ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

過払い金請求とグレーゾーン金利の関係


グレーゾーン金利とは、法改正前の出資法利息制限法の間の金利のこと。

利息制限法の上限金利は、融資額に応じて年利15%~20%。一方、法改正前の出資法の上限金利は年利29.2%

つまり、グレーゾーン金利とは、「出資法だと年利29.2%まで利息を設定できちゃうから、利息制限法の上限を超えて利息を設定して、お客に融資しちゃえ!」という概念から生まれた金利。

最近流行っている過払い金請求の仕組み

グレーゾーン金利は何かと問題になり、裁判に発展。

最高裁判所の決定により、「貸金業者は、利息制限法を超えて受け取っていた利息を顧客に返還しなくてはならない」という決定を下します。

テレビCMや電車広告なんかでやたらと謳われている過払い金請求というものは、この「利息制限法を超えて支払われた利息(お金)の返還」を手助けしてくれるものってことです。

成功すれば、弁護士や法律相談所にマージンが入るので、これで頑張って稼いでいるみたいですね。

法改正後に借りた人には関係ない

残念ながら、全ての借金で過払い金請求ができるわけではないですよね。法改正された後の、しっかりした利息を支払っている場合は、過払い金なんてありませんから。

悪徳業者ならともかく、まともな貸金業者(消費者金融など)は、不正なんかしてないと考えられます。グレーゾーン金利で顧客からお金を取りすぎて、痛い目にあってるわけですし。

過払金請求で消費者金融などは大打撃

少し闇のあるテレビCMで話題だった武富士なんかが消えていったのも、過払い金請求のせいなんだとか。

武富士に限らず、多くの消費者金融などは大打撃を受けたそうな。

しかし、これも過去の話で、最近では生き残った消費者金融は、ガンガン頑張ってる感じですけど。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - 借金

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/20