ケントマンのお金のブログ

「金持ち父さん」で紹介されていた賢いお金の返済方法

ミル

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」という本の最後のほうでちょぴっとだけ触れられていた賢いお金の返済方法をご紹介。

借金の返済がなかなか進まなくて困っている方は、是非とも参考にして頂きたいところ。

スポンサーリンク

借金を賢く返していくために

とりあえず、追加返済が重要

なぜ追加返済が重要なのか?それは、「支払う利息が少なくなるから」という理由。借金の返済が長くなると、それだけ利息の支払いは増えていく。今後のことを考えるのなら、少しでも追加返済して早くお金を返したいところ。

複数の借金がある場合は「集中返済」で

複数の借金がある場合は、「まずは一つを早く返済し、一つ減ったら、また次を」というような「集中返済」が大事ということ。

どの借金から返していくか

複数の借金がある場合、「利率の高い借金から早く返済していく」というのが理想。しかし、なかなか先が長そうなときには、「金額が少ない借金から片付ける」というのも立派な戦略だと思います。

お金を早く返済しようとして焦らないこと

理論上は、ゼロ金利の銀行預金をするよりも、利率の高い借金の追加返済をしたほうがずっと効率的。

でも、現実には「現金が必要」という場面も必ずありますよね。だから、追加返済をするにしても、無理に全額突っ込むのではなく、手元にある程度のお金を残しておいたほうが、現実的。

悪い借金は資産形成の妨げになる

金持ち父さんの本によると、借金には「悪い借金」と「いい借金」があるらしい。悪い借金は、あなたからお金を奪っていくだけなので、資産形成上のメリットはない。

「いい借金」は、結果としてあなたにお金をもたらしてくれるようなもの。もしも「悪い借金」を抱えているのなら、できるだけ早く返したほうが賢明なんでしょうね。

借金の危険ラインは?収入と支出を見れば簡単にわかる

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - お金

過払い金請求とグレーゾーン金利の関係

グレーゾーン金利とは、法改正前の出資法と利息制限法の間の金利のこと。 利息制限法の上限金利は、融資額に応じて年利15%~20%。一方、法改正前の出資法の上限金利 …

奨学金の返済は大変!借りる前にこれだけは知るべき

奨学金の返済はなかなか大変。元本の合計は数百万円単位にもなるし。 僕の家は全然裕福じゃなかったので、高校を出た後は、奨学金を借りていた。生活費は、バイトと奨学金 …

お金を増やすには?誰でも知ってるお金の増やし方

お金の増やし方として代表的なものを挙げると、こんな感じになります。 銀行預金 投資 保険 ギャンブル このブログでは、「銀行預金」をおすすめすることにしている。 …

お金を稼ぐのは悪いこと?だからあなたは稼げない

お金を稼ぐのは悪いこと。いけないこと。 日本では、そう思っている人が多いと、よく耳にしますよね。あなたは、どうですか?お金を稼ぐのは悪いことだと思っていませんか …

給料をもらう以外のお金の稼ぎ方を学べるおすすめの本

給料以外でお金を稼げたら、生活がもっと楽になるはずなのに。そう思っている人も少なくないはず。 しかしながら、お金の稼ぎ方というのは、「いい会社に入って働け」以外 …

お金のセミナーはこれがおすすめ!東京や大阪などで無料開催中

お金の知識を身に付けたい。もっとお金に強くなれば、人生変わるはず。お金のことを知れば、お金の扱いが上手くなるだろう。 そんなことを思っても、学校なんかじゃお金の …

お金持ちになりたい!という人におすすめの本まとめ

お金持ちのやっていることや考え方を学べる本はたくさん出版されている。これだけ発売されているのに、お金持ちが少ないというのが面白いところ。経済なんてそんなもんなん …

マネテリって何?ファイナンシャルアカデミーの新サービス

マネテリとは、ファイナンシャルアカデミーがやっている、お金の習い事。まずは、東京で頻繁に開催されている無料体験に行ってみるところから始める。 マネテリ ファイナ …

無料セミナー「お金の教養講座」に行ってきたので感想でも

ワイクラの中で何回か紹介しているクセに、行ったことがなかった「お金の教養講座」という無料のマネーセミナー。 開催しているのは、ファイナンシャルアカデミーという独 …

身に付けるべき「お金を稼ぐ知識」とは結局何のことなのか

お金が全般的に好きな僕だけど、「もっとお金を稼ぎたい」と試行錯誤していたら、そこそこ稼げるようになってきた。ただ、「結局、必要な知識って何だったのか?」がイマイ …