ケントマンのお金のブログ

株をやめたい!という人にはこの本を読んでほしい

FLY

株なんて、元々儲かるものじゃないんですよ。統計データによると、株式投資をやっている個人投資の平均損益はマイナスの結果。つまり、統計的に見ると、「株は損をするもの」ということです。

それなのに、たまに利益が出てしまう。だから、やめたいのにやめられない。パチンコや競馬と、同じような心理が働いてしまうわけなんです。

やり方がダメなのか?銘柄選びが上手くいってないのか?

そんなことを考えるのはやめましょう。どうせ、あなたは株じゃ稼げないんです。稼げないのなら、株にお金を使うのは、無駄遣いでしかないってことなんですよ。

スポンサーリンク

株式市場に参加すると「敗者のゲーム」に巻き込まれる

ここで、一つの本を紹介。タイトルは「敗者のゲーム」。株を始める前に必ず読んでおいたほうがいい本。多くの個人投資家が読んでいる名著。

敗者のゲームによると、「全てのものは、やがて平均に回帰する」ということ。

つまり、どんな投資手法を取っていようとも、どんな銘柄選びをしていようとも、いつかは市場平均に回帰する。

だから、株式投資をするなら、「市場平均(日経平均とか)に負けない投資」が大事だということです。「敗者のゲーム」というのは、そういうこと。負けないことが大事。勝者になる必要はない。それが、「株式市場に参加する」ということなんです。

敗者のゲームを読んでみて

僕はウォーレン・バフェットの投資手法に憧れて、めっちゃ勉強しました。でも、この本に出会ってから、「インデックスファンドでもいいんじゃね?」と思うようにもなりましたよ。

世界最高の投資家、ウォーレン・バフェットも、「インデックスファンドを買うこと」を勧めていますからね。実は。

バフェット、ピーター・リンチ、ジョージ・ソロス、などなど。偉大な人たちはたくさんいるし、そういう人の投資手法を真似したくなるのはわかりますけど、「敗者のゲーム」の理論、世界最高の投資家の助言が、「インデックス投資をしろ!」と語りかけてくるんです。

個別株式投資をやめるキッカケに

資産運用をやめる必要はないです。資産運用は、大事なことですからね。預金金利異常の利回りを模索するのは悪いことじゃありません。

でも、損するだけの株はやめたほうがいい。どうせやるなら、インデックス投資に切り替えたほうが良いんですよ、きっと。敗者のゲームを読んでしまうと、個別に株を買うことが、何だか馬鹿馬鹿しくなっちゃいますから。

インデックス投資のほうが魅力的に見えてきますから。あとは、敗者のゲームのアドバイスに従って、少額で実験してみればいいですよ。失敗しても大丈夫なくらいの資金を使って。

それでもダメなら、おとなしく投資から撤退すればいいです。投資よりも、定期預金のほうが、確実に普通預金よりもお金を増やせますからね。

ちなみに、インデックスファンドを買うということは、間接的に株を買うことにはなるんですけど、「市場平均を買う」というのは、ちょっと意味合いが違うので、あしからず。

株をやめても、投資を続けたいのなら

この本を読んでおくことをおすすめします。マジで勉強になる、投資業界に衝撃を与えたと言われる一冊。この本、僕の中ではダントツにベスト。

この本は、統計と確率的に投資を考えている、かなり面白い一冊。「敗者のゲーム」と合わせて読むと、あなたの投資手法をガラッと変えてしまうほどの威力があります。

株をやめたいけど、投資は続けたい。そんな人には、是非とも読んでほしい。

損をする投資にメリットはありませんけど、利益を出す投資にはメリットがありますからね。そういうのを模索するのは面白い。株だけが、「投資」じゃないんですから。

お金を増やすには?誰でも知ってるお金の増やし方

確実にお金を増やす方法!無リスクで安全なお金の増やし方とは

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

一味違う投資初心者の入門書「金持ち父さんの投資ガイド – 入門編」

「投資の入門書」なんて買うと、「株の買い方」とか「投資信託の買い方」とか「こういう投資があるよ」とか教えられるのが普通じゃありませんか? 僕が最初に買った入門書 …

個人向け国債の特徴!最低金利保証もあるが銀行預金並みに金利が低い

銀行などでよく見かける個人向け国債の特徴とメリットについて。 個人向け国債とは何か 個人投資家しか買えない国債が、個人向け国債。国債を買うと、日本にお金を貸して …

株式の単元数と単元未満株をわかりやすく解説

例えば、一株100円の株があったとする。しかし、証券会社でこの株を買おうとしたら、「100株から」しか買えないことに気付いた。 この「100株から」のような制限 …

高くて買えない株を買いたい!ってときの対処法とは

株式には単元数というものがあるので、「この株1000円じゃん!買おう!」と思っても、「え?100株からしか買えないだと!?10万円もするじゃんか!!!」なんてこ …

おすすめの株式投資の本!株をやるなら読むべし

株式投資を理解する為に是非とも読んでほしい本たち 会社法がよくわかる講座 いきなりこれ。「会社法」を学べる本。株をやるなら、「株ってどんなもの?どういう役割があ …

リスクのない投資とはどんなもの?簡単に解説

ほとんどの人はリスクを嫌います。だから、投資を頭から毛嫌いする人もいるわけです。でも、「リスクのない投資」ができれば、そういうものがあるとすれば、投資に興味を持 …

NISA(ニーサ)で投資家デビューを考えている人の危険な思考

最近やたらとNISAのCMが流れていますけど NISAの登場で、投資が身近になったと感じていませんか?もしかしたら、それはテレビでやたらCMが流れているからって …

インデックス投信について!市場平均を買うということ

素人は、特定の会社の株を買って市場に参入するよりも、市場平均と同じ動きをするインデックス投資信託(ファンド)を買ったほうがいい。 一部の著名人は、こういうアドバ …

株をやるメリットとデメリットは意外と単純なのかも

株には、メリットもあればデメリットもある。メリットを強調すれば「やりたい!」って人が増える一方、デメリットを強調すれば「株ってやっぱりやらないほうがいい」って人 …

「株で富を築く バフェットの法則」の感想

「世界一の投資家」と言われるウォーレン・バフェットの投資手法や銘柄選びなどをひたすら研究してまとめられているのが、株で富を築く バフェットの法則という本。 何度 …