ケントマンのお金のブログ

簡単な家計簿のつけ方!やりくり上手を目指して

文具を使う

家計簿はできるだけ簡単にしたほうがいい?

貯金上手になるためには欠かせないのが家計簿。そして、続けられないと意味がないのが家計簿。途中で挫折してしまうのなら、つけ方が複雑すぎるのかもしれませんよ。

細かく項目を分けたって、自己満足なだけで、本当の改善点なんて見えてこない可能性が高い。続けることに意義がある。家計簿の付け方、もう少し簡単にしてみませんか?

スポンサーリンク

クレジットカードを家計簿代わりに

たまーにやっている人がいる家計簿のつけ方。家計簿は使いません。クレジットカードを使うと、ちゃんと明細が残りますよね。その明細を家計簿代わりに使うのが、このやり方。

クレジットカードをできるだけ使い、現金は使わない。最近では、コンビニでも普通にカード使えますし。そして、分割にはしない。こうすることで、「自分がどれくらいお金を使ったのか、また、どんなものに使っているのか」がある程度把握できるようになるってわけです。

クレジットカード家計簿の問題点

自動販売機みたいに、どうしてもクレジットカードで支払えないところもありますよね。あと、割り勘で支払うときなんかもクレカは使えませんよね。

そういうのを取りこぼしてしまうのが問題点。それに、クレジットカードを使うと、現金で買い物したときよりも支出が増えるという統計情報もあるので、注意が必要かも。

ノートを家計簿代わりに使う

簡単につけるなら、ノートも効果的。項目はザックリでいいんです。「必要生活費(食費、消耗品費)」「娯楽費(遊び、外食、趣味など)」「固定費(家賃、ケータイ代、ネット代、など)」「水道光熱費」くらいあれば十分。

このとき「食費は食費」みたいに細かくしないのもコツ。必要生活費は必要生活費でまとめればいいんです。娯楽費と必要生活費が別れていれば、「あ、今月遊びすぎたな」とかすぐにわかるので、十分。生活費の変動も一目でわかりますし。

こういうザックリした項目を作って、日付ごとに記入していき、簡単な家計簿ができあがりってわけ。

ノート家計簿は毎日やることが大事

やるなら、毎日つけましょう。レシートが溜まると面倒になるからです。また、レシートはちゃんともらう習慣を身に付けるのも大事。

ちなみに、ノートに毎月表を書くのも面倒なので、紙に表を書いてコピーして使うとか、エクセルで表だけ作って印刷して使うとか、そういう方法もあり。

毎日つける暇がないのなら、項目ごとに封筒を作り、そこにレシートを溜めていき、月末にまとめて計算するという方法も意外と楽チン。どちらかというと、僕は封筒派だったり。

無料のネット家計簿「マネーフォワード」を使う

いつの間にか利用者がかなり増えている「マネーフォワード」というネット家計簿。これ、無料で使えます。しかも、銀行やクレジットカード、またまたアマゾンなどと連携して、ほぼ自動で資産状況や支出の状況を作り出してくれるから、かなり便利。

まさに、「簡単な家計簿のつけ方」を実現してくれる、無料のツール。自動っていうのは楽です。自動っていうのは。

ATM手数料無料の銀行口座を使い倒す

「新生銀行」みたいに、ATM手数料が無料の銀行を使う方法。家計簿というよりは、お金の管理方法に近いのがこれ。

給料日が来たら、まずは貯金するお金を貯金専用の口座に移動する。引き落とされるお金は、その口座に残しておくか、移動する。残ったお金は、一部は財布へ、残りは新生銀行みたいな「ATM手数料24時間無料」という銀行口座にぶち込む。

これをするとどうなるかというと、まず、貯金ができる。あとは、新生銀行に入っているお金だけでその月を乗り切ればいいってこと。

銀行口座はどこがいい?個人的なおすすめと、使い分け方も紹介

毎月の予算を決めておくとお金のやりくりが簡単に

「残ったお金で生活する」というのもいいけれど、「毎月~円で生活する」と決めておいて、新生銀行みたいな銀行でお金を管理するのもあり。

予算を守ろうとすると、自然に節約するようになるので、貯金効果もアップするはず。このとき、クレジットカードを使いすぎると本末転倒なのでご注意を。

やりすぎも大変だってこと

完璧主義の人は、家計簿も完璧にしたがる傾向があります。でも、ぶっちゃけ、意味がないか。完璧にやっても、利用価値がないのなら、家計簿をつけている意味がなくなってしまうんです。どうせなら、簡単にしましょうよ。もっと別のことに時間をたっぷり使ったほうがいいと思いますよ。

家計のやりくり上手になるために使っておきたいサービス・道具のまとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 家計管理と節約

おすすめの貯金本はこれ!「年収200万円からの貯金生活宣言」【Kindle】

僕が「貯金したい!」と思ったときに買った本の中で、実用的で勉強になったのは「年収200万円からの貯金生活」という本。「年収200万円」なんて、フリーターレベル。 …

家計簿をつけないことによって得られる自由について

どうも、「家計簿をつけるメリットとは」みたいな記事を書いておきながら、家計簿なんてつけていないケントマンです。 家計簿をつけるメリットというのを考えてみた 家計 …

旅行に行くとき、旅行代理店で申し込むとホテル代を節約できる

旅行に行くとき、目的地までの新幹線か飛行機のチケットを取って、宿も自分で手配する。僕は基本このスタイルでやっていたんですけど、これだとかなり損をしていることに気 …

家計のやりくり上手になるために使っておきたいサービス・道具のまとめ

家計のやりくり上手になり、お金を上手に管理するためには、「テクニック」も必要。あとは、自制心なんかも。自分をコントロールできないと、お金を自由にコントロールでき …

財形貯蓄とは何か?種類についてもザックリ

財形貯蓄とは、毎月の給料やボーナスから天引きで貯金できる制度。 ただし、財形貯蓄は、会社勤めの人にしか関係ありません。財形貯蓄は、銀行などの金融機関が法人向けに …

結婚しても財布を握らせない!お小遣い制を回避する方法

僕が考案した平等なお金の管理方法。どっちかが財布を握ると、だいたい不正が起きますからね。人間ですもの。 やり方をザックリ書くと、こんな感じ。 収入を二人で二等分 …

貯金できない人へ!お金が貯まる体質作り

貯金できない人には、ある程度の共通点がある。というか、貯金できない理由なんてシンプルに二つしか考えられない。 「貯金できない!」と悩むあなたには潜む問題点、そん …

毎月1万円貯める貯金方法!節約と家計管理で

「毎月1万円すら貯金できない・・・」 そんな悩みをお持ちじゃありませんか?貯金できない病にかかっている方は、意外と多いです。これは軽視できない問題。 そのうち、 …

貯金がない人におすすめしたい貯金術を紹介

貯金にはコツがあります。それなりの収入があれば何もしなくても貯金が増えていく人もいますけど、大抵の人は「お金があるなら、使っちゃおう!」ってなる。 「貯金がない …

貯金に目標と目的を設定するお金の貯め方

「なかなか貯金できない!」という方には、是非とも試して頂きたい。それが、「貯金に目標と目的を設定する」というもの。 貯金しているとわかるんですけど、何の目的も目 …