ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴とメリット【ソーシャルレンディング】


OwnersBook(オーナーズブック)は、ロードスターキャピタル株式会社が提供するソーシャルレンディングサービス。不動産案件に強く、一万円の少額からソーシャルレンディングを始められて、利回り実績も悪くない。

OwnersBook

不動産事業への融資(貸付)をメインにしているソーシャルレンディング。公式サイトではクラウドファンディングと謳っているが、仕組みは同じ。

※ソーシャルレンディングについて
ソーシャルレンディングをやってみたい人向けにやり方やメリットを紹介

OwnersBook(オーナーズブック)でソーシャルレンディングをするメリット

1万円から始められる

少額投資で、不動産事業に参加することが可能。

利回り実績4.8%~14.5%

貸し倒れリスクなどがあるのが、やはり利回りは銀行預金よりもずっと高い。見た感じ、予定利回りが年利5%の案件が多い。たまに予定利回りを上回る案件もあった模様。

全案件に不動産担保を設定

ソーシャルレンディングでは最早当たり前になっている担保設定。というか、高額融資では担保を設定するのが常識。

OwnersBookの利用者と繋がれる

何でも、OwnersBookを利用してソーシャルレンディングをやっている個人投資家とSNSで交流できるんだとか。これを使うメリットはイマイチ不明。

匿名での参加の可能。

口座開設・維持手数料や取引手数料は無料

ソーシャルレンディングでは常識。

デフォルト案件は今のところない

融資して、お金が返ってこなかった案件は今までに1件もない(記事公開時点)。ただし、貸し倒れリスクは常にあることをお忘れなく。元本保証じゃないので。

やたら不動産投資と謳っているが

公式サイトでは、やたら「不動産投資」と謳っているが、不動産事業者に融資を行っている案件がほとんどのようなので、直接不動産に投資をするREITとは違うのでお間違いなく。

あくまでも、融資。あくまでも、ソーシャルレンディング(クラウドファンディング)。

OwnersBook

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - ソーシャルレンディング

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/20