ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

お金がないときに投資に手を出したら後悔した話


失業中に株式投資に手を出したら大儲けして、しばらくその利益だけで一人暮らししていた時期があった。

それで味を占めた若かりし頃の僕は。働くようになってからは、「給料が入ったら、しばらく投資運用して増やせば、生活がもっと楽になるんじゃないか?」と考えるようになった。

でも、これが大きな間違いだった。投資は、勝てればいいけど、負けたら悲惨だ。生活費に手を出してまでやってしまったら、もっと悲惨だった。

お金がないときに投資に手を出して後悔したわけ

  • やってたのは株の短期トレードとFX
  • 収入が少ないクセに、生活費にまで手を出してしまった
  • 損失を出してしまうと、生活がピンチに
  • ひどいときは、借入してまで投資をやっていた
  • 損失を出してしまうと、借金が無駄に残るだけ

今考えても、かなり馬鹿なことやったなと思っている。いつもいつも上手くいくとは限らない。若い頃って、過信するじゃん。それが裏目に出たいい例として処理することにしている。

やってたのは株の短期トレードとFX

  • 株式投資は基本長期保有派だったはずなのだが、「生活費を増やす」という目的を達成するには、短期で行くしかなかった
  • 自分の性格上、短期トレードは心臓に悪すぎたし、そもそも上手くいかなかった
  • 「FXならもっと稼げるかも!」と勘違いしてFXにも参入
  • 数時間で大きな損を出したのをキッカケに、怖くなって退散

つまり、生活費を増やそうとしたら、盛大に減らしてしまったのだ。こういう失敗を数ヶ月は続けていた気がする。

収入が少ないクセに、生活費にまで手を出してしまった

  • ただでさえお金がないのに、更に金欠になっていった
  • 「いつかは上手くいく」と思っているときほど上手くいかないものだった
  • 貯金は少しだけあったような、なかったような

ひどいときは、借入してまで投資をやっていた

  • 「投資資金がもっとあれば、もっと利益が出るはず」は正しいんだろうけど、資金調達の手段を間違えると大問題
  • そもそも、個人が借りられるお金の利息が高すぎるので、投資運用しても利回りが食いつぶされてしまう
  • それでもやったのは、過信があったからだと思われる
  • お金のブログなんてカッコつけて書いているけど、結構失敗している僕なのであった

お金がないときに投資に手を出して学んだこと

投資をやるなら、そこそこお金に余裕があるときにやったほうがいい。投資は、切羽詰まっているときにやると、ストレスの原因にしかならない。

この失敗があってからか、投資にそこまで大きな夢を見ることがなくなって、自分なりのやり方で楽しくやっていけている気がする。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧はこちら

 - お金がない

  更新情報を受け取るにはこちら!

Facebookで受け取る
Twitterで受け取る
Feedlyで受け取る

最終更新日:2017/05/20