sitemap」の導入方法とか使い方とか

ユーザー向けサイトマップを自動で作成してくれるWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」。これを使えば、Googleが推奨しているHTMLサイトマップの作成があっという間に出来ちゃいます。

しかも、更新する度に勝手に作り変えてくれる。カテゴリーの変更したときなんかもすぐにサイトマップ更新してくれるので便利!

まずは「PS Auto Sitemap」をインストール

このプラグインの導入は簡単。WordPress初心者でもすぐにできるはず。

まずは、プラグインの「新規追加」の画面から、「PS Auto Sitemap」を検索。こいつを見付けたら、インストールからの、有効化!

お次に固定ページで「サイトマップ」のページを作る

プラグインを有効化したら、とりあえず固定ページの新規作成をして、「サイトマップ」という名のページを作りましょう。別に名前は何でいいけど、普通に考えたらサイトマップだからね。

ちなみに、「サイトマップ」のURLは「sitemap」にしておいたほうがいいらしい。ウェブマスター向けのサイトマップは頭が大文字の「Sitemap」で、ユーザー向けは頭が小文字の「sitemap」がいいそう。

Googleではそう推奨しているけど、ワイクラ!では何故か間にハイフンが入ってしまっている・・・。

今更変えるのもあれなので、とりあえず放置している次第であります。

作成した固定ページにタグを貼り付け!

「PS Auto Sitemap」の設定画面の一番下に、「サイトマップ表示するページに、このタグ貼ってね!」というタグがあるので、さっき作った固定ページに貼り付け。「サイトマップ」のページに書くのはこれだけでオッケー。

サイトマップページのIDを設定画面に打ち込む

「PS Auto Sitemap」の設定画面の真ん中あたりに、「サイトマップを表示するページのIDを入れてね!」という枠があるので、そこにIDを打ち込んで変更を保存すれば設置完了!

「ページのIDってなんぞや?」と僕も思ったんですけど、大丈夫。ブラウズのアドレスバー(現在表示されているページのアドレスが書いてあるあれ)の中に答えはある!

先程の「サイトマップ」の固定ページの公開ボタン押した後とかのアドレスバーを見てみて下さい。真ん中くらいに「?post=」という記述があるのがわかりますか?

この「?post=」の後に書いてある3桁か4桁くらいの数字がサイトマップページのID!これを設定画面で打ち込めばいいんです!

設定を保存すれば設置完了!

そんなわけで、この手順で簡単にユーザー向けサイトマップをWordPressで作成できるわけです。いかがですか?簡単でしょう?

僕の場合、すぐに表示されなかったんですが、テキトーに更新ボタン押したりしてたら表示されました。設置終わったら、必ず確認してみてね!

設定画面でスタイルを変えられる

この「PS Auto Sitemap」は便利なんですが、デフォルトの「スタイルなし」の状態にしておくと、何とも味気ない感じに仕上がってしまいます。

なので、設定画面でスタイルをいじってみましょう!何通りかあるので、いろいろ変更してお気に入りのサイトマップに仕上げて下さいな。

ちなみに、ワイクラ!のサイトマップは「アーバン」というスタイルでやってます。

手打ちもいいけど、自動もいいね

最初は変なこだわりがあったので、全部手動でユーザー向けサイトマップ作ってました。記事を書いたら、書き加えて・・・みたいな。

でも、最近「カテゴリーをいじりたい!」という衝動に駆られてしまい、記事が多くなってきたせいでサイトマップの書き換えが面倒にしか見えなかったので、今回「PS Auto Sitemap」というプラグインを導入したんですよね。

やっぱりいいよ、自動は!時間短縮になるし!

WordPressには便利なプラグインがたくさんあるので、また「こういう機能が欲しい!」というときに試してみよっと。

プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典

WordPressのプラグインをプロが紹介している本もある。何でも本になるんだな。すごいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - WordPress

  関連記事

エックスサーバーがおすすめ!?WordPressには安定感を

「WordPressを使うなら、エックスサーバーがおすすめだ!」と書いている有名ブロガーは意外と多いです。ちなみに、このワイクラは「ロリポップ」というサーバーを …

WordPressのメリットとデメリット!便利だけど難しい?

WordPressとは、ブログを運営したり、ウェブサイトを作成したりできる便利なツール。ワイクラ!もWordPressを使って運営してます。別のブログも合わせる …

【WordPressプラグイン】「PubSubHubbub」を使ってパクリ予防

ブログ記事を書いた。でも、なかなかGoogleにインデックスされない・・・。 Googleにインデックスされるのって、意外と遅いんですよね。何もしてないと。開始 …

【WordPress】ロリポップ!でおすすめのプランはこれ【サーバー】

当ブログ「ワイクラ」はWordPressで運用していて、使っているサーバーは ロリポップ!。 今まではスタンダードプランを使っていたんですが、先日、最上位のエン …

「W3 Total Cache」をやめて「WP Fastest Cache」にしたら表示速度が上がった

WordPressのキャッシュプラグインは、有名ブログの「バズ部」さんがおすすめしていた「W3 Total Cache」を使っていたんですが、ふと思い立って「W …

ロリポップのおすすめポイント!サーバー愛用者が語る

有名ブロガーの多くは「エックスサーバー」を使うけど 弱小ブロガーにとっては、「ロリポップ!」みたいに、格安でそこそこ性能のいいサーバーで十分だと思っている僕(ケ …

アフィリエイトをするならWordPressがおすすめな理由、メリット

アフィリエイトをするならWordPressが絶対におすすめ!と僕は思っている。 なぜWordPreaaなのか?無料ブログじゃダメなのか?その辺のことを書いてみま …

SNSボタンが重い!そんな時のキャッシュ系WordPressプラグイン

ブログをやっている方!自分のブログに付いているSNSボタン(ソーシャルボタン)が重いと感じたことはありませんか?SNSボタンのせいでブログの表示が遅くなっている …

レンタルサーバー「ロリポップ!」が新しいPHPバージョン「PHP7.1.1」の提供を開始していた

レンタルサーバーのマイページはたまにチェックしたほうがいいようだ。僕はWordPressを使ってこのワイクラを書いているので、レンタルサーバーのマイページなんか …

【WordPress】スパムコメント対策まとめ!これで安心

ブログにコメント欄を設置しておくと、読者と交流できる。これは面白い機能。しかし、どうしても「誹謗中傷」と「スパムコメント」の厄介な二者と隣り合わせなのが怖いとこ …