ケントマンのお金のブログ

個人向け国債の特徴!最低金利保証もあるが銀行預金並みに金利が低い

アジサイ×蛙

銀行などでよく見かける個人向け国債の特徴とメリットについて。

スポンサーリンク

個人向け国債とは何か

個人投資家しか買えない国債が、個人向け国債。国債を買うと、日本にお金を貸していることになります。なので、満期になれば投資資金は返還される。

利息も付くので、利息を受け取ることができます。国債投資で利益になるのは、基本的に、この利息のみ(インカムゲイン)。

個人向け国債の特徴など

ほぼ無リスクの投資として有名

国債に潜むリスクは、日本が債務不履行(デフォルト)になること。日本が破たんしない限り、安定して利息を受け取ることができて、元本も償還される。

確実にお金を増やす方法!無リスクで安全なお金の増やし方とは

3年・5年ものの固定金利、10年ものの変動金利

固定金利は、あらかじめ決められた金利で利払いを受けられるもの。金利の変動関係なし。

変動金利は、金利の変動に合わせて、国債の金利も変動するもの。

「3年」などの期間は、元本が償還(返済)されるまでの期間。

利払いは年に2回

国債を保有している間は、年に2回(半年に一回)利息の支払いを受けることができます。

利回りは預金金利と大差ない

銀行によっては、国債よりも利回りの高い定期預金があったり。ほぼ無リスクではありますが、そこまでお金が増えないのが難点。

一万円の少額から投資ができる

社債の中には、「100万円から」のようなものも少なくありませんが、個人向け国債は1万円から買うことができます。

最低金利保証がある

日銀のマイナス金利が話題になりましたが、個人向け国債には最低金利保証というものがあり、今のところは年率0.05%が最低でも保証されるようになっています。

国のやることなので、今後どうなるかは知りませんが。

NISA対象外

国債で受け取る利子は課税対象。残念ながら、NISA(少額投資非課税制度)の対象ではないので、お忘れなく。

途中解約も可能

急にお金が必要になっても大丈夫。ただし、途中解約してしまうと、利回りが悪くなってしまうので、できれば満期まで持っておきたいところ。

個人向け国債を買うところ

証券会社(ネット証券でも可)、銀行、郵便局あたりで買うことができる。手軽さで言えば、ネットで完結するネット証券が一番手軽かと。

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - 投資

インデックス投信について!市場平均を買うということ

素人は、特定の会社の株を買って市場に参入するよりも、市場平均と同じ動きをするインデックス投資信託(ファンド)を買ったほうがいい。 一部の著名人は、こういうアドバ …

どの会社の株を買うべきかわからない人へ贈る解決策

株を始めたのはいいけれど、どの会社の株を買ったらいいのかがわからない。自分なりの基準が確立されていないと、こんな悩みに直面します。 解決策としては、ひたすら勉強 …

長期投資に向いている銘柄はどんな株?を解説

長期投資に向いている銘柄とは ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアム、フィリップ・フィッシャー。こういった「賢明な投資家」と呼ばれる偉大な投資家は、基本 …

投資全般に当てはまるメリットとデメリットのザックリしたまとめ

投資をするメリットとは何か お金面でのメリットはこんな感じ 銀行にお金を預けるよりもお金を増やせる可能性がある 給料以外の収入源になる可能性がある 上手くいけば …

配当割引モデルを使って適正株価を判定!「投資価値理論」

投資を極めようと頑張っていたら、証券アナリストの勉強まで始めてしまいました。どうも、ケントマンです。 株価の「安い・高い」の判定って難しいですよね。そんなときに …

インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託の違い

インデックス型投資信託とは、市場平均(日経平均株価など)の動きに連動するように組まれた投資信託のこと。 一方、アクティブ型投資信託とは、市場平均を上回るように頑 …

株の財務分析の勉強ができるおすすめの本4選

株式投資でファンダメンタルズ分析をするなら欠かせないのが財務分析。 ここでは、そんな財務分析の勉強に役立つ本を4冊紹介。 財務分析の勉強ができる本はこれがおすす …

株をやめたい!という人にはこの本を読んでほしい

株なんて、元々儲かるものじゃないんですよ。統計データによると、株式投資をやっている個人投資の平均損益はマイナスの結果。つまり、統計的に見ると、「株は損をするもの …

ノーロード型投資信託とは?わかりやすく解説

ノーロード投資信託とは、販売手数料の掛からない投資信託のこと。基本的に、インデックス型投資信託であることが多い。 インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託の …

NISA(ニーサ)で投資家デビューを考えている人の危険な思考

最近やたらとNISAのCMが流れていますけど NISAの登場で、投資が身近になったと感じていませんか?もしかしたら、それはテレビでやたらCMが流れているからって …