ケントマンのブログ

株で本当に儲けるのは投資家じゃないかもしれない


kabumouke

株は、年単位で持っていないと投機になってしまうと言われている。ゼロサムゲームに参加することになると言われている。どんなに上手くやろうとしても、長い目で見ると「平均に回帰する」と言われている。

そんな株の世界で儲けることはできるのか?もしかしたら、儲けることができるのは投資家じゃないかもしれない。

スポンサーリンク

株で本当に儲ける人たちは、こういう人たち

証券会社が儲ける。投資家はカモになる

「株で本当に儲ける人たち」で一番に考えられるのはこれ。証券会社。証券会社は、市場の動きとかそんなに関係ない。お客さんが売買してくれれば、手数料がどんどん入ってくる。信用取引をしてもらえば、利息を受け取ることができる。証券会社は、市場の動きによって儲けたり損をしたりする市場参加者とは違い、お客さんが取引してくれれば儲かる。まあ、市場に悲観論が蔓延すると、取引が減るので、その辺の影響は考えられますけど。

証券会社は上手くやっている

無料でセミナーを開いて、「こういう株がこれから来る」とお客さんに教え、やる気を維持させたり、「値上がりランキング」を公開して心理的に弱いトレーダーを取引に巻き込もうとしたり。または、いろんな投資商品を取り揃え、お客さんに「これなら儲けられるはず」と思わせたりと、戦略がしっかりしている。市場にカモにされているのではなく、証券会社にカモにされている投資家は意外と多いかもしれない。

ノウハウを売ることで儲ける。市場は関係ない

「上手くやれば株で大儲けできるはず。何かやり方はないか」と無謀な旅を続けている人はたくさんいる。そういう人たちをカモにする。ノウハウを売って儲ける。そんな人たちも、市場の動きとか関係なしに、着実に儲けを出しやすい。その中でも競争はありますけど。答えは見付かりにくいものなのに、ノウハウを求める人、パターンを探す人は後を絶たない。まあ、株をやり続けていれば、テクニックとか関係なしに、「たまたま」大儲けできることもある。そういうのを待つのもいいとは思いますが。

結果と手法の因果関係は難しい

ノウハウっていうのは、厄介。ノウハウを実行する。結果、上手くいく。でも、ノウハウが良かったから上手くいったのか、それとも、たまたま偶然そのタイミングで上手くいったのか。ノウハウを実行したことが結果にどの程度の影響を与えたのか?この辺の因果関係を計測するのは難しいし、そういう疑問を持つ人はそんなに多くない。上手くいけば「才能だ」と勘違いし、上手くいかないと「運が悪かった」と思い込む。これが一般的なパターン。だからこそ、ノウハウを売るビジネスは廃れない。

株でカモにならない為にどうするか

株の短期売買による投機を行うと、ゼロサムゲームで「平均してゼロ」になる。そこに手数料がかさんだり、税金が絡んだりすると、「平均してマイナス」になる。まあ、平均してなので、短期的に見るとばらつきがあるわけで。そこを「才能」と勘違いする人も多い。勉強の為に本を買ったり、有料のセミナーに参加したりすると、費用がかさむので、マイナスの幅が大きくなる。市場を出し抜こうとしても、長い目で見ると「平均に回帰」してしまう。しかも、「お金が必要になった」という理由で市場からお金を引き上げる個人投資家は多いので、平均の利回りさえ手に入らなくなる個人投資家は多いそう。

カモになりたくないなら、「株はやらない」っていうのが一番なんでしょうね。NISAとか、いろんなキャッチコピーに騙されるのはやめたほうがいいような。儲けるのは、基本的に自分じゃないんですから。

投資は儲かるの?投資は儲からないの?投資の真実

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 投資

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

配当割引モデルを使って適正株価を判定!「投資価値理論」

投資を極めようと頑張っていたら、証券アナリストの勉強まで始めてしまいました。どうも、ケントマンです。 株価の「安い・高い」の判定って難しいですよね。そんなときに …

株の初心者が勉強すべき事と勉強が必須な理由

株の初心者が勉強すべきことは、「チャートの読み方」とか「必勝法」以前に、「株式はどういう仕組みなのか?」や「株価はどっやって決定されるのか」といった、「ルール」 …

バークシャー・ハサウェイの株式を購入する方法

世界一の投資家ウォーレン・バフェットと、その相棒チャーリー・マンガーのタッグが有名な投資会社(保険会社?)バークシャー・ハサウェイ。 バフェットのことを知ってい …

投資信託(投信、ファンド)とは何か

投資信託(ファンド)とは、簡単に言うと、「いろんな投資家からお金を集めて、代表者がそのお金を運用するもの」という感じ。投信なんて言葉もありますが、投資信託を略し …

リスクの意味とは?投資をするなら絶対に知っておくべきこと

投資をやっていると、やたらと「リスク」という言葉を目にする。リスクの意味とは何なのか? 統計学の勉強をしたり、証券アナリストの勉強をしているうちに、リスクの意味 …