ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

おすすめの本総まとめ!ランキング形式で紹介


誰かが言った。

「本を読め。本には、先人達の経験や知恵が凝縮されている。だから、本を読め。」

娯楽のための本も多くありますけど、あなたの能力アップに繋がったり、人生の可能性を広げてくれるような知識を授けてくれる本も中にはあるんです。

そこで、今までに読んできた多くの本の中から、「これはおすすめだ!」というのをひたすら紹介。ジャンル的には、

  • 自己啓発本
  • ビジネス本
  • 経営者の本
  • お金の本
  • 投資本
  • マーケティング本
  • ビジネスマンが読んでおきたい本

あたりになります。なんせ数が多いもので、「あ、これもあった!」というのを思い出したり、「これもいいじゃないの!」というのを見付けたりしたら、随時更新していきます。では、早速いってみましょうか!

※注意!長いです。

自己啓発本の名著ランキングベスト5

第5位:明日を支配するもの

明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

「未来とは、明日ではなく、今作るものだ」

「マネジメント」で有名な“経営の神様”ドラッカーによる、21世紀のマネジメント論。他人ではなく、自分自身をいかにマネジメントするか。気付かされることの多い良書。

第4位:人生を変える80対20の法則

新版 人生を変える80対20の法則新版 人生を変える80対20の法則

普通の人は、効率的に動けていないもの。なぜなら、要因の80%は、わずか20%の結果しか生み出さないのだから。「仕事の半分以上はみせかけ」なんて言われるように、大半のことは「無駄」だったりする。

逆に、要因のわずか20%が、全体の80%の結果を生み出している。これが、「パレートの法則」と呼ばれるもの。仕事やビジネスだけじゃなくて、人間関係や私生活にも影響してくる法則。

この本は、パレートの法則の解説と、実用例が紹介されている、人生で一度は読んでおきたい名著なのだ!

第3位:道は開ける

道は開ける 新装版道は開ける 新装版

考え方っていうのは重要。ネガティブなことばかり考えていると、世界がネガティブなものに見えてくる。人生の道を閉ざしてしまっているのは、僕達自身である可能性が高い。

考え方一つ変えれば、見方一つ変えれば、道は開ける。人生で迷ったとき、「最近疲れたなー」というときにも読んでおきたい、デール・カーネギー不朽の名著の一つ。

第2位:人を動かす

人を動かす 新装版人を動かす 新装版

人生で大切なのは「人付き合いの上手さ」だったりしますよね。結婚も、仕事での成功も、友人関係も、人付き合いなしには成し遂げられないことが、人生にはたくさんあるはず。

「人を動かす」なんていうと、「これがメンタリズムです!」なんて感じに思うかもしれないけど、この本は「どうやったら人と上手く付き合えるか」をひたすら書いている本。洋書の訳し方って、その人のセンスが問われる部分らしい。

何はともあれ、「人付き合い」に悩む全ての人におすすめしたい、デール・カーネギー不朽の名著なのだ!

第1位:7つの習慣

7つの習慣-成功には原則があった!7つの習慣-成功には原則があった!

「自己啓発本と言えばこれ!」と言っても過言ではない、多くの人に読まれているベストセラー本。

パラダイムシフト、時間管理、人付き合い、目標の立て方、考え方、エトセトラ。「7つの習慣」は、まず「自立した人間」を目指し、自立した人間同士が協力し合うことによって生まれる「Win-Win」の関係を築き、更に自分を高めていくためのエッセンスが詰め込まれている。

これを読むと、「ああ、こんなに大事なことに気付いていなかったのか・・・」というのをたくさん思い知らされる。人生で一度は読んでおきたい(できれば若いうちに)、最高傑作!

おすすめのビジネス本ランキングベスト5

第5位:ビジネスモデル超入門!

図解 カール教授と学ぶ成功企業31社のビジネスモデル超入門!  (MAJIBIJI pro)図解 カール教授と学ぶ成功企業31社のビジネスモデル超入門! (MAJIBIJI pro)

「新しいビジネスを立ち上げる」というときに参考になる、ビジネスモデルの具体例集。

第4位:フリー<無料>からお金を生み出す新戦略

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

ネットを使った「無料ビジネス」が溢れる今の時代に欠かせない。無料ビジネスを収益化する方法のまとめ集。

第3位:競争優位で勝つ統計学

競争優位で勝つ統計学 ---わずかな差を大きな勝利に変える方法競争優位で勝つ統計学 —わずかな差を大きな勝利に変える方法

統計学の概念。ビジネスを学ぶには、欠かせないであろう概念。しかし、中には「間違った認識」という偏りが存在するのも事実(認知バイアス)。

世の中には、統計学を使って勝てるポイントが見つけられるものがあるし、そうじゃないものもある。不確実性はつきもの。数字を持ち出せば勝てるわけじゃない。この本は、統計学の間違った使い方、正しい使い方を教えてくれ、「勝ち方」を伝授してくれる、ビジネス本マニアにもおすすめしたい本。

第2位:ブラックスワン

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

映画じゃないですよ。最高に面白い本です。

世の中には、「たまたま」という事象が多数存在する。でも、僕達は「たまたま」と「必然」の区別がつかない。だから、「たまたまの成功」を実力と勘違いしたりして、「確率的には破滅している状態」を平気で続けたりする。

この本は、とにかく面白い。世の中の見方を変えるほどのインパクトがある、僕のバイブルの一つ。

第1位:なぜビジネス書は間違うのか

なぜビジネス書は間違うのかなぜビジネス書は間違うのか

ビジネス書マニアには絶対に読んでほしい、僕にビジネス書の多読をやめさせた珠玉の一冊。

大ヒットビジネス書には間違いだらけ、思い込みだらけ。だから、役に立たない。いくら売れようが、この事実は変わらない。

「因果関係の証明」は非常に難しい。成功した経営者が「成功の秘訣は、本をたくさん読むことですかね!」なんて言っていたとしても、成功の要因が「本の多読」にあったかどうかなんてわからず(大抵の場合はほぼ影響がなかったり)、そのノウハウを誰かが真似しても「成功」はできない。

これと同じようなことが、多くのビジネス書で繰り広げられている。人の妄想や思い込みが入り、結果と要因の因果関係なんて不明のままノウハウが公開され、それが「成功原則」になっている。

この本は、最強のビジネス本。これを読んでしまえば、ほとんどのビジネス本なんて読む必要がないくらい。スーパーおすすめです!

おすすめの経営者の本ランキングベスト5

第5位:バフェットからの手紙

バフェットからの手紙 - 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブルバフェットからの手紙 - 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル

世界最高の投資家、ウォーレン・バフェット。彼は、「優れた投資家」というだけではなく、「優れた経営者」でもある。そんな彼の考え方、知りたくありませんか?

第4位:破天荒! – サウスウエスト航空驚愕の経営

破天荒!破天荒!

常識に囚われないこと。常識を打ち破ること。そうやって成長を遂げたサウスウエスト航空。その驚愕の経営手法がこれでわかる!

第3位:巨像も踊る

巨象も踊る巨象も踊る

あの巨大企業IBMも、かつては経営危機に陥っていた。そのIBMを再生させた伝説のCEO、ルイス・ガースナー。その彼の経営手腕が学べる良書。巨像が踊れば、蟻に負けるはずもない。

第2位:成功はゴミ箱の中に

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

マクドナルドの創業者、伝説の男、レイ・クロック。彼は、いかにしてあれほどの成功を手に入れたのか?ビジネスマンなら知っておきたい「知恵」を知ることができる。

第1位:ウィニング 勝利の経営

ウィニング 勝利の経営ウィニング 勝利の経営

「20世紀最高の経営者」と言われるジャック・ウェルチの本。20世紀最高の経営者のノウハウ、働き方の概念などが詰め込まれた名著。

個人的に「業界で1位か2位になれないビジネスからは撤退する」という考え方が好き。ビジネスでは、勝つことが大切なんだと。勝てれば、根をはれる。勝てなければ、労力やお金の浪費になる可能性が高いので撤退する。

「勝つこと」にこだわる経営者だからこそ、ビジネスを多角化しても上手くいったんだろうなーって感じました。

おすすめのお金の本ランキングベスト10

第10位:年収200万円からの貯金生活宣言

年収200万円からの貯金生活宣言年収200万円からの貯金生活宣言

具体的な「貯金の仕方」から、法律を使った借金の対処法まで教えてくれる、かなり実践的な貯金本。貯金できるってことは、それだけで「お金に強い」ってことになりますからね。

第9位:お金の教養

お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」

難しいことは書いてません。でも、知っておいたほうがいい「お金の基礎知識」を非常にわかりやすく教えてくれる良書なんです。初心者向け。

第8位:ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教えユダヤ人大富豪の教え

物語形式で読める、有名なお金の本。「お金の話なのに、感動した!」という話も。その感動に行き着く前に、あなたは多くのお金の知識を学んでいることでしょうね。

第7位:幸せな小金持ちへの8つのステップ

幸せな小金持ちへの8つのステップ (サンマーク文庫)幸せな小金持ちへの8つのステップ (サンマーク文庫)

「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さんの著書。「大金持ち」を目指す本は多いけど、この本は「小金持ち」。まずは、現実的なラインから攻めてみると、展望も開けやすいかも。

第6位:人はなぜお金で失敗するのか

人はなぜお金で失敗するのか (日経ビジネス人文庫)人はなぜお金で失敗するのか (日経ビジネス人文庫)

人とお金の関係を研究している「行動経済学」の本。「予想どおりに不合理」と違って、専門用語もそこそこ出てくるので、読みこなすのは大変かも。でも、あなたならこの本から学び取れるはず。

第5位:金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

あんまり具体的な手法を語らない「金持ち父さんシリーズ」の中で、なかなか突っ込んだことまで書かれている珍しい本。金持ち父さんを読んだ後にありがちな「で、具体的に何をやればいい?」が思い付かなかったあなたに。まあ、普通はだいたい思い付かないわけなんですが。

第4位:一生お金に困らない3つの力

一生お金に困らない3つの力一生お金に困らない3つの力

「お金の力」は、大きく分けて3つある。どんな力が「お金に強い人」を作り出すのか、どうやって伸ばせばいいのか。道筋がわかれば、後は伸ばすだけです。

第3位:予想どおりに不合理 – 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

賢いあなたでも、お金に振り回されている。この本は、お金に対する人間の弱点を教えてくれる。これからもお金を扱っていくことに変わりはないので、必読の一冊と言えるでしょうね。

第2位:金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん

「金持ちになるには」の中には、かなり生き方の話が入ってくるので、お金の知識が吸収できるだけじゃなく、生き方も考えさせてくれる。

この本は、対照的な二人の父「金持ち父さん(親友の父親)」と「貧乏父さん(著者の父親)」を比べ、「金持ちと貧乏は何が違うのか?」というのを、ひたすら教えてくれる名著。学校では絶対に習わないお金のノウハウが、ここにある!

第1位:金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

「金持ち父さん貧乏父さん」の続編。働き方を絡めたお金の話。金持ちの働き方を知れば、新しい可能性が見えてくる。

投資家におすすめの本ベスト10

第10位:会社法がよくわかる講座

ただいま授業中 会社法がよくわかる講座ただいま授業中 会社法がよくわかる講座

株とは、企業の所有権みたいなもの。「株を買っているけど、仕組みなんて知らない・・・」

果たして、それで「真の投資」ができるんでしょうか?投資には、多くの知識が必要になりますよね。サボっていては、成長もしないと思いませんか?

第9位:決算書の読み方

12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~

投資家なら、「決算書くらい読めて当たり前」だと思いませんか?決算書が読めなければ、財務分析もできないし、お金の流れも把握できないですよね。だから、おすすめ。

第8位:ピーター・リンチの株式投資の法則

ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学

超有名なファンドマネージャー(投資家)であるピーター・リンチの株式投資の哲学が学べる本。バフェットとは一味違う感じで、バフェット投資に目覚めた人でもいろいろ学べる部分が多いです。

第7位:バフェットの法則

株で富を築くバフェットの法則[最新版]---不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法株で富を築くバフェットの法則[最新版]—不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法

世界最高の投資家は、株式投資で富を築くために何を重視しているのか?どういう企業に投資しているのか?バフェット自身が書いた本ではないですけど、かなり勉強させてくれる良書です。

第6位:賢明なる投資家

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

「ギャンブル的な投資」と「賢明なる投資」の違いを説いた、「ファンダメンタルズの父」であり、ウォーレン・バフェットの師匠でもあるベンジャミン・グレアムの名著。

第5位:金持ち父さんの投資ガイド – 入門編

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

金持ち流の投資論。「投資は、お金を支払う時点で利益が確定していることが好ましい」という考え方がいい。あなたの投資、本当はギャンブルになってませんか?

第4位:株式投資の未来 – 永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

「こういう株は儲かる!」という安っぽい本がよく売れる不思議な世の中ですよね。この本は、「投資家に本当に利益をもたらしてきたのはこんな会社だ!」という情報を、統計データを用いながら教えてくれるかなりの良書です。

第3位:投資家が「お金」よりも大切にしていること

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

「投資をやっているけど、お金って何?って聞かれると返事に困る」なんて投資家に読んで頂きたい、「お金」を学べる面白い一冊。あなたのお金の使い方、間違ってませんか?

第2位:敗者のゲーム – なぜ資産運用に勝てないのか

敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか

全ての投資家は、いつか平均に回帰する・・・。平均よりいい成績を残そうと躍起になっている投資家、投資で大儲けしようなんて馬鹿なことを考えている投資家に読んで頂きたい。

第1位:まぐれ – 投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのかまぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

全ての投資家必読の本。あなたの成功は「まぐれ」じゃないのか?本当は「破滅」に向かって突き進んでいないのか?あなたの目で確めてみて下さい。

マーケティング本ランキングベスト5

第5位:キャッチコピー力の基本

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニックキャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック

マーケティングには欠かせない「キャッチコピー力」。この本は、そんなキャッチコピー作りの手助けをしてくれる、かなり実践的な本です。

第4位:口コミ伝染病

口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム

この本によれば、「口コミは意図的に起こせる」とのこと。口コミを発生させることができれば、商売の可能性も広がりますよね。

第3位:失われた「売り上げ」を探せ!

失われた「売り上げ」を探せ!―商売繁盛の大冒険失われた「売り上げ」を探せ!―商売繁盛の大冒険

マーケティングの目的は、結局は「売上を上げること」ですよね。それなのに、「なかなか儲からない」というときもあると思います。もしかしたら、そんな人たちは「売上が上がらない思い込み」に支配されているのかもしれませんよ。

第2位:人を操る禁断の文章術(メンタリズム)

人を操る禁断の文章術人を操る禁断の文章術

「これが、メンタリズムです」でお馴染みのメンタリスト、DaiGoさんの凄い本。ほんと、「まえがき」から凄いです。どんどん引き込まれる魔力があります。この本と、第1位の本を組み合わせれば、「最強のマーケティング指南書が完成する」と言っても過言ではない。

第1位:あなたの会社が90日で儲かる!

あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむあなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ

ふざけた表示とふざけたタイトルが印象的な本。しかし、この本の「儲け」のノウハウは本物。この本には、思わず手に取ってしまう魔力がある。その点からも、著者のマーケティングセンスが見て取れる。

儲かるには、人を呼び込まないといけない。人を惹きつけ、動かさないといけない。顧客獲得に苦しむビジネスマンに読んでほしい、面白いビジネス本。ちなみに、リピーター獲得ノウハウが満載の「もっとあなたの会社が90日で儲かる!」という続編もあります。

ビジネスマンなら読んでおきたい本ベスト6

第6位:いちばんやさしい新しいSEOの教本

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

スマホの普及により、更にネットで集客しやすくなっている昨今。「あまりお金を掛けないで検索エンジンから集客したい」というときに役に立つ、SEO(検索エンジン最適化)の教本。

第5位:レバレッジ時間術

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

誰も教えてくれない時間管理術。誰も教えてくれることが多すぎる世の中だからこそ、大事なことを自分で学びにいく必要があるんですよね。

第4位:フォーカル・ポイント

フォーカル・ポイントフォーカル・ポイント

限られた時間の中で、高い成果を出すための仕事術。

第3位:マジで使える労働法

マジで使える労働法―賢く働くためのサバイバル術 (East Press Business)マジで使える労働法―賢く働くためのサバイバル術 (East Press Business)

「会社のオレに対する扱い方、法律違反じゃね?」

労働法を知らないと、そんなことにも気が付かないです。それに気が付かないってことは、やるべき対処法を怠っていることにもなりますよね。自分の身は自分で守るのが基本。会社の言いなりになることがいいこととは限らないわけで。

第2位:誰も教えてくれない人を動かす文章術

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)

何かと文章を書く機会が多いビジネスマン。「文章苦手・・・」というあなたに読んで頂きたい、上手に文章を書くための心得。ちなみに、「人を動かす」に特化した文章術を学びたいなら、マーケティング本のランキング第2位の本がおすすめ。

第1位:「仕組み」仕事術

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

「なんでこんなことに時間掛けなきゃいけないんだ!」と叫びたくなる作業がありませんか?ビジネスマンは、お金を稼ぎ出すことに注力するべきだと思いませんか?無駄な作業とかは、仕組み仕事術で簡単にしてしまいましょう。外注してもいいし。

冒頭でも書きましたが・・・

随時更新中・・・。「これもおすすめだよ!」なんていう本があれば、SNSとかお問い合わせフォームから教えて頂けると有り難いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧はこちら

 - ライフハック

  更新情報を受け取るにはこちら!

Facebookで受け取る
Twitterで受け取る
Feedlyで受け取る

最終更新日:2017/05/11