ケントマンのブログ

銀行口座はどこがいい?個人的なおすすめと、使い分け方も紹介


スポンサーリンク

メインバンクとして使うのなら、個人的には三菱東京UFJ銀行がおすすめな気がする。僕は三井住友だけども。どこも似たような感じで「どこがいいの?」と迷うけど、三菱東京UFJ銀行は少し良心的な設計になっているように感じている。

その他、僕がおすすめしたい銀行はこの二つ。

  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行

新生銀行は特におすすめ。新生銀行の口座はめちゃくちゃ重宝している。

新生銀行のメリットとかデメリットとか

新生銀行のメリットはこの辺。

  • ATM手数料無料サービスがとにかく強い
  • コンビニでもATM手数料が無料
  • 都市銀行のATMでもATM手数料が無料に
  • 振込手数料無料サービスも強い
  • 独特な定期預金がある

デメリットはこの辺。

  • 通帳がない
  • ネットバンキングが面倒
  • 実店舗が東京都に集中している

ATM時間外手数料を気にしないで使える銀行口座

新生銀行の「パワーフレックス口座」は、近くにコンビニがあればATM手数料を気にしないで預金を引き出せる。これが何よりの強み。僕はこれが好きだから新生銀行を愛用しているようなもん。

セブンイレブンのセブンATM、ローソンATM、サンクスやファミリーマートなどに置いてある「イーネット」あたり。この辺のコンビニさえあれば、24時間無料で引き出し・預け入れができる。

その他にも、ゆうちょ銀行、イオン銀行なんかでも大丈夫。あんまりないけど、新生銀行のATMももちろん。あと、住友とかUFJとかの都市銀行のATMでもオッケーらしい。

振込手数料も月に一回は無料になる

新生銀行は、月に一回は振込手数料が無料になる。もちろん、他行宛ての振込の話。新生銀行のヘビーユーザーだと、もっと回数が増える。

新生銀行には通帳がない。これがなかなか不便

新生銀行は、実店舗もあるけど(首都圏が多い)、ネット銀行みたいに通帳がない。取引履歴を見たいときなんかは、ネットで確認するのが基本。あとは、ATMでやるか。

個人的に、新生銀行のネットバンキングへのログインが一番面倒だと感じている。通帳あれば満点なんだけど、経費とかあるんだろうな。

新生銀行

独特な定期預金がある

正直、全く興味ないけど。

新生銀行のメリット!手数料無料サービスが充実、特殊な定期預金も

住信SBIネット銀行のメリットやデメリット

メリットはこの辺。

  • 目的別口座が便利
  • SBI証券と連携できる
  • VISAデビットのポイント還元率が地味に良い

デメリットはこの辺。

  • 通帳がない
  • 実店舗がない
  • ATM手数料とか意外と普通

貯金の分け方が自由に!「目的別口座」という機能

メインでお金の出し入れをするのは、代表口座。住信SBIネット銀行では、その下に、ネット上で自由に口座を作ることができる。5個まで。「貯金用」とか「引越し資金」とか、自由に名前を付けることもできるし、目標設定なんかもできる。

SBI証券と連携させるとお金の管理が楽

ホント、これはかなり楽になった。SBI証券ユーザーには、住信SBIネット銀行は必須かも。

VISAデビットのポイント還元率が並みのクレジットカードよりも高い

並みのクレジットカードのポイント還元率は0.5%。これが圧倒的に多数。住信SBIネット銀行のVISAデビットは0.6%。些細な違い。僕は気にしないレベル。

ATM手数料が改悪されている

少し前までは新生銀行に匹敵する手数料無料サービスを誇っていたが、あるときから改悪。これはかなり残念だった。おかげで格下げ。

住信SBIネット銀行の手数料が改悪!無料サービスがなくなる?

ネット銀行ならではの不便さ

通帳もなければ、実店舗もない。ネットのログインパスワードを忘れると、目的別口座も操作できないので役に立たない。

住信SBIネット銀行

おすすめの口座の分け方。貯金用とか

僕がやっているのはこういう感じ。

  • メイン口座は通帳のある銀行がいいかと
  • 新生銀行で月々の予算管理
  • 貯金用として住信SBIネット銀行

メイン口座は収入と支出の出入り口として使う

カードの利用代金や公共料金などの引落しがされる口座・給料が入ってくる口座としての役割を持たせるのが僕流。貯金口座は別途用意するのが好き。

お財布的な感じで新生銀行を使う

新生銀行のATM手数料無料サービスを活用し、「予算管理用の口座」として使う。給料が入ったら、「今月自由に使えるお金」を決めて、新生銀行の口座と財布で管理する。無駄遣い抑制効果がある気がしている。いくら使ったかもわかりやすいし。

「住信SBIネット銀行」で貯金を管理する

目的別口座機能を使えば、口座ごとに目標設定もできるので、達成感が得られるし、楽しく貯金ができると感じている次第。

口座を分けると面倒になるが厄介

お金を管理しやすくなっている気はするんだけど、お金の移動が面倒。人によっては、「口座なんて分けない方が楽でいいんだよ!」となるかも。

工夫しすぎても疲れるし、自分なりに程々に改良するのが一番いいんだろうなぁ。

実証済み!賢くお金を貯める方法のまとめ

おすすめの貯金本はこれ!「年収200万円からの貯金生活宣言」【Kindle】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 銀行口座

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

インターネットバンキングに登録するメリットとデメリット

インターネットバンキングのメリット 通帳とも併用できる 通帳を完全に廃止して、インターネットだけで取引履歴を確認するWEB通帳を用意しているところもある。WEB …

住信SBIネット銀行VISAデビットの特徴とメリット

手数料の改悪があって僕の中での評価がガタ落ちしていた住信SBIネット銀行ですが、先日何となくサイトを見ていたら、VISAデビットカードの取り扱いがいつの間にか始 …

貯金用口座としておすすめ!住信SBIネット銀行の目的別口座

「住信SBIネット銀行」という便利なネット銀行があるのに、これを知らない人は意外と多いのが残念でならない。 貯金用口座として使いやすい機能が付いていたり、ATM …

三井住友銀行SMBCデビットの特徴とメリット

「三井住友銀行はVISAデビット出さないのかな~」とずっと思っていたら、今更出してきやがったようやく登場したVISAデビットカード、SMBCデビット。 三井住友 …

新生銀行のメリット!手数料無料サービスが充実、特殊な定期預金も

銀行口座と言えば、「4大メガバンク」と呼ばれる三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行あたりだけだと思っていた。 この辺の銀行口座も、確かにいい …