簡単な家計簿のつけ方!やりくり上手を目指して

更新日:

家計簿はできるだけ簡単にしたほうがいい?

貯金上手になるためには欠かせないのが家計簿。そして、続けられないと意味がないのが家計簿。途中で挫折してしまうのなら、つけ方が複雑すぎるのかもしれませんよ。

細かく項目を分けたって、自己満足なだけで、本当の改善点なんて見えてこない可能性が高い。続けることに意義がある。家計簿の付け方、もう少し簡単にしてみませんか?

クレジットカードを家計簿代わりに

たまーにやっている人がいる家計簿のつけ方。家計簿は使いません。クレジットカードを使うと、ちゃんと明細が残りますよね。その明細を家計簿代わりに使うのが、このやり方。

クレジットカードをできるだけ使い、現金は使わない。最近では、コンビニでも普通にカード使えますし。そして、分割にはしない。こうすることで、「自分がどれくらいお金を使ったのか、また、どんなものに使っているのか」がある程度把握できるようになるってわけです。

クレジットカード家計簿の問題点

自動販売機みたいに、どうしてもクレジットカードで支払えないところもありますよね。あと、割り勘で支払うときなんかもクレカは使えませんよね。

そういうのを取りこぼしてしまうのが問題点。それに、クレジットカードを使うと、現金で買い物したときよりも支出が増えるという統計情報もあるので、注意が必要かも。

ノートを家計簿代わりに使う

簡単につけるなら、ノートも効果的。項目はザックリでいいんです。「必要生活費(食費、消耗品費)」「娯楽費(遊び、外食、趣味など)」「固定費(家賃、ケータイ代、ネット代、など)」「水道光熱費」くらいあれば十分。

このとき「食費は食費」みたいに細かくしないのもコツ。必要生活費は必要生活費でまとめればいいんです。娯楽費と必要生活費が別れていれば、「あ、今月遊びすぎたな」とかすぐにわかるので、十分。生活費の変動も一目でわかりますし。

こういうザックリした項目を作って、日付ごとに記入していき、簡単な家計簿ができあがりってわけ。

ノート家計簿は毎日やることが大事

やるなら、毎日つけましょう。レシートが溜まると面倒になるからです。また、レシートはちゃんともらう習慣を身に付けるのも大事。

ちなみに、ノートに毎月表を書くのも面倒なので、紙に表を書いてコピーして使うとか、エクセルで表だけ作って印刷して使うとか、そういう方法もあり。

毎日つける暇がないのなら、項目ごとに封筒を作り、そこにレシートを溜めていき、月末にまとめて計算するという方法も意外と楽チン。どちらかというと、僕は封筒派だったり。

無料のネット家計簿「マネーフォワード」を使う

いつの間にか利用者がかなり増えている「マネーフォワード」というネット家計簿。これ、無料で使えます。しかも、銀行やクレジットカード、またまたアマゾンなどと連携して、ほぼ自動で資産状況や支出の状況を作り出してくれるから、かなり便利。

まさに、「簡単な家計簿のつけ方」を実現してくれる、無料のツール。自動っていうのは楽です。自動っていうのは。

ATM手数料無料の銀行口座を使い倒す

「新生銀行」みたいに、ATM手数料が無料の銀行を使う方法。家計簿というよりは、お金の管理方法に近いのがこれ。

給料日が来たら、まずは貯金するお金を貯金専用の口座に移動する。引き落とされるお金は、その口座に残しておくか、移動する。残ったお金は、一部は財布へ、残りは新生銀行みたいな「ATM手数料24時間無料」という銀行口座にぶち込む。

これをするとどうなるかというと、まず、貯金ができる。あとは、新生銀行に入っているお金だけでその月を乗り切ればいいってこと。

※関連記事
銀行口座はどこがいい?個人的なおすすめと、使い分け方も紹介

毎月の予算を決めておくとお金のやりくりが簡単に

「残ったお金で生活する」というのもいいけれど、「毎月~円で生活する」と決めておいて、新生銀行みたいな銀行でお金を管理するのもあり。

予算を守ろうとすると、自然に節約するようになるので、貯金効果もアップするはず。このとき、クレジットカードを使いすぎると本末転倒なのでご注意を。

やりすぎも大変だってこと

完璧主義の人は、家計簿も完璧にしたがる傾向があります。でも、ぶっちゃけ、意味がないか。完璧にやっても、利用価値がないのなら、家計簿をつけている意味がなくなってしまうんです。どうせなら、簡単にしましょうよ。もっと別のことに時間をたっぷり使ったほうがいいと思いますよ。

-貯金と節約

Copyright© ワイズクラウド , 2017 All Rights Reserved.