ケントマンのお金のブログ

株の財務分析の勉強ができるおすすめの本4選

文具を使う

株式投資でファンダメンタルズ分析をするなら欠かせないのが財務分析

ここでは、そんな財務分析の勉強に役立つ本を4冊紹介。

スポンサーリンク

財務分析の勉強ができる本はこれがおすすめ

スッキリわかる 日商簿記3級

財務分析をするには、決算書が読めることが大前提。簿記3級の勉強をしておけば、決算書のどこに何が書いてあるのかはだいたいわかります。

簿記の本はたくさんありますけど、この本はかなりわかりやすいのでおすすめ。

日本一やさしい「決算書」の読み方

簿記のテキストと合わせてこういう本を読んでおくと、決算書の中身が更に理解できます。

財務とは何か

「財務とは何か?」「何の役に立つのか?」という話から始まって、詳細な財務分析のやり方まで教えてくれる良書。

証券アナリストの「財務分析」テキスト

専門家が勉強する内容のテキストなので、内容はかなり専門的。詳細な知識も身に付けることができるので、証券アナリストの資格を目指してない人にもおすすめできます。

財務分析に慣れるためにやること

それは、数をこなすこと。これに尽きます。数をこなしていけば、計算も早くなってきますし、「決算書のここにこんなことが書いてある」というのもわかってくるので。

あと、自分で使いやすいようにエクセルなんかでテンプレ作るのも大事。作業効率を上げるためです。

財務分析だけに頼ってはいけない

会社には数字だけでは測れないポテンシャルがあるもの。「財務分析だけに頼らない」は、有名な投資家のアドバイスです。

それに、自分の分析が間違っている可能性も考慮する必要もありますし。

株式投資の勉強ができるおすすめの本たち

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

一味違う投資初心者の入門書「金持ち父さんの投資ガイド – 入門編」

「投資の入門書」なんて買うと、「株の買い方」とか「投資信託の買い方」とか「こういう投資があるよ」とか教えられるのが普通じゃありませんか? 僕が最初に買った入門書 …

バリュー投資が学べる本5選!株で勝ちたいなら

株価とは違う「企業価値」を見付け出し、適正価値と株価の離れ具合を見て利益を得ようとするバリュー投資。株は、空売りを除けば「安く買って、高く売る」というシンプルな …

リスクのない投資とはどんなもの?簡単に解説

ほとんどの人はリスクを嫌います。だから、投資を頭から毛嫌いする人もいるわけです。でも、「リスクのない投資」ができれば、そういうものがあるとすれば、投資に興味を持 …

投資の勉強方法!本やセミナーと経験で脱初心者を目指す

投資を8年くらい続けている僕。始めてから今まで、本当にたくさんのことを勉強してきたように思う。その経験から言えることは、「投資をするなら、本気で勉強したほうがい …

株を買うことの意味とは?株式投資と企業買収の話

そもそも株式とは何か。 株式とは、簡単に説明すれば「会社のオーナー権」です。つまり、株式を買うということは、会社(の一部)を買うということ。 普通、僕たちが買え …

株式投資の勉強ができるおすすめの本たち

もうすぐ株式投資を始めてから8年目に突入。最初は、右も左もわからなかったので、必死に勉強した。その甲斐あってか、今では満足ができる運用ができていると思う。 ここ …

投資全般に当てはまるメリットとデメリットのザックリしたまとめ

投資をするメリットとは何か お金面でのメリットはこんな感じ 銀行にお金を預けるよりもお金を増やせる可能性がある 給料以外の収入源になる可能性がある 上手くいけば …

ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】

ドルコスト平均法とは、株式や投資信託などを買う時に用いられる買い方です。 ザックリ言えば、「一気に買わないで、ゆっくり買おう」という買い方。 ドルコスト平均法の …

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

ナンピン買いは、投資における買い方の手法の一つ。漢字で書くと難平買い。よくドルコスト平均法と比較されている。 ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】 ナンピ …

ひふみ投信の特徴とメリット【投資信託】

ひふみ投信は、レオス・キャピタルワークス株式会社が運営する、日本の成長企業に投資するアクティブ型投資信託。日本を代表するような投資信託だけあって、運用実績もなか …