ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

持株会のメリット!だから加入させられる


あなたの会社には「持株会」ってありますか?従業員が働いている会社の株を持っちゃおう!っていうあれです。持株会って何の為にあるのか?メリットは何なのか?ちょっと語っちゃいます。

持株会のメリット~建前~

まずは、よく語られている建前的なメリット。

会社の業績が上がれば株価が上がる!だから、頑張れよ!

会社の業績が良ければ、株価っていうのは上がりやすい。必ずってわけでもないけど。

「持株会に入りませんか?」ってときによく語られる謳い文句。会社の業績が上がれば、株価が上がります!会社の業績を上げるには、あなたの努力が必要!だから、頑張ってね!

確かに、これは間違いじゃない。でも、持株会の存在意義・メリットはこれだけの問題じゃないのも確か。

持株会のメリット~会社都合~

持株会っていうのは、個人だけじゃなく、会社側にも大きなメリットがある。会社のメリットは従業員のメリットとも考えられるけど。

敵対的買収の防止

持株会っていうのは、株式トレーダーみたいに「買ってすぐ株を売る人たちの集まり」ってわけじゃない。大抵は、長期的に株を保有することになるでしょう(安定株主)。

株式っていうのは、全株式の過半数以上を取得すれば、会社の経営権を乗っ取れるほどの代物。「ハゲタカ」と呼ばれるようなファンドにTOB(株式公開買付)をやられて、株式の大半を会社外の組織や人物に取得されてしまうと、会社の経営権を奪われて、大変なことになる場合もある。そういう敵対的買収の防止策として、安定株主を増やす持株会は役立っていると考えられる。

ちなみに、ファンドは必ずしも悪ってわけじゃない。確かに、「ハゲタカ」って呼ばれるファンドもあるけど、ファンドっていうのは、銀行のように、会社に資金を提供してくれて、会社を手助けしてくれる場合もある。世の中、知れ渡っていることだけが全てじゃないってことです。

V字回復を実現するハゲタカファンドの事業再生 (経営者新書)V字回復を実現するハゲタカファンドの事業再生 (経営者新書)

給料を逃がさない

株を買ったときの資金っていうのは、会社に流れます。そう、「出資」という形です。もし、持株会が、給料から天引きするようなタイプのものだと、「給料を従業員に全部渡さず、一部を出資金として会社に持っておく」という感じになるかも。あくまでも、見方の一つ。株式は資産には違いないので、どう捉えるかは個人の自由。

株式ってこんな役割もある

なんだか、「マネーゲームの道具」みたいなイメージが強い株式ですけど、会社法とか学んでみると、結構重要な代物だってわかります。よかったら、「意外と単純?株をやるメリットとデメリット」という記事も合わせて読んでみて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧はこちら

 - ビジネス

  更新情報を受け取るにはこちら!

Facebookで受け取る
Twitterで受け取る
Feedlyで受け取る

最終更新日:2017/05/20