ケントマンのブログ

おすすめの行動経済学の本「予想どおりに不合理」でお金と感情を


バリュー投資の勉強をしていたら、「行動経済学がいいぞ!」ということを知ったので、本を買って読んでみた。

行動経済学は、「お金の心理学」みたいな感じで、人間の感情とお金の関係を徹底的に研究している分野。学んでみると、面白い。僕は、「予想どおりに不合理」という本を読んだ。「行動経済学の名著はこれ!おすすめ!」という感じだったので。

スポンサーリンク

僕たちの感情はお金に振り回されているそうな

予想どおりに不合理なのが人間

経済学では、「消費者は合理的に動く」と仮定している。僕たちは、常に考え、合理的な選択をしようとしている。それなのに、「予想どおりに不合理」に人間は動く。それが、行動経済学を扱ったこの本のテーマ。

その選択は合理的なのか

安売りの商品を買ったとき、それが本当に「安い」のか。投資の選択をするとき、何かに支配されていないのか。「お金の選択」をするとき、合理的な判断ができているのか。

合理的な人間でも不合理に

この本によると、普段は合理的な人間でも、お金のこととなるとそうでもなくなるということ。お金が絡むと、人は判断を誤る。お金の選択をするときは、「この判断は不合理だ」と常に思っておいたほうがいいってことだろう。

どうしたらお金の選択を間違えないのか

「予想どおりに不合理」を読んで、「こういう間違いがある」というのを知っておくといい。まあ、いざ選択を迫られたときに、瞬時にそれを思い出せるかどうかは難しいところだけど。結構、瞬時の判断って難しいじゃない。

「予想どおりに不合理」で行動経済学の勉強

予想どおりに不合理は読みやすい

「行動経済学」と聞くと、難しい専門用語とかたくさん出てきそうだけど、「予想どおりに不合理」はそんなことなく、読みやすい。

専門用語なんてほとんど出てこない

経済学とかに詳しくなくても読みやすい本。初心者にもわかりやすいように書いてくれていて、尚且つ、面白い。そして、勉強にもなった。

「不合理」なケースの紹介が多い

僕たちがしている「お金の間違い」はどんなものがあるのか。本の中では、多くのケースが紹介されている。

行動経済学を逆手に取ったマーケティングの存在

この本を読むと、「あ、あの会社、こういう手法使ってやがる!」というのもわかります。物を売るためには、工夫が必要。そりゃ、心理学だって行動経済学だって取り入れますがな。

損をするのが怖いのが人間

一番印象に残るのは、やっぱりここかな。利益を得る喜びよりも、損失の痛みのほうが強いって話。あとは、金銭感覚のおかしさとか、価格のマジックなんかも面白い。

投資家はもちろんのこと、営業マンなんかにもおすすめしたい一冊。

お金の本はこれ!本当におすすめしたい良書を紹介

本を買う!アマゾン以外で使える大手通販サイト5選

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - お金

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

会計の知識の必要性。「会計リテラシーが仕事も人生も変える!」

会計の知識は、お金に強くなる上でかなり重要みたい。 お金の勉強をする中で、「会計の知識」が必要だということを知った。「会計感覚」があると、お金の流れを読むことが …

過払い金請求とグレーゾーン金利の関係

グレーゾーン金利とは、法改正前の出資法と利息制限法の間の金利のこと。 利息制限法の上限金利は、融資額に応じて年利15%~20%。一方、法改正前の出資法の上限金利 …

無料セミナー「お金の教養講座」に行ってきたので感想でも

ワイクラの中で何回か紹介しているクセに、行ったことがなかった「お金の教養講座」という無料のマネーセミナー。 開催しているのは、ファイナンシャルアカデミーという独 …

お金を返さない人の特徴!友人同士のお金の貸し借りは面倒

友人にお金は貸さないほうがいい。 これは、友人にお金を貸したら、なかなか返してもらえなかったときの体験記。 僕は友人からお金を借りるなんて絶対にしないんですけど …

お金の増やし方を学べるセミナーと本をおすすめしてみる

お金というのは、「稼いだら、使うか、貯める」という選択肢以外にも、「お金を使ってお金を増やす」という選択肢もあります。 ただ、巷で紹介されている情報にはリスクの …