ケントマンのお金のブログ

NISA(ニーサ)で投資家デビューを考えている人の危険な思考

ぬいぐるみ

最近やたらとNISAのCMが流れていますけど

NISAの登場で、投資が身近になったと感じていませんか?もしかしたら、それはテレビでやたらCMが流れているからってだけかもしれませんよ。

銀行あたりが頑張ってますね。SBI証券みたいなネット証券会社は、テレビCMやってませんし。

NISA(ニーサ)って、どんなものだかわかりますか?NISAの仕組みを知れば、「初心者でも投資を始めやすい」というのはとんだ勘違いだってわかるはず。

スポンサーリンク

NISAとはそもそも何なのか

NISAって、「少額投資非課税制度」のことです。元々はISAって名前で、それの日本版(N)ってことで、NISAと呼ばれているそうな。

少額投資非課税ですから、限度額があります。一年に100万円までみたいな。要は、そこから生まれた利益が非課税になるってこと。通常は20%くらい税金で持っていかれるところなんですけど。

NISAは基本的に長期投資向けである

NISAの限度額は、限度があります。株の短期トレードでバンバン取引していたら、すぐに使い果たしてしまうんです。だから、基本的に長期投資向け。

NISA口座で取引すれば、税金がお得になる

要は、こういうことですよ。非課税制度ですから。少額投資が非課税になるわけです。通常では税金が取られるところが、非課税になる。利益が出たならば、これは大きい。そう、利益が出たならば。

NISAは初心者向けじゃないと思う

NISAについて簡単に説明しましたけど、いかがですか?やってみたいですか?

僕は、「NISAは経験者向け」だと思ってます。少額投資非課税制度ですよ?非課税かどうかなんて、利益が出てからの話ですよ。初心者がそんなに都合よく利益を出し続けられると思いますか?

だから、NISAは経験者向けだと思うんですよ。安定して利益が出せる、上級者的個人投資家向けの制度だと思うんですよ。

NISAなら投資を始めやすいという勘違い

NISAのCMを見ていると、何となくこんな勘違いしてしまいそうだと思ったので、注意喚起。NISAは、初心者向けじゃないんですよ。だって、利益が出て初めて、「NISAでやっておいて良かった」ってなるんですから。

投資の始めやすさなんて、NISAじゃなくても、NISAでも同じです。ただ、たまたまでも何でも利益が出たら、非課税になるってだけ。条件付で。それだけ。

NISAじゃなくても少額投資はできる

「NISAなら少額投資できる」みたいな感じのCMを見かけますけど、少額投資なんてNISAじゃなくてもできます。株なんて、1万円以下で買えるものもありますし、SBI証券やマネックス証券でやっている「単元未満株」の制度を使えば、高くて買えない株なんてほとんどなくなってしまいます。

確かに、NISAはお得。とりあえず少額投資をして、たまたまでも利益が出たとき、非課税になる。これは、大きなメリット。

だからといって、NISAが少額投資に特化しているわけじゃないし、非課税にも条件はあるし、投資が始めやすいってわけでもないんです。

安定して利益を出しているなら、NISAを使ったほうがいいかも

NISAに当てはまるような少額投資で安定して利益を出していて、NISAの条件に当てはまるような投資をしているのなら、NISAを使うことに大きなメリットがある。非課税というね。

間違っても、「NISAなら初心者でも投資を始めやすい」なんて勘違いをしないで下さいね。非課税制度ですよ。「利益保障制度」じゃないんですよ。

投資は儲かるの?投資は儲からないの?投資の真実

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

株価が10倍以上になった銘柄を保有したときの体験談

どうも!しばらく株だけで生活していたことがあるケントマンです! あれは、社会人一年目の出来事。専門学校を卒業して社会人になったので、二十歳のとき。最初に始めた仕 …

インデックス投信について!市場平均を買うということ

素人は、特定の会社の株を買って市場に参入するよりも、市場平均と同じ動きをするインデックス投資信託(ファンド)を買ったほうがいい。 一部の著名人は、こういうアドバ …

株価が大きく下落した場合の対処法と暴落の原因

どうも、先週久しぶりに株価が大きく下落してテンションが上がってたケントマンです。 株式市場に参加していると、たまにああいった「大きな株価下落」に遭遇することがあ …

株式投資の未来、書評。株式投資の統計データ

株式投資では様々な憶測や妄想が飛び交うもの。あの株がこれから来るだの、あの業界は未来が明るいだの。「株式投資の未来」という本は、この憶測を一蹴するほどの威力を持 …

株の配当金が投資の利回りを引き上げるという話

最近の配当利回り状況はこんな感じ まず、配当利回りを簡単に。例えば、配当利回りが3%の株を1000円で購入したとしましょう。すると、預金金利みたいに、配当金が3 …

株を買うことの意味とは?株式投資と企業買収の話

そもそも株式とは何か。 株式とは、簡単に説明すれば「会社のオーナー権」です。つまり、株式を買うということは、会社(の一部)を買うということ。 普通、僕たちが買え …

「不動産投資の学校」の無料体験学習会に参加したので感想でも

「株式投資の学校」の無料体験学習会に続いて、「不動産投資の学校」の無料体験学習会にも参加してみました。株式投資の学校のほうの感想はこっち。 「株式投資の学校」無 …

ひふみ投信の特徴とメリット【投資信託】

ひふみ投信は、レオス・キャピタルワークス株式会社が運営する、日本の成長企業に投資するアクティブ型投資信託。日本を代表するような投資信託だけあって、運用実績もなか …

セゾン投信の特徴とメリット【投資信託】

独立系の投資信託としてなかなかの人気を誇るのがセゾン投信。運用成績もなかなかよく、少額から始められるのも強み。しかし、証券会社に口座を持っていれば買えるわけでは …

マネックス証券のメリット!少額の株式投資におすすめ

株式投資初心者は、まずは少額で始めること!だって、何が起こるかわからないんだもの。お金がどう動くかわからないんだもの。実際にやってみないことには。 だから、少額 …