ケントマンのお金のブログ

おすすめのネット証券会社!口座開設なら手数料が安いところに

スノーケリング

おすすめのネット証券会社を紹介しようと思っていろいろ調べてたら、「あれ?」ということに気が付いた。

本当は、「少額投資ならこの証券会社、高額の投資をするならこっちの証券会社がおすすめ!」という記事にしたかったんだけど、そうならなかったんですよ。

なので、ここで紹介するのは「これが絶対におすすめ!」というネット証券会社。「株を始めたいけど、証券会社選びに迷っている」という悩みをお持ちなら、この証券会社をおすすめします!

スポンサーリンク

まずは、証券会社選びのポイントから

手数料が安いかどうか。これに尽きる

僕が証券会社選びで重視しているのは、「取引手数料が安いかどうか」。ほとんどこれしかない。

なぜ手数料の安さにこだわるのか

お店をやっている場合、経費(家賃や人件費など)が高いとお店の利益が圧迫される。株式投資だって同じ。

株式投資の場合の経費は、ほとんどが「手数料」になるはず。以前、「株式の配当金は投資の利回りを引き上げる」という記事を書いたけど、手数料が高いと、それと逆の現象が起こってしまうというわけです。

<関連>株の配当金が投資の利回りを引き上げるという話

手数料は目に見えにくいので、しっかり確認を

ネットで株の取引をしていると、「株価~円で買いました」みたいな数字しか見えてこない。「手数料がいくら掛かった」なんてハッキリ見えにくい。本当に。

取引手数料の高い証券会社で取引していると、いつの間にか手数料がかさみ、「あっちの証券会社にしておけば、こんなに利益圧迫されなかったのに!」なんて事態が起こってしまう。まあ、これも目に見えにくいわけですけど。

株の取引手数料は、証券会社によって違う

株を買ったり売ったりする度に発生するのが取引手数料。少額の取引でだいたい100円ちょっと、大きな取引になると数百円から千円以上は掛かる。

この取引手数料は、証券会社によって違う。長く取引を続けていると、わずかな手数料の差が、やがて大きな「経費」となっていくので、ネット証券会社を選ぶときは、「手数料の安さ」を重視するべきなんですよ。

おすすめのネット証券会社はこれ

取引手数料がとにかく安い!「GMOクリック証券」

本当は、「20万円までの少額取引を繰り返すならマネックス証券、それ以上の取引を繰り返すのならSBI証券がおすすめ!」という感じに書こうと思っていたんだけど、調べてみたら、「GMOクリック証券」のほうが全面的に手数料が安かったので方向転換。

このネット証券、とにかく手数料が安い。「最大手」と言われるSBI証券よりも安いし、「少額投資に強い」と思っていたマネックス証券よりも安い。

僕のように、手数料の安さを重視する方には、マジ、おすすめです。

取引ツールの使いやすさなんてどうでもいい?

スマホ対応なんて、ほとんどのネット証券が対応している。アプリも作っている。その辺は、比べるだけ無駄かも。

それに、取引ツールの使いやすさ、情報の多さもどうでもいい。僕の場合「しっかり取引できれば問題ない」なんて感じだし、チャートなんてどこの証券会社でも見れるし、「決算短信」なんて会社のホームページに載ってるから、別に必要ない。

四季報見たいのなら、本屋で買ったほうが、ネットよりもサクサク見れるしね。

GMOクリック証券のいいところ

ただ、「GMOクリック証券」は、情報も充実しているし、取引ツールも使いやすいと評判。

僕とは違い、「そういうの、大事でしょ!」と思っている人にも、安心しておすすめできるネット証券というわけ。

GMOクリック証券

追記:証券会社の口座選びによって変わること。手数料以外

株以外の商品の充実具合

日本の株だけじゃなく外国株も買えるとか、投資信託の品揃えが豊富だとか、FXも申し込めるとか、債券の種類が豊富だとか、先物やオプション取引も申し込めるとか、eワラントもできるとか。

株以外に手を出したくなった時に、新しく証券会社の口座を作らなくても、新たに申し込めばいい。そういう傾向が強いのは、業界最大手と言われているSBI証券。

単元未満株の取引きができるかどうか

本当なら、100株しか買えない株。そういう株を一株から買えるようになるのが、単元未満株という制度。単元未満株は、証券会社によって取り扱っていないこともある。

上でおすすめしたGMOクリック証券は、残念ながら対応していない。少額投資でそれなりの銘柄選びをしたいのなら、単元未満株を採用しているSBI証券やマネックス証券のほうがいいかもしれません。

株をやる場合、その他はたいして差がない

手数料が違う。サイトの見た目が違う。取引ツールの使いやすさが違う。単元未満株のあるなし、情報の豊富さの違い。ネット証券をいろいろ見比べてみたけど、株をやる場合、本当に大差がない。

だから、「取引手数料」を何よりも意識すべきだという結論に至るというわけです。

その他、有名なネット証券会社

証券会社の口座は、いくつかまとめて作り、一つ一つ試すということもできるので、「これがお気に入り!」というのが見付かるまで使い比べてみるのもありですよ。

業界最大手の「SBI証券」

取引手数料はそこそこ安い。品揃えも豊富。単元未満株の取り引きもできる。そして、「住信SBIネット銀行」との連携が便利。GMOクリック証券をおすすめしているけど、僕の愛用の口座はここ。

SBI証券

なかなかの大手「マネックス証券」

単元未満株の「ミニ株」の取引が可能。手数料もそこそこ安い。SBI証券よりも基本的に安い。あんまり目立たないけど、地味に使いやすいネット証券会社。

マネックス証券

楽天ユーザーなら「楽天証券」

楽天グループだけあって、楽天ポイントを貯めたい人はここがいい。しかしながら、手数料の安さはそこそこ。楽天証券のいいところは、債券の品揃えが豊富なところだと思っている僕。

楽天証券

少額投資には「松井証券」

10万円までの取引手数料は無料になるらしい松井証券。少額投資をやるのなら、実はここが最強だったりするかも。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

インデックスファンドによるインデックス投資がおすすめされる理由

多くの投資家に読まれている「敗者のゲーム」という本。この本では、「インデックス投資」が勧められている。 敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか 内容的 …

みんなのクレジットの特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

みんなのクレジットは、クレジットカードみたいな名前ですが、ソーシャルレンディングの会社。 ソーシャルレンディングをやってみたい人向けにやり方やメリットを紹介 い …

マネックス証券のメリット!少額の株式投資におすすめ

株式投資初心者は、まずは少額で始めること!だって、何が起こるかわからないんだもの。お金がどう動くかわからないんだもの。実際にやってみないことには。 だから、少額 …

個人向け国債の特徴!最低金利保証もあるが銀行預金並みに金利が低い

銀行などでよく見かける個人向け国債の特徴とメリットについて。 個人向け国債とは何か 個人投資家しか買えない国債が、個人向け国債。国債を買うと、日本にお金を貸して …

長期分散投資のやり方とメリット!株式投資の場合

どうして分散投資をするのか 分散投資は、無知に対するリスク回避。これが、世界最高の投資家が言っていたこと。投資対象の全てを把握することはできないので、不測の事態 …

株式投資(現物)のメリットとデメリット、リスク

現物の株式取引は、証券会社からお金を借りて株の取り引きをする信用取引ではなく、手持ちの資金で株の取引きをするものを言う。 株式投資のメリットとは キャピタルゲイ …

Kindle版でおすすめの株式投資(バリュー投資)の本まとめ

Kindleでも読めるおすすめの株の本3選 バフェットの投資手法、考え方を知る!バフェットの法則 バフェットが書いた本じゃないけど、ロバート・G・ハグストローム …

長期投資に向いている銘柄はどんな株?を解説

長期投資に向いている銘柄とは ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアム、フィリップ・フィッシャー。こういった「賢明な投資家」と呼ばれる偉大な投資家は、基本 …

バークシャー・ハサウェイの株式を購入する方法

世界一の投資家ウォーレン・バフェットと、その相棒チャーリー・マンガーのタッグが有名な投資会社(保険会社?)バークシャー・ハサウェイ。 バフェットのことを知ってい …

おすすめの株式投資の本!株をやるなら読むべし

株式投資を理解する為に是非とも読んでほしい本たち 会社法がよくわかる講座 いきなりこれ。「会社法」を学べる本。株をやるなら、「株ってどんなもの?どういう役割があ …