ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

なぜお金に弱い?お金に苦手意識を持ってしまう理由

更新日:


お金に苦手意識を持っている。お金の扱い方がよくわからない。いつもお金のことで悩んでいる。お金なんて嫌いだ!

「お金が苦手」というのは、実は多くの人が抱えている悩みなのかもしれません。お金を稼ぐって何?どうやったら上手く貯金できるの?投資って何なの!?という感じで。

お金のこと、ちゃんと考えてますか?考えてないのなら、世の中を生き抜くために大切な「お金」のこと、ちゃんと考えてみましょうよ。

あなたがお金に苦手意識を持つのは何故か

お金のことはたいして教わらない。だから苦手

「金持ち父さん貧乏父さん」という有名な本にも書いてありました。大抵の人は、お金のことなんか教わらないんですよね。

教わるにしても、「お金の教育」をしっかりと受けていない親などから教わるから、結局は教わらないのと同じ感じになってしまう。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

金持ちになれる人は、金持ちのお金の使い方、扱い方を知っている。だから、金持ちになることができると。まあ、そうじゃないケースもありますけどね。親族から莫大な遺産を相続した場合とか。

お金のことを知ろうと努力すれば、理解できる

日本人は「お金は汚いもの」という意味不明な思い込みをしているものです。だから、こんなに大切な道具なのに、その道具の扱い方を理解しようともしない人が多いのかもしれません。

お金なんて、道具です。パソコンという道具が、理解しようとしないと扱い方、活かし方がわからないように、お金という道具だって、「どうやって使うといいのか?」「どうすればもっとお金を引き寄せることができるのか?」などのことを知ろうとしないと、「お金をどうやって扱えばいいのか?」や「どうやって稼げばいいのか?」などのことがわからないんですよ。

お金に対する苦手意識は克服できる?

お金に対する苦手意識の原因の多くは、「知らないから」というシンプルなもの。知ろうとすれば、勉強の方法もわかってくる。でも、多くの人は、勉強なんて面倒なことはやろうとしないんですよね。だから、金持ちは少数派なのかもしれません。

お金の勉強をする方法まとめ!本を読むこと以外で

そもそも、人間はお金の弱いものである

人間の感情とお金の関係を研究している面白い分野「行動経済学」について書かれた有名な本「予想どおりに不合理」。

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

この本によれば、タイトルの通り、「人間は予想どおりに不合理」ということ。そう、人間は、お金のことになると、合理的な選択ができなくなるんです。

それも、お金にかなり詳しくても、常に合理的であることは難しい。やはり、どこかで「不合理」な選択をしてしまうことがある。

理屈では“こっち”ってわかっていても、その日の気分とかで“あっち”を選んでしまう。これが、人間がお金に対して持っている「弱さ」の一つ。

完全にお金に強くなることはできないかもしれないけど、学ぶ価値はある

心理的な問題として、人間がお金に弱いのは仕方がないこと。でも、「だから学ぶ価値はない」ということにはなりません。

「金持ち父さん」の本の中で書かれているような「金持ちのお金の使い方」も、知らないとできない。知らないと、いつまでも「貧乏人のお金の使い方」しかできないので、貧乏からは抜け出せないってわけです。

お金の勉強をするのはかなり面白い

知ることで、行動が変わることもある。お金においては、それが結果に現れやすい。だから、「お金の勉強」は面白いんですよ。お金を知ることは、あなたの利益になるはず。面倒がってないで、知る努力をすることをおすすめします。

お金の勉強方法!初心者は何から始めるべきか

-お金

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.