ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナンピン買いは、投資における買い方の手法の一つ。漢字で書くと難平買い。よくドルコスト平均法と比較されている。

ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】

ナンピン買い(ナンピン売りもある)とは

ドルコスト平均法は、定期的に決まった金額で買っていく買い方。一方、ナンピン買いは、保有している株式などが値下がりしたときに買い増す買い方。ナンピン売りの場合は、更に売る。

具体的なやり方と、メリット

かなり簡略化した例でも。

例えば、100円の株を一株買ったとする。その株が、80円に値下がりした。このとき、80円でもう一株買う。すると、平均取得単価は90円になる。

ナンピン買いは、平均取得単価を下げたいときに使われるのが一般的だそう。ただし、さらに値下がりすると、損失が大きくなるのは、言うまでもない。

ナンピン買いができる金融商品

株式でも、投資信託(ETF)でもできる。FXなんかでもオッケー。市場に流通していて、そこそこ値動きの激しいものなら、ナンピン買いはできる。

ちなみに、「A社の株を持っているなら、A社の株」のように、同じものを買わないと意味をなさなそうである。

ナンピン買いに対する管理人の見解

僕の株の買い方

僕は、大幅に値下がりした株を好む。ただし、業績が下がった会社はダメ。不祥事などで暴落してもなお価値がある銘柄が好き。

最近の例だと、東京電力とか、リソー教育とか。あんな感じの株ばっかり買うスタイルがすっかり身に付いてしまった。

どうして値下がりを好むのか

多くの投資家は、値上がりしているときに便乗するのが好きなんだとか。でも、僕の考えは違う。

株式を買う場合は、「安く買って、高く売る」ことによって、利益を得られる。なら、何故、あからさまに値上がりしている株式を買う必要があるのか。

確かに、株価が企業価値に追いついていないなら、意味はあるだろう。でも、そういう会社を探すのは、なかなか骨が折れる。

だったら、あからさまに暴落した株で、その会社の価値が揺るがないものであると判断できれば、買う。そのほうが、探す手間が省けるってもんだ。僕の場合、そういうやり方。

個人的にはナンピン買いに近いことばっかりやっているので、「ナンピン」という言葉に惹かれてしまう傾向がある。

ナンピンも、やり方次第

ナンピン買いとかドルコスト平均法以前に、「どうして買うのか」を自分なりに明確にしたほうがいい。どこに価値を見出したのか。自分の意見はどうなのか。論理的なのか。数学的なのか。確率的に有利なのか。

投資するなら、何かを買うなら、明確な根拠を持ってたほうがいい。そうじゃないと、ただのギャンブラーになってしまうかもしれないから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 投資

年利1%を目指す社債投資!定期預金よりもこれか

ゼロ金利時代の昨今では、「お金を増やす」というのがなかなか難しい。だって、銀行に預けていてもなかなか増えないんだもの。 普通預金よりも、定期預金のほうが金利が高 …

株の手数料を節約する方法!証券会社選びが大切

株を買ったり売ったりするときには、手数料が掛かっている。株価の動きは目に見えるけど、売買手数料は意外と目に見えないので、あまり気にしていない方も多いんじゃないで …

おすすめの株式投資の本!株をやるなら読むべし

株式投資を理解する為に是非とも読んでほしい本たち 会社法がよくわかる講座 いきなりこれ。「会社法」を学べる本。株をやるなら、「株ってどんなもの?どういう役割があ …

株価が10倍以上になった銘柄を保有したときの体験談

どうも!しばらく株だけで生活していたことがあるケントマンです! あれは、社会人一年目の出来事。専門学校を卒業して社会人になったので、二十歳のとき。最初に始めた仕 …

おすすめのネット証券会社!口座開設なら手数料が安いところに

おすすめのネット証券会社を紹介しようと思っていろいろ調べてたら、「あれ?」ということに気が付いた。 本当は、「少額投資ならこの証券会社、高額の投資をするならこっ …

まぐれ、書評。投資家が運を実力と勘違いするワケ

ナシーム・タレブさんの「まぐれ – 投資家はなぜ運を実力と勘違いするのか」という本が面白すぎるので紹介。投資をするとき、いい結果が出れば「才能」だと …

投資と投機の違いって何?投資とギャンブルの見分け方

投資をやっていないと縁もゆかりもないであろう「投機」という言葉。投資をやっているといつかめぐり合う「投機」という言葉。経済系のニュースで「投機マネーが流れ込んで …

マネックス証券のメリット!少額の株式投資におすすめ

株式投資初心者は、まずは少額で始めること!だって、何が起こるかわからないんだもの。お金がどう動くかわからないんだもの。実際にやってみないことには。 だから、少額 …

ノーロード型投資信託とは?わかりやすく解説

ノーロード投資信託とは、販売手数料の掛からない投資信託のこと。基本的に、インデックス型投資信託であることが多い。 インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託の …

バークシャー・ハサウェイの株式を購入する方法

世界一の投資家ウォーレン・バフェットと、その相棒チャーリー・マンガーのタッグが有名な投資会社(保険会社?)バークシャー・ハサウェイ。 バフェットのことを知ってい …