ケントマンのお金のブログ

個人向け国債の特徴!最低金利保証もあるが銀行預金並みに金利が低い

アジサイ×蛙

銀行などでよく見かける個人向け国債の特徴とメリットについて。

スポンサーリンク

個人向け国債とは何か

個人投資家しか買えない国債が、個人向け国債。国債を買うと、日本にお金を貸していることになります。なので、満期になれば投資資金は返還される。

利息も付くので、利息を受け取ることができます。国債投資で利益になるのは、基本的に、この利息のみ(インカムゲイン)。

個人向け国債の特徴など

ほぼ無リスクの投資として有名

国債に潜むリスクは、日本が債務不履行(デフォルト)になること。日本が破たんしない限り、安定して利息を受け取ることができて、元本も償還される。

確実にお金を増やす方法!無リスクで安全なお金の増やし方とは

3年・5年ものの固定金利、10年ものの変動金利

固定金利は、あらかじめ決められた金利で利払いを受けられるもの。金利の変動関係なし。

変動金利は、金利の変動に合わせて、国債の金利も変動するもの。

「3年」などの期間は、元本が償還(返済)されるまでの期間。

利払いは年に2回

国債を保有している間は、年に2回(半年に一回)利息の支払いを受けることができます。

利回りは預金金利と大差ない

銀行によっては、国債よりも利回りの高い定期預金があったり。ほぼ無リスクではありますが、そこまでお金が増えないのが難点。

一万円の少額から投資ができる

社債の中には、「100万円から」のようなものも少なくありませんが、個人向け国債は1万円から買うことができます。

最低金利保証がある

日銀のマイナス金利が話題になりましたが、個人向け国債には最低金利保証というものがあり、今のところは年率0.05%が最低でも保証されるようになっています。

国のやることなので、今後どうなるかは知りませんが。

NISA対象外

国債で受け取る利子は課税対象。残念ながら、NISA(少額投資非課税制度)の対象ではないので、お忘れなく。

途中解約も可能

急にお金が必要になっても大丈夫。ただし、途中解約してしまうと、利回りが悪くなってしまうので、できれば満期まで持っておきたいところ。

個人向け国債を買うところ

証券会社(ネット証券でも可)、銀行、郵便局あたりで買うことができる。手軽さで言えば、ネットで完結するネット証券が一番手軽かと。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

NISA(ニーサ)で投資家デビューを考えている人の危険な思考

最近やたらとNISAのCMが流れていますけど NISAの登場で、投資が身近になったと感じていませんか?もしかしたら、それはテレビでやたらCMが流れているからって …

株価を予測することは不可能!「まぐれ」に惑わされるな

将来の株価を完璧に予測することなど、絶対にできない。ある研究チームが、こういう結論を出したと、ウォーレン・バフェットの本に書いてありました。 株で富を築くバフェ …

おすすめのバフェット本!銘柄選びや名言を学ぶ

バフェット投資を学んで日本株を買う バフェット投資がかなり研究されている本 世界最高の投資家、ウォーレン・バフェット。株式投資で世界的な大富豪になった賢明な投資 …

おすすめのネット証券会社!口座開設なら手数料が安いところに

おすすめのネット証券会社を紹介しようと思っていろいろ調べてたら、「あれ?」ということに気が付いた。 本当は、「少額投資ならこの証券会社、高額の投資をするならこっ …

投資の勉強をする際に読んでおきたい本6選

「必勝法」のような本ではなく、投資の本質を学べるような本を紹介します。 投資の勉強する際の必読書4選 投資では、何ができて、何ができないのか。ネット上に溢れかえ …

ソーシャルレンディングをやってみたい人向けにやり方やメリットを紹介

インターネットの普及で登場した新しい投資(融資)の形と言えるのがソーシャルレンディングなるもの。 これは、インターネットを利用して、お金を借りたい人(企業)とお …

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

ナンピン買いは、投資における買い方の手法の一つ。漢字で書くと難平買い。よくドルコスト平均法と比較されている。 ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】 ナンピ …

FXは難しい!個人的には絶対におすすめはできない

今の株式投資のスタイルを確立する前は、FXにも手を出したことがある。儲かるときもあったけど、通算ではマイナス。「難しい!」と思ったので一か月くらいやって撤退した …

投資は儲かるの?投資は儲からないの?投資の真実

7割~8割の個人投資家は損をする。これが投資の現実ってやつらしいじゃないですか! NISA(少額投資非課税制度)が始まり、テレビでも「投資しよう!」みたいなCM …

SBIソーシャルレンディングの特徴!SBIグループならではのファンドも

「ソーシャルレンディングやってみたいけど、どこの会社使えばいいの?」と思ったとき、真っ先に見付かったのがSBIソーシャルレンディング。 ネット証券大手のSBIグ …