ケントマンのお金のブログ

金持ち投資家の投資術はレベルが高すぎる「金持ち父さんの投資ガイド – 上級編」

大きなオブジェ

ショボい個人投資家じゃ何十年掛かっても到達できないような投資術。金持ち投資家は、それをやっている。偉大な投資家の本を読み漁っていると、そんなことを感じる。

今回紹介するのは、「金持ち父さんの投資ガイド – 上級編」。この前紹介した「金持ち父さんの投資ガイド – 入門編」の続編。

一味違う投資初心者の入門書「金持ち父さんの投資ガイド – 入門編」

読んで参考にならなかったわけじゃないけど、「実践」という観点から考えると、「かなり先の未来に、もしかしたら役立つかも」というレベル。投資の世界は、奥が深い。

スポンサーリンク

金持ち父さんシリーズの中では、かなりディープな内容

実践的ではない本だと言える

金持ち父さんシリーズ自体、そこまで実践的な本じゃない。それは、読んだ方ならわかると思う。書いてあることわかる。考え方はわかる。モチベーションは上がる。でも、「結局、何をすればいいのか」という点は、自分で考えるしかない。

そんな特色を持った金持ちシリーズの中でも、「投資ガイド上級編」は、群を抜いて実践的じゃない。レベルが高すぎるから。

教科書的な本としてじゃなくて

視野を広げるために読むには、役に立った部分もある。実践はできそうもないけど。だって、「株式上場」とか「どこの市場に上場させればいいのか」みたいに、ショボい個人投資家じゃ手も出ないような世界の話が書いてあるから。

この部分は役に立った

本の終わりのほうに、「企業分析のやり方」について、ちょこっとだけ触れている。ここは、株式投資をしている僕にとっては、役に立った。

自分はどんな投資家か

この本では、投資家をいろんな種類に分類して紹介している。そこを読んで、「あ、自分はこのレベルだな」と認識することはできる。「究極の投資家」レベルまで行くには、道のりが遠すぎることも実感できた。精進しよう。

正直、そこまで面白くはない

面白さの話をするなら、の話。金持ち父さんシリーズは、金持ちのお金の考え方を教えてくれる。それを知ると、何だか自分にも出来そうな気がして、明るい未来が見えたような気がして、テンションが上がる。だから、面白いんだと思う。

「金持ち父さんの投資ガイド – 上級編」には、そういう面白さが少ない。読み手を選ぶ本だと、断言できる。

お金持ちになりたい!という人におすすめの本まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

投資全般に当てはまるメリットとデメリットのザックリしたまとめ

投資をするメリットとは何か お金面でのメリットはこんな感じ 銀行にお金を預けるよりもお金を増やせる可能性がある 給料以外の収入源になる可能性がある 上手くいけば …

投資と貯金の割合はどれがベスト?バランス大事ですよ

投資をやっていると迷うことの一つが、「投資と貯金の割合」です。当然、貯金の何割かを投資に回すことになるんですけど、「最適なバランスはどれくらいか?」「比率はどれ …

株式投資(現物)のメリットとデメリット、リスク

現物の株式取引は、証券会社からお金を借りて株の取り引きをする信用取引ではなく、手持ちの資金で株の取引きをするものを言う。 株式投資のメリットとは キャピタルゲイ …

バークシャー・ハサウェイの株式を購入する方法

世界一の投資家ウォーレン・バフェットと、その相棒チャーリー・マンガーのタッグが有名な投資会社(保険会社?)バークシャー・ハサウェイ。 バフェットのことを知ってい …

FXで借金まみれになる原因。黒い白鳥、人間の心理

「FXで借金まみれになった」なんて悲しいお話を目にすることがある。別の場所を見れば、「10万円で始めたFXで年収が数倍に!」なんて希望に満ちた(釣り?)のような …

株価が10倍以上になった銘柄を保有したときの体験談

どうも!しばらく株だけで生活していたことがあるケントマンです! あれは、社会人一年目の出来事。専門学校を卒業して社会人になったので、二十歳のとき。最初に始めた仕 …

リスクのない投資とはどんなもの?簡単に解説

ほとんどの人はリスクを嫌います。だから、投資を頭から毛嫌いする人もいるわけです。でも、「リスクのない投資」ができれば、そういうものがあるとすれば、投資に興味を持 …

セゾン投信の特徴とメリット【投資信託】

独立系の投資信託としてなかなかの人気を誇るのがセゾン投信。運用成績もなかなかよく、少額から始められるのも強み。しかし、証券会社に口座を持っていれば買えるわけでは …

投資信託(投信、ファンド)とは何か

投資信託(ファンド)とは、簡単に言うと、「いろんな投資家からお金を集めて、代表者がそのお金を運用するもの」という感じ。投信なんて言葉もありますが、投資信託を略し …

配当割引モデルを使って適正株価を判定!「投資価値理論」

投資を極めようと頑張っていたら、証券アナリストの勉強まで始めてしまいました。どうも、ケントマンです。 株価の「安い・高い」の判定って難しいですよね。そんなときに …