ケントマンのブログ

花粉症がひどいという理由で仕事を休むのはありなのか


杉並木

花粉症がひどい。鼻水とくしゃみが止まらない。喉がかゆい。耳の奥もかゆい。目がかゆすぎる。咳が出る。頭がぼーっとする。全体的に不快感がある。

花粉症のおかげで、「春が一番嫌いな季節」になっている僕。仕事にも行きたくない。できれば、雨の日以外は外出したくない。昔から花粉症だけど、年々ひどくなっている気がする。

そういえば、昨年は、花粉症が原因で仕事を早退して病院に行ったこともあった。この辛さは、花粉症の重症患者にしかわからない。

スポンサーリンク

花粉症が原因で仕事を休む

個人的には、休んでもオッケーだと思う

人間は、自分の物差しでしか世界を見れないものだ。軽度の花粉症患者は、自分の症状で「これが花粉症だ」と認識する。重症患者の気持ちなんて、全くわからない。これが現実。

僕は、なかなかの重症。なので、こう言える。

「花粉症がひどいなら、仕事休んでもいいじゃん!」と。

花粉症が原因で喘息になったこともあるので

昨年の話。咳が止まらなくなり、数日後には呼吸も苦しくなった。調べてみると、「花粉喘息」なるものもある模様。それに加えて、普段の花粉症の症状もあったので、仕事どころではなくなった。

仕方なく、早退の許しを得て、病院に直行。どうやら喘息っぽくなってたらしく、喘息の症状を抑える薬をもらって帰宅した。

花粉症というアレルギーの恐ろしさ

現状を見てもらえれば、意外とすんなり早退できた。花粉症が重症化してくると、本当にシャレにならないレベルの症状が出てくる。

ただ、症状には個人差がある。重症者もそんなに多くないのか、この辛さを共有できる人にはなかなか出会えない。

花粉症は、アレルギーだ。食物アレルギーの人が、アレルギーの発作を引き起こすものを食べると、命の危険がある場合もある。アレルギーは怖い。

今のところ、花粉症で死に至ったケースは聞いたことがないが、「辛い人には辛いものだ」という認識を、もっと多くの人が持ってもいいように思う。軽視されがちなのが、花粉症の恐ろしさの一つかもしれない。

花粉症で仕事を休む人もいるようだ

気になったので、ネットで調べてみた。知恵袋なんかを見ると、「花粉症がひどくて仕事休んだことあります」という書き込みもチラホラ。

「花粉症ではなく、風邪だと伝えた」という書き込みも目立ったのが、花粉症患者からすると、心苦しかった。

花粉症対策などほとんど意味がない

マスクとか、うがいとか、いろいろな対策。前の記事でも書いたけど、こういうの、個人的には全く意味がない。病院で処方してもらえる薬で、やっと効果があるレベル。

そこそこ重症な花粉症を抱えている僕が使っているグッズや対策

最早、「自己管理」のレベルではない。その辺も理解してほしい。

杉の木を焼き払いたい

花粉のシーズンが来ると、こんなことをよく考える。僕は、幸い、スギ花粉にしか反応しない。中には、スギも、ヒノキも、ブタクサも反応してしまう人もいるというのだから、恐ろしい。

「舌下免疫療法」なるもの、今年こそはやってみようかな。

スギ花粉症の舌下免疫療法とは? – ゆたクリニック

最近、最強クラスの薬でもあんまり効果実感できなくなってるし。

そこそこ重症な花粉症を抱えている僕が使っているグッズや対策

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 仕事

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

サービス残業!?残業代が払われないときにやっておくべきこと

電通の労災認定やらブラックな労働実態やらがやたら話題になっているけど、「ブラック企業はダメだ!」とかの議論をしても、主張をしても、何も変わらないと思う。 それが …

「サービス残業はおかしい」と思わないのだろうか

企業が率先して未払いの残業代を支払うようになった昨今(ごく一部の企業だけで、しかも、全て支払っているわけでもないのだが)。「残業代は支払うべきもの」という認識が …

おすすめの時間術の本まとめ。時間がないと嘆くあなたに【Kindle】

時間術を学べるおすすめの本たち 定番の時間術の本はやっぱりこれ 「レバレッジ時間術」は、スマッシュヒットを飛ばした、タイトル通りの時間術の本。ちょっと偏った時間 …

【仕事】給料は会社の経費だっていう今更なお話

給料とはどういうものか?なんて今更な話かもしれませんけど、これから社会人になるっていう若者達は毎年現れるので、やっぱり書きたくなる。 仕事をすれば、契約の通りに …

仕事を変える方法!タイミングと勇気が大切か

「仕事を変えたい」 ある日突然、そんな衝動に駆られることもあるのが社会人。仕事を変えるってことは、転職するということになるはず。独立・起業という道もありますが、 …