ケントマンのお金のブログ

株の損切りのタイミングを決める基本テクニック「逆指値注文」の使い方

裁ちばさみ

株をやっていて、「これ以上損をしたくない!」というときに使われるのが「損切り」というテクニック。

今回は、「損切り」の基本的なやり方を紹介。

スポンサーリンク

損切りのタイミングを決めておく「逆指値注文」

「逆指値注文」とはどんなもの?

まずは、通常の「指値(さしね)注文」について。

例えば、ある会社の株を100円で一株買っているとします。このとき、「110円になったら売って下さい」みたいに、「ここまで株価が上がったら売る」という注文を出すのが、通常の指値注文。

逆指値注文は、これと逆のことをやります。

逆指値注文はこうやって使う

先程のケースで解説します。

100円で買った株を「ここまで上がったら売る」という注文を出すのが、通常の指値注文。

一方、逆指値注文は、「100円で買ったけど、80円になっちゃったら売る」のように、「ここまで下がったら売る」という注文方法。

つまり、「これ以上は損をしたくない!」という損切りに使えるんです。

損切りのタイミングの決め方

経験上、損をすることを恐れて逆指値注文(売り)を高めに設定してしまうと、結構な頻度で「損切り」されてしまうので、売却損と手数料で、資産が減りやすい。

世界最高の投資家であるバフェットさんは、「株価が半分になっても冷静でいられるほどの落ち着きが大事」みたいなことを語っていたので、あんまり神経質になるのはよくないと思われる。

人は損失を異常なほど嫌うもの

「行動経済学」という分野が証明してくれています。人は、利益を得る喜びよりも、損失を出す苦しみのほうにかなり強く反応すると。

つまり、儲けるよりも、損するほうがずっと刺激的ってこと。

「なかなか損切りできないで、損失はどんどん膨らんでいく。利益確定も早いので、通算だと損失のほうが大きい」ということになる人も多いという話も。

損失が出ている状態で株を売ってしまうと、人間の嫌いな「損失」を確定することになりますからね。「塩漬け」なんて言葉もあるように、損切りが大事な場面も必ずあるってこと。

何を信用すればいいのか

さっき書いたことは、バフェットさんのアドバイスと逆行するところもありますよね。

正直、「ケースバイケース」なので、「バランスが大事」としか言えない。株の世界って、そういうもんなんです。

株価が下落したら戻ることもあれば、戻らないこともある。見極める力を付けることで、投資能力は上達していくかもしれない。

分散投資はやっぱり大事

過剰な分散は無駄らしいけど、適度な分散は必要とのこと(バフェットさんの書籍より)。

資金をいくつかの銘柄に分散させると、「あっちが下がったけど、こっちがそれ以上に上がった」なんてことが起きるので、投資ポートフォリオのバランスを保ちやすい。

「損切りはしないほうがいい」という意見もあるけど、本当に「ヤバイ!」と思ったら売ったほうがいいときもある。

逆指値注文という方法は一応あるけれど、株式投資暦7年の僕は、ぶっちゃけ使ったことがないです。どうするかは、本当にあなた次第。「こういう注文方法もある」程度に、頭の中にでも入れておいて下さい。

株の買い時!利益を得る為のタイミングを語る

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - 投資

株価が大きく下落した場合の対処法と暴落の原因

どうも、先週久しぶりに株価が大きく下落してテンションが上がってたケントマンです。 株式市場に参加していると、たまにああいった「大きな株価下落」に遭遇することがあ …

株をやめたい!という人にはこの本を読んでほしい

株なんて、元々儲かるものじゃないんですよ。統計データによると、株式投資をやっている個人投資の平均損益はマイナスの結果。つまり、統計的に見ると、「株は損をするもの …

クラウドバンクの特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

クラウドバンク(日本クラウド証券)がやっているソーシャルレンディングの特徴とメリットについてまとめてみました。クラウドバンクは、一万円からソーシャルレンディング …

一味違う投資初心者の入門書「金持ち父さんの投資ガイド – 入門編」

「投資の入門書」なんて買うと、「株の買い方」とか「投資信託の買い方」とか「こういう投資があるよ」とか教えられるのが普通じゃありませんか? 僕が最初に買った入門書 …

インデックス投信について!市場平均を買うということ

素人は、特定の会社の株を買って市場に参入するよりも、市場平均と同じ動きをするインデックス投資信託(ファンド)を買ったほうがいい。 一部の著名人は、こういうアドバ …

「株式投資の学校」の無料体験学習会に参加したので感想でも

ファイナンシャルアカデミーがしょっちゅう開催している「株式投資の学校・体験学習会」に参加してみました。 先日、同じくファイナンシャルアカデミーが開催している無料 …

株の勉強ができるおすすめのセミナー!無料体験も

株の勉強は本でも十分にできますけど、独学じゃわからないこともありますよね。 そんなときに役に立つのがセミナー。セミナーにも良し悪しはあるので、しっかり見極めたい …

投資と投機の違いって何?投資とギャンブルの見分け方

投資をやっていないと縁もゆかりもないであろう「投機」という言葉。投資をやっているといつかめぐり合う「投機」という言葉。経済系のニュースで「投機マネーが流れ込んで …

おすすめの株式投資の本!株をやるなら読むべし

株式投資を理解する為に是非とも読んでほしい本たち 会社法がよくわかる講座 いきなりこれ。「会社法」を学べる本。株をやるなら、「株ってどんなもの?どういう役割があ …

投資成績の良し悪しを知りたい?利益じゃなくて「利回り」を

「株で2000万円儲かった!」という話を聞くと、「株って凄いな!やりたいな!」と思いませんか? でも、あんな感じの自慢話は、基本的に「儲かったときのこと」しか言 …