ケントマンのお金のブログ

株の手数料を節約したい人におすすめのネット証券会社

パソコンを検索

株を買ったり売ったりするときには、手数料が掛かっている。株価の動きは目に見えるけど、売買手数料は意外と目に見えないので、あまり気にしていない方も多いんじゃないでしょうか?

しかし、株式取引のときに証券会社に支払う手数料というのは、会社で言う「経費」。経費を気にしないと、知らないうちに利益が圧迫されてしまう。そういうもの。

株の手数料は、どの証券会社を使うかで、大きく節約できるんです。株の手雨量を節約しないのなら、手数料の安い証券会社に引越すのが普通の手段。証券会社によって、手数料の特性に違いがありますから。株式投資のパフォーマンスを高めたいのなら、銘柄選びなども大事ですが、こういう気遣いも大事。

スポンサーリンク

株の手数料を節約するために使いたい証券会社

少額の株の取引なら「松井証券」が最強

老舗のネット証券、松井証券。株の手数料を節約するのなら、ここが最強かもしれません。だって、一日の約定代金が10万円までなら、手数料が無料ですからね。

つまり、一日10万円を超えて株の取引をしない方にとっては、大きな手助けをしてくれるわけです。

ただし、10万円を超えるようになってしまうと、そこまで安いわけではないので、あくまでも「少額投資」が条件ですね。

株の取引手数料が安いネット証券はどこだ?

ネット証券自体、手数料が安い証券会社が多め。そんな中でも、GMOクリック証券が一番安いのかと勝手に思っていた。(一日の取引金額が10万円に届かないなら、手数料無料の松井証券が最強)

僕が使っているSBI証券よりも株式取引手数料(現物)が安いから、「羨ましい!」と嫉妬していた次第。

でも、世界は広い。上には上がいる。

ブログのネタ用に証券会社ごとに現物の株式の手数料比較してたら、「ライブスター証券安いじゃん!!」という事実に気が付いた。

前にどっかの記事で書いたように、株式投資をするなら、できるだけ手数料が安い証券会社を使ったほうがいい(そんな僕は守ってないけどww)。

ライブスター証券の現物株式手数料、安いっす!僕みたいに乗り換えを面倒に思わない人なら、そっち使ったほうがいいんでね?

他にもネット証券はたくさんあるけど、ライブスター証券は群を抜いている模様。とりあえず、上で書いた証券会社とだけ手数料を比較してみることに。

※金額は税抜き

ライブスター証券の現物株式手数料

※新規口座開設後2か月間は手数料が無料になるキャンペーンもあるそうな。

1注文ごとの約定代金に応じた手数料コース(つどつどプラン)

  • 10万円以下 → 80円
  • 10万円超~20万円以下 → 97円
  • 20万円超~50万円以下 → 180円
  • 50万円超~100万円以下 → 340円
  • 100万円超~150万円以下 → 400円
  • 150万円超~300万円以下 → 600円
  • 300万円超 → 800円

一日の合計約定代金に応じた手数料コース(おまとめプラン)

  • 50万円以下 → 400円
  • 50万円超~100万円以下 → 600円
  • 100万円超~150万円以下 → 800円
  • 150万円超~200万円以下 → 1000円
  • 以降100万円超過ごとに400円ずつ増加

GMOクリック証券の現物株式手数料

1注文ごとの約定代金に応じた手数料コース

  • 10万円以下 → 88円
  • 10万円超~20万円以下 → 98円
  • 20万円超~50万円以下 → 241円
  • 50万円超~100万円以下 → 436円
  • 100万円超~150万円以下 → 528円
  • 150万円超~3000万円以下 → 834円
  • 3000万円超 → 889円

一日の合計約定代金に応じた手数料コース

  • 20万円以下 → 213円
  • 20万円超~30万円以下 → 278円
  • 30万円超~50万円以下 → 399円
  • 50万円超~100万円以下 → 797円
  • 100万円超~200万円以下 → 1167円
  • 200万円超~300万円以下 → 1537円
  • 以降100万円超過ごとに269円ずつ増加

使い方によってはライブスター証券よりも安い!

税込み価格から割り戻して算出している為、金額が微妙に違っているかも・・・。
※公式サイトが税込み表示だった為

SBI証券の現物株式手数料

1注文ごとの約定代金に応じた手数料コース(スタンダードプラン)

  • 10万円以下 → 139円
  • 10万円超~20万円以下 → 185円
  • 20万円超~50万円以下 → 272円
  • 50万円超~100万円以下 → 487円
  • 100万円超~150万円以下 → 582円
  • 150万円超~3000万円以下 → 921円
  • 3000万円超 → 973円

一日の合計約定代金に応じた手数料コース

  • 10万円以下 → 96円
  • 10万円超~20万円以下 → 191円
  • 20万円超~30万円以下 → 286円
  • 30万円超~50万円以下 → 429円
  • 50万円超~100万円以下 → 762円
  • 以降100万円超過ごとに269円ずつ増加

こうしてみると、そんなに安くないじゃん!

松井証券の現物株式手数料

一日の合計約定代金に応じた手数料コース(これしかない)

  • 10万円以下 → 無料
  • 10万円超~30万円以下 → 300円
  • 30万円超~50万円以下 → 500円
  • 50万円超~100万円以下 → 1000円
  • 100万円超~200万円以下 → 2000円
  • 以降100万円超過ごとに1000円ずつ増加
  • 1億円超過 → 10万円

一日10万円までしか取引しないのなら無料なのはいいんだけど、それを超えると結構高い。

証券会社は手数料ビジネスと言われる

証券会社は、お客さんにできるだけ多く取引してもらって、手数料を稼ぐビジネス。そういう側面が強いようです。その為か、証券会社のマイページには銘柄ランキングが並んだり、取引ツールを充実させたりして、積極的な売買を促しているようにも見えます。

以前の記事でも書きましたけど、株で儲かる人というのは、結局は個人投資家ではなく、こういう仕組みを支配している証券会社のようなところなのかもしれません。

株で本当に儲けるのは投資家じゃないかもしれない

株の取引手数料を節約したいのなら、ライブスター証券を

少額の取引しかしないのなら、松井証券のほうがいい。松井証券の手数料無料条件にマッチングしないのなら、ライブスター証券で手数料を節約するべし。

ライブスター証券

株を買うことの意味とは?株式投資と企業買収の話

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - 投資

長期投資に向いている銘柄はどんな株?を解説

長期投資に向いている銘柄とは ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアム、フィリップ・フィッシャー。こういった「賢明な投資家」と呼ばれる偉大な投資家は、基本 …

個人向け国債の特徴!最低金利保証もあるが銀行預金並みに金利が低い

銀行などでよく見かける個人向け国債の特徴とメリットについて。 個人向け国債とは何か 個人投資家しか買えない国債が、個人向け国債。国債を買うと、日本にお金を貸して …

一味違う投資初心者の入門書「金持ち父さんの投資ガイド – 入門編」

「投資の入門書」なんて買うと、「株の買い方」とか「投資信託の買い方」とか「こういう投資があるよ」とか教えられるのが普通じゃありませんか? 僕が最初に買った入門書 …

株の買い時!利益を得る為のタイミングを語る

株式投資が大好き。20歳の頃から始めた。リーマンショックの後なんかは、それなりの利益を叩き出した。今でも、いい感じにお金を増やしてくれている気がする。悪い時もあ …

株価を予測することは不可能!「まぐれ」に惑わされるな

将来の株価を完璧に予測することなど、絶対にできない。ある研究チームが、こういう結論を出したと、ウォーレン・バフェットの本に書いてありました。 株で富を築くバフェ …

みんなのクレジットの特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

みんなのクレジットは、クレジットカードみたいな名前ですが、ソーシャルレンディングの会社。 ソーシャルレンディングをやってみたい人向けにやり方やメリットを紹介 い …

クラウドバンクの特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

クラウドバンク(日本クラウド証券)がやっているソーシャルレンディングの特徴とメリットについてまとめてみました。クラウドバンクは、一万円からソーシャルレンディング …

株を買うことの意味とは?株式投資と企業買収の話

そもそも株式とは何か。 株式とは、簡単に説明すれば「会社のオーナー権」です。つまり、株式を買うということは、会社(の一部)を買うということ。 普通、僕たちが買え …

株の初心者が勉強すべき事と勉強が必須な理由

株の初心者が勉強すべきことは、「チャートの読み方」とか「必勝法」以前に、「株式はどういう仕組みなのか?」や「株価はどっやって決定されるのか」といった、「ルール」 …

投資と消費と浪費の違いとは

お金の本などでよく出てくるこれらの違いを簡単に解説。「これを知ってるから何?」という話ではあるんですけど、まあ、意識改革の一環として使えなくもないので、サラッと …