ケントマンのブログ

入院保険に入るなら、通院保障も付けたほうがいいらしいぞ


病院5

入院保障制度がある保険に加入しようとすると、「通院保障はどうしますか?」と聞かれることはが多い。

これは、「入院だけじゃなく、その後の通院でも保険金が出ますよ」というもの。この「通院保障」、最近の傾向では付けたほうがいいという話も。

スポンサーリンク

通院保障は必要なの?

最近では、入院を長引かせないで、さっさと通院に切り替えてくる病院が多いという情報が。

つまり、保険でせっかく「入院」が保障されているのに、入院がさっさと終わってしまうので、保険金が受け取れないなんてことがあるようなんですよ。

入院保険に入るなら、通院保障も

なので、退院後の通院も保障してくれる「通院保障」は、付けておいたほうがいいという話。そっちのほうが、安定して保険金を受け取れますからね。

ガンなんかでも、入院はできるだけさせないで、通院を推してくる病院が増えているみたいですよ。

通院保障の保険料はそんなに高くない

入院保険に通院保障を付けても、保険料はそんなに高くならないです。「オプション」的な立ち位置に見える通院保障は、実は結構重要なものらしい。

どうせ入院保険に入るのなら、ちょっとだけお金を出すようにして、通院保障も付けておくようにしてはいかがでしょうか?

契約内容はきちんと確認しておこう

通院保障を付けるにしても、「どんな場合に保険金が出るのか?」「どれくらい出るのか?」「いつ支払われるのか?」などはきちんと確認してからにしたほうがいい。

保険の契約内容、甘く見ていると火傷しますぞ。

保険には入るべきか?将来のリスクへの備え方

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  トピックの目次へ

 - お金の知識を学ぶ

  広告

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ