ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

ラッキーバンク(Lucky Bank)の特徴とメリット【ソーシャルレンディング】


ラッキーバンク(Lucky Bank)は、ラッキーバンク・インベストメント株式会社が提供するソーシャルレンディングサービス。不動産案件がメインで、予定利回りもなかなか高い。一万円からソーシャルレンディングが始められるのも強み。

ラッキーバンク

ここでは、ラッキーバンクのソーシャルレンディングの特徴やメリットをまとめてみる。

※ソーシャルレンディングについて
ソーシャルレンディングをやってみたい人向けにやり方やメリットを紹介

ラッキーバンクのソーシャルレンディングは何がいいのか

利回りは年率で6~10%

公式サイトによると、この数字。預金金利や国債の金利よりもずっと高い利回りを期待できる。ソーシャルレンディングではこれくらいは普通だけど。

ソーシャルレンディングは融資なので、市場の値動きには左右されないけど、元本保証でもないので、その辺のリスクはしっかり理解するべき。

一万円の少額から始められる

一万円程度だとたいしたメリットは実感できないと思うので、もっと資金を貯めてからやりたいところ。ちなみに、収益は毎月分配型。

全案件に担保として不動産を設定

もしも、融資の返済が滞っても(貸し倒れ)、担保(この場合だと不動産)を回収することで、損失を回避するようにしている。

これも、ソーシャルレンディング業界では珍しくないが。中には、クラウドバンクのように、連帯保証人を用意させている場合もある。

クラウドバンクの特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

不動産事業への融資を行う

ソーシャルレンディングでは、中小企業への融資案件も結構あるけど、ラッキーバンクの場合は、不動産事業への融資がメインの模様。

まあ、これにも中小企業は含まれるんだろうけど。

取引手数料などは無料

これも、ソーシャルレンディングでは、普通のこと。口座開設手数料とか、取引手数料なんて取らない。ソーシャルレンディングは、支払われた利子からソーシャルレンディング会社の分け前を引いて、投資家に分配するものだから。

言っちゃえば、ラッキーバンクは普通

公式サイトでは、ソーシャルレンディングのメリットを長々と書いてあるけど、これはどこのソーシャルレンディング会社を選んでも、ほぼ一緒。

ソーシャルレンディング会社は、正直「ここがいい」というものがないので、自分のインスピレーションで選ぶのが一番いいかと。

ソーシャルレンディングは比較的新しいので、メリットやリスクなどをしっかり理解してから手を出すことをお忘れなく。融資なので、いつ貸し倒れが起きるかわからないし。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - ソーシャルレンディング

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/20