ケントマンのブログ

インターネットバンキングに登録するメリットとデメリット


スポンサーリンク

インターネットバンキングのメリット

通帳とも併用できる

通帳を完全に廃止して、インターネットだけで取引履歴を確認するWEB通帳を用意しているところもある。WEB通帳に申し込まずに、紙の通帳とインターネットバンキングを併用することももちろん可能。

引落しや入金の確認が楽

マイページにログインすれば、取引履歴を簡単に見ることができる。いちいちATMで記帳しなくても、入金や引落しの確認、残高確認が簡単にできる。

振込がネットでできる

銀行の窓口やATMを使わなくても振り込みが簡単にできる。インターネットバンキングに登録すると、通常を暗証カードというものが送られてくる。インターネットバンキングで振り込みを行うには、通常、この暗証カードが必要。

中には、登録済みの振込先へ振込むときは不要な銀行もある。

住所変更などがネットでできる

これにも暗証カードが必要。しかし、ネットで住所変更ができるのは、かなり楽チン。

インターネットバンキングのデメリット

セキュリティリスク

前述の暗証カードを盗まれてしまうと、面倒なことになりかねない。ネットを使うからこそのリスクは、やはり出てくる。セキュリティはしっかりしているはずだが、自己管理は大切。

フィッシング詐欺に引っかかるかも?

突然、銀行から「確認の為、暗証番号と口座番号をこちらのページで入力して下さい。」のようなメールが来る。しかし、これは詐欺師が作ったメールで、サイトも詐欺師が作ったサイト。メールに記載されているURLのページに暗証番号などを入力してしまうと、詐欺師に大切な情報を盗まれる。これが、フィッシング詐欺。

フィッシング詐欺は、ネットバンキングに登録していない人にはほぼ関係のないような内容のメールが送られてくる。

銀行によってサービスは少し違う

大した違いはないんだけれども。銀行によって対応の仕方が違ったりもするけど、インターネットバンキングの便利さはどこでもさほど変わりはない。

銀行口座はどこがいい?個人的なおすすめと、使い分け方も紹介

貯金用口座としておすすめ!住信SBIネット銀行の目的別口座

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  トピックの目次へ

 - 銀行口座を使いこなしたい

  広告

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ