ケントマンのお金のブログ

銀行口座はどこがいい?個人的なおすすめと、使い分け方も紹介

ガラスの地球儀

「銀行口座は一つでいい!」という主張もあるけど、僕は複数の銀行口座を分けて使い、お金を管理することをおすすめしている。理由は、そっちのほうが管理しやすいから。

世の中には、4大メガバンク(三菱、住友、みずほ、りそな)以外にも便利な銀行口座ある。4大メガバンクにはない便利な機能やお得なサービスを行っている銀行もあるので、メガバンクをメイン口座にしつつ、サブ口座として、ここでおすすめする銀行口座を使うと、メリットが最大限に活かせるはず。

ちなみに、メインバンクとして使うのなら、個人的には三菱東京UFJ銀行がおすすめ。手数料サービスなんかを考えると。どこも似たような感じで「どこがいいの?」と迷うけど、三菱東京UFJ銀行は少し良心的な設計になっているように感じている。

ここからは、サブ口座としておすすめの銀行を紹介。

スポンサーリンク

手数料無料サービスが充実している「新生銀行」

ATM時間外手数料を気にしないで使える口座

新生銀行の「パワーフレックス口座」は、ATM手数料と振込手数料の無料サービスが抜群にいい。一番重宝するのはATM手数料。新生銀行は、近くにコンビニがあればATM手数料を気にしないで預金を引き出せる。

セブンイレブンのセブンATM、ローソンATM、サンクスやファミリーマートなどに置いてある「イーネット」あたり。この辺のコンビニさえあれば、24時間無料で引き出し・預け入れができる。

その他にも、ゆうちょ銀行、イオン銀行なんかでも大丈夫。あんまりないけど、新生銀行のATMももちろん。

都市銀行のATMでもATM手数料が無料になるらしい

基本的に、昼間の時間。その辺の銀行でもATM手数料が無料の時間。その時間らへんなら、都市銀行(三菱とか三井住友とかその辺)のATMで新生銀行のキャッシュカードを使って引き出しをしても、ATM手数料が無料になる。

振込手数料も月に一回は無料になる

新生銀行は、月に一回は振込手数料が無料になる。新生銀行のヘビーユーザーだと、もっと回数が増える。

このサービスの使い道としては、例えば、家賃の振込。普通の銀行口座を使っていると一回数百円取られるところが、新生銀行なら無料でできる。年間で換算すれば、そこそこの節約になる。

新生銀行には通帳がない

新生銀行は、実店舗もあるけど(首都圏が多い)、ネット銀行みたいに通帳がない。取引履歴を見たいときなんかは、ネットで確認するのが基本。

ネットバンキングでお馴染みの暗証カードが発行されるので、それを使ってやる感じ。残高照会、取引履歴、振込とか。取引履歴は、必要なら自分で印刷することになる。

残高照会くらいなら、ATMでもできるので、お忘れなく。

新生銀行

面白い定期預金がある

実は、投資よりも確実で効率的な資産運用手段とも言える定期預金。新生銀行には、「2週間満期定期預金」みたいにお手軽な感じの定期預金が豊富なので、定期預金デビューにはもってこい。新規客を優遇してくれる「スタートアップ定期預金」なんてのもあります。

新生銀行のメリット!手数料無料サービスが充実、特殊な定期預金も

支店のスタッフの対応が丁寧

その辺の都市銀行よりもスタッフの対応が丁寧。これは、何回か通って感じていることです。

貯金用として最適な「住信SBIネット銀行」

貯金の分け方が自由に!「目的別口座」という機能

住信SBIネット銀行の一番の特徴が「目的別口座」いうサービス。

メインでお金の出し入れをするのは、代表口座。住信SBIネット銀行では、その下に、ネット上で自由に口座を作ることができる。しかも、5個まで。「貯金用」とか「引越し資金」とか、自由に名前を付けることもできるし、目標設定なんかもできる。

お金の出し入れは、代表口座からネット上で振り替えをして行う。ちなみに、目的別口座で作った口座からは直接ATMで引き出しなどはできず、引き出したい場合は「代表口座」に振り替えておく必要がある。

その分、無闇に引き出せなくなるので、その辺も「貯金用口座」として活躍するってわけ。

住信SBIネット銀行

SBI証券と連携させるとお金の管理が楽

SBIという名前が付いているので、SBI系列。ネット証券最大手の「SBI証券」とも連携できるようになってる。

業界最大手「SBI証券」のおすすめポイントとデメリット

SBI証券と連携すれば、「SBIハイブリット預金」という口座が現れるので、そこに振り替えすれば、SBI証券に入金したことになるという、便利なサービス。

証券会社に入金するには、通常は振込。引き出すのも振込待ち。ところが、住信SBIネット銀行と連携させておけば、割と素早く投資資金を引き出すことができる。

余談ですが、この「SBIハイブリット預金(SBI証券の買付余力)」は、金利がそこそこ高いので、普通預金でお金を預けておくよりも、効率的にお金を増やすことが可能かもしれませんよ。

実は普通預金よりも金利が高いSBIハイブリット預金の魅力

ATMや振込手数料がお得だったけど

住信SBIネット銀行は、預金額などの条件を満たせば、かなりお得に使える。ATM手数料が無料になったり。

ちょっと前までは、住信SBIネット銀行も、新生銀行並みに手数料がお得だった。しかし、途中からランク制を導入してしまい、そこそこヘビーに住信SBIネット銀行を使わないと手数料優遇が受けられなくなってしまった。これはマジで残念。

貯金用口座としておすすめ!住信SBIネット銀行の目的別口座

銀行口座の選び方によって変わること

取引手数料が違う

三大メガバンクだと、「給料の振込口座に指定したらATM手数料無料」とか「貯金が~万円以上ならATM手数料無料」とかの制約がある。三井住友なんかは、無料回数に制限があったり。

そういう制約なしで手数料無料でお金を引き出せる銀行もあるんです。

通帳があるかないか。ネット銀行の特徴

銀行の必需品かと思われていた通帳も、インターネットの普及で、「通帳なし」の銀行も登場しています。通帳なしの銀行には、ネット銀行が多い。大手銀行でも、「WEB通帳」というサービスに登録すれば、通帳が廃止される設計。

支店が近くにあるか、対応はどうか

ネット銀行の中には、「実店舗がない」という銀行もあります。

どんなサービスを持っているか

銀行なんてどこも同じようなサービスを持っていると思ってたけど、そうでもなかった。三大メガバンクの中でも、三菱東京UFJ銀行のほうが手数料サービス良かったり、キャッシュカード一体型のクレジットカード発行してたり。

こういう傾向は、ネット銀行のほうがわかりやすい。独自のサービスを展開している銀行もあるので、調べてみると面白かったです。

おすすめの口座の分け方はこれ

メイン口座はメガバンクがいい

三井住友とか、三菱UFJみたいなメガバンクの口座はメイン口座として持っておく。僕はそうしている。副業の確定申告のとき、通帳があったほうが計算が楽だから。

通帳があると何かと便利なので、通帳のある銀行の口座をメインに使うのがいいかと。

お財布的な感じで使う口座を持つ

新生銀行のATM手数料無料サービスを活用し、「予算管理用の口座」として使う。給料が入ったら、「今月自由に使えるお金」を決めて、一部は財布、一部は新生銀行の口座に入れておく。

財布のお金が少なくなったら、新生銀行の口座から引き出す。ATM手数料がいろんなところで無料になるから、手数料も気にならない。

僕は、これをやって毎月の予算管理をしている。「ここまでしか使えない」と自分で決めておけば、自然と節約にも繋がっている。

不思議なもんで、財布に入れるお金を少なめにすれば、無駄遣いも減る。僕の実感として。残高を見る度に「使いすぎ」とかすぐにわかるので、この使い分け方はおすすめ。

「住信SBIネット銀行」で貯金を管理する

貯金用の口座とメイン口座は分けておいたほうがいいと思ってる。「貯金額はこのくらい」というのは、貯金用の口座の残高を見ればわかるし、貯金を別口座に入れておけば、使いすぎも抑制できるはずだから。

そこで、住信SBIネット銀行の目的別口座をフル活用。「メインの貯金」とか「ギター買うための貯金」とか「新しいパソコン買うための貯金」とか「海外旅行貯金」とか、自分の目的に合わせて、目的別口座を作る。

口座ごとに目標設定もできるので、達成感が得られるし、楽しく貯金ができると感じている次第。

メイン口座では給料の振り込みと各種引き落とし

個人的に、カードの利用代金や公共料金などの引落しがされる口座は分けたほうがいいと思っている。そのほうが貯金しやすいから。僕は、給料が入ったら、貯金するお金は貯金用の口座、予算はお財布的口座に移動している。引き落とされるお金は残すことを忘れずに。

僕はそのほうがお金の管理がしやすいからやっている。正解は人それぞれだとも思っている。

【追記】
この記事を書いた後に口座の分け方を少し変えたので、追記。

貯金用の口座は統合した

貯金用の口座を用意してたけど

前の記事では、「貯金専用の口座を作ろう!」とか豪語してましたけど、今の僕はやってません。なんか、貯金だけのためにお金の移動をするのが面倒になったので。

メイン口座にまとめることに

僕のメインバンクの三井住友銀行。そこに収入が入り(本業も副業も全部)、クレジットカードの引き落とし、公共料金の支払いなんかもそこから落ちるようにしてる。貯金用の口座は、そのメイン口座にまとめた。

別に考えてやったわけではない

「このほうがお金の管理をしやすい!」と思って、貯金用の口座とメイン口座を統合したわけじゃなく、自然の流れでそうなった。自然にそうなったので、「そのほうが管理しやすい」ということなんだろう。僕の中では。

貯金はどうやっているのか

今までは、貯金額を考えて、別口座に移すようにしていた。現在では、引き落とし分を差し引き、「今月使うお金」を財布と別口座に移動し、残りが自動的に口座に残るようになっている。貯金用の口座を用意しなくても、予算管理だけしっかりしていれば「結局同じだろう!」と感じたので。

予算管理用の口座は今でも生きている

新生銀行の口座は今でも大活躍

住信SBIネット銀行の手数料が改悪された今、一番手数料がお得になるであろう「新生銀行」。コンビニでも24時間手数料無料で使えるので、やっぱり便利。

どうやってお金の管理(予算管理)をしているのか

さっきもちょっと書きましたが、「今月使うお金」を決めている。そのお金で食材や消耗品を買ったり、欲しいもの買ったり、遊びに行ったり。基本、「毎月7万円」みたいな感じで、固定。

今月使うお金は、新生銀行と財布へ

基本、財布に2万円以上は入れないようにしているので、残りを新生銀行に入れている。財布のお金が減ってきたら、新生銀行から補充。これをやっていると、「あ、減りが早い!」などを意識できるので、ちゃんとお金の管理するようになっている。

旅行とか大きい買い物はカード払い

「今月使うお金」だと足りない分は、全部カードで払っている。何だかんだで、そのほうが管理しやすいから。クレジットカードも、ちゃんと明細を確認しながら、「いくら以上は使わないぞ!」という感じで管理していれば、使いすぎることもそんなにない。

予算の大きさは「丁度いい金額」で設定

「今月使うお金」は、とりあえず決めてみて、一か月運用してみる。すると、「多いな」とか「少ないな」とかわかります。これを繰り返していると、「丁度いい金額」にたどり着いた。

投資用の口座、税金用の口座

住信SBIネット銀行はまだ活躍中

手数料は改悪されたけど、「目的別口座」の便利さは健在。「目的別口座」を使うと、お金を簡単に引き出せなくすることもできるので、人によっては、貯金用としても活躍するはず。

SBI証券と連携させて投資資金を管理

SBI証券と連携させると、なかなか便利。投資資金は、「毎月2万円」とか決めて、積み立て方式で増やしていっている。連携させなくても、振込すればいい話なんだけど。

SBI証券

投資は未だに株式投資

株価がそれなりに下がったら、狙っていた株を買い増す。このスタイルは健在。株価が高くて買う気が起きないときは、「SBIハイブリット預金」に入れて、買い付け余力として放置。投資は、タイミングもかなり大事だと思っている。

副業収入が増えすぎたので

税金の支払いを恐れた僕は、「税金用の積立金」として、住信SBIネット銀行の「目的別口座」を使って管理している。だって、税金高いだもの。延滞とかしたくないんですもの。

実際に「副収入」という収入を手に入れてみて感じていること

その他の口座の話

家賃の支払いは別口座から

彼女(嫁)と同棲を始めたとき、家賃を折半していた。そこで、「家賃払う用の口座」を作って、二人で使っていた。結婚した後も、そのときの名残からか、家賃だけは別口座から引き落としている。

自分なりの口座の分け方を探す

工夫しまくっているうちに、「自分なりの口座の分け方」に落ち着いていく。僕みたい、口座の分け方を工夫すると、お金の管理がしやすくなるって方もいるはず。ただ、「一つの口座で管理したほうが楽」というのもわかる気はするので、お好みでどうぞ。お金の管理って、意外と楽しい。

実証済み!賢くお金を貯める方法のまとめ

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - 銀行口座

定期預金の金利が普通預金よりも高い理由

簡単に言うと、「定期預金のほうが口座にお金が残っている可能性がずっと高いから」です。 ※定期預金は、「この期間は、この預金は動かしませんよ」と約束する預金。 預 …

VISAデビットの使い方と作るのにおすすめの銀行

今話題の「VISAデビット」。口座から即時引き落としで使える「デビットカード」にVISAのマークが付いた優れもの。 通常のキャッシュカードだと、普通のデビットカ …

貯金用口座としておすすめ!住信SBIネット銀行の目的別口座

「住信SBIネット銀行」という便利なネット銀行があるのに、これを知らない人は意外と多いのが残念でならない。 貯金用口座として使いやすい機能が付いていたり、ATM …

VISAデビットのメリットとデメリット!通販でも使えて、キャッシュバックも

VISAデビットとは、銀行の口座から即時引き落としで支払える「デビットカード(大抵のキャッシュカードには付いている機能)」に、VISAのブランドが付いたもの。ク …

三井住友銀行のATM時間外手数料を無料にする方法

僕のメインバンクは三井住友銀行。ATMの時間外手数料は無料になっている。無料にしたくてしたわけじゃなくて、「気が付いたら条件を満たしていた」が正しい。 この前銀 …

実は普通預金よりも金利が高いSBIハイブリット預金の魅力

SBI証券と住信SBIネット銀行の両方に口座を持っていると使える「SBIハイブリット預金」というものがある。 2つを連携することで、住信SBIネット銀行の口座の …

楽天銀行デビットカードの特徴とメリット

楽天銀行デビットカードには、「VISAデビット」「VISAデビットゴールド」「JCBデビット」の三種類があるので、それぞれの特徴とメリットをまとめてみました。 …

りそなVISAデビットカードの特徴とメリット

りそな銀行が発行しているVISAデビットカードであるりそなVISAデビットカードの特徴とメリットをまとめました。 りそなVISAデビットカードは、2種類のカード …

住信SBIネット銀行VISAデビットの特徴とメリット

手数料の改悪があって僕の中での評価がガタ落ちしていた住信SBIネット銀行ですが、先日何となくサイトを見ていたら、VISAデビットカードの取り扱いがいつの間にか始 …

みずほ銀行がVISAデビットではなくJCBデビットの提供を開始

4大メガバンク(三菱東京UFJ、三井住友、りそな、みずほ)の中で唯一VISAデビットの提供をしていなかったみずほ銀行だが、遂にJCBデビットの提供を始めていた。 …