ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

銀行口座はどこがいい?個人的なおすすめと、使い分け方も紹介

更新日:


「銀行口座はどこがいい?」と聞かれたら、ネット銀行の口座をおすすめしたい

大手都市銀行もいいですが、僕はネット銀行に口座を作ることをおすすめします。なぜなら、大手都市銀行にはないお得なサービスや特殊なサービスが充実しているから。

ネット銀行とは、基本的に実店舗がない、インターネットへの依存度が強い銀行のこと。通帳がなく、残高の確認などは、インターネットやATMで行うのが基本。ちなみに、大手都市銀行(三井住友やUFJなど)でも、WEB通帳を利用すれば、紙の通帳を撤廃することはできます。

この記事では、僕がおすすめするネット銀行を二つ紹介するので、「銀行口座はどこがいい?」と思った時の参考にしてみて下さい。

手数料無料サービスが充実しまくっているからおすすめ!「新生銀行」

「銀行口座はどこがいい?」と聞かれたら、僕は真っ先に「新生銀行」をおすすめします。銀行にありがちな、煩わしいATM手数料や振込手数料の無料サービスが最強クラス。新生銀行を知らないのはもったいない。

新生銀行の「パワーフレックス口座(普通の口座です)」は、近くにコンビニがあれば24時間ATM手数料を気にしないで預金を引き出せます。

セブンイレブンのセブンATM、ローソンATM、サンクスやファミリーマートなどに置いてある「イーネット」あたり。この辺のコンビニさえあれば、24時間無料で引き出し・預け入れができるんです。

その他にも、ゆうちょ銀行、イオン銀行なんかでも大丈夫。あんまりないですが、新生銀行のATMももちろん。あと、住友やUFJなどの都市銀行のATMでもオッケー。

続いて、振込手数料。新生銀行では、振込手数料が月に一回は無料になります。

他行宛の振込みには手数料が掛かるのが基本ですけど、新生銀行は月に一回は他行宛でも無料で振込みができるんです。例えば、新生銀行から新生銀行への振込だけじゃなく、新生銀行からみずほ銀行宛の振込みでも、手数料が月に一回は無料になるということ。

新生銀行の口座を持っていれば、厄介な家賃の振込手数料などが無料になるということ。新生銀行のヘビーユーザー(預金額が多いとか)だと、振込手数料無料サービスの回数が増えます。

新生銀行には通帳がないので、取引履歴の確認はネットで。残高照会くらいなら、ATMでもできます。

あと、新生銀行には実店舗があるので(東京中心ですが)、正確にはネット銀行じゃないかもしれませんが、特徴的にはネット銀行に近いので、あしからず。

※口座開設の申し込みは、公式サイトに行けばネットからでも行うことができます。

新生銀行

手数料無料サービスがそこそこ充実。「目的別口座」が便利だからおすすめしたい「住信SBIネット銀行」

住友信託銀行とSBIグループが共同出資して作ったネット銀行です。住信SBIネット銀行は、預金残高などによって特典が変わってくる「スマートプログラム」というランク制度を採用してます。

ランク1だと手数料無料サービスはイマイチですが、ランク2になれば、月のATM手数料無料回数が5回、田高宛の振込手数料が3回無料になります。

ランク2の条件は複数ありますが、一番簡単なのは、「預金残高1000円以上で、30歳未満」というところでしょう。あとは、給料の振込があるとか。「月末にSBIハイブリット預金(SBI証券の買付余力)の残高がある」という条件もあり、SBI証券ユーザーなら、住信SBIネット銀行と連携させておけばとりあえずランク2には到達できるはず。

手数料サービスだけで選ぶなら、新生銀行に口座を作ったほうが簡単です。

住信SBIネット銀行で特筆すべきは、手数料無料サービスよりも、「目的別口座」という機能です。

これは、ネット銀行ならではの機能で、ネット上で、「代表口座」の下に自分で好きな口座を作り、お金を管理できる機能。5個まで子口座を作ることができ、名前も自由に付けられ、目標設定なんかもできる。なので、「貯金専用口座」として重宝します。

ちなみに、ポイント還元率が0.6%と、普通のクレジットカードよりもお得に使えるVISAデビットも発行できます。

※住信SBIネット銀行の口座開設申し込みもネットからできます。ネット銀行ですからね。

住信SBIネット銀行

おすすめの銀行口座の使い分け方!貯金用やお金の管理用など

僕がやっている使い分け方はこういう感じです。参考になればいいかなと。別に真似しなくてもいいですよ。

  • メイン口座は通帳のある銀行
  • 新生銀行で月々の予算管理
  • 貯金用として住信SBIネット銀行

メイン口座は収入と支出の出入り口として使ってます。カードの利用代金や公共料金などの引落しがされる口座・給料が入ってくる口座としての役割を持たせるのが僕流。貯金口座は別途用意するのが好きです。

次に、新生銀行。新生銀行は、お財布的な感じでを使ってます。給料が入ったら、「今月自由に使えるお金」を決めて、新生銀行の口座と財布で管理する。無駄遣い抑制効果がある気がしてます。いくら使ったかもわかりやすいですし。

あとは、住信SBIネット銀行で貯金を管理するだけ。目的別口座機能を使えば、口座ごとに目標設定もできるので便利。何より、「貯金専用の口座」があることが大事だと思います。

ちなみに、メイン口座を新生銀行にしてしたほうが簡単かもしれません。給料が入ったら、「このお金は貯金する」という金額を決めて、住信SBIネット銀行に移動。残ったお金で引き落としと生活費をやりくりすればいいだけなので。

銀行口座はどこがいい?の結論

先ほども書きましたが、とにかく新生銀行がおすすめ。新生銀行を知らないのは本当にもったいないです。暗証カードの取り扱いなんかが少し面倒ですが、持っているとかなり重宝するので、「銀行口座はどこがいい?」と迷ったら、とりあえず新生銀行に口座を作っておくといいですよ。

-お金

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.