ワイクラ

上手なお金の使い方を身に付けるために学んでおきたいこと

スポンサーリンク

キャリアアップの勉強に使った1万円も、キャバクラで使った1万円も、同じ1万円。前者は、これからの収入アップなどに繋がる可能性がありますよね。

ところが、キャバクラに1万円使っても、そのときは楽しい時間を過ごせるでしょうが、その後は何も残らないと考えられる。1万円で洋服を買ったら、洋服が残る。

お金というのは、使い方次第で何かが残ったり、何も残らなかったり、将来に繋がったり、新たなお金に繋がったりするわけです。生涯で稼げるお金には限りがあるわけですから、「お金の使い方」がいかに重要なことか!あなたのお金の使い方、後悔はないでしょうか?

そこで、上手なお金の使い方を身に付けるために学んでおきたいことを紹介します。上手なお金の使い方を羅列しないのは、魚を与えるより、魚の釣り方を教えたほうがいいと思うから。そのほうがあなたのためになると思うんですよ。

上手なお金の使い方を身に付けたいなら

まず、金持ち父さんの考え方を学んでみる

なぜ「金持ち父さん」なのか。簡単に言うと、「金持ちはお金の使い方が上手いから」です。金持ちの考え方を学ぶのに、金持ち父さんシリーズの本は適しているからです。

お金持ちは、どんなお金の使い方をしているのか。貧乏な人と何が違うのか。金持ち父さんを読んでいると、「お金」に対する認識がかなり変わるはず。僕たちは、大事な「お金」についてちゃんと教わらないわけですから、得られることが多いってわけです。

ワイクラでは、おすすめの金持ち父さんシリーズの本を以下の記事で紹介しているので、気になったものを読んでみて下さいな。

※関連記事
お金持ちになりたいあなたが読んでおきたい本まとめ

貯金の仕方を勉強してみる

貯金の仕方を学んで、実際に貯金する習慣を見に付けてみましょう。貯金する習慣ができあがると、「これを買うんだったら、貯金したほうがいいな」という判断ができるようになるので、これからのためにお金を残しておく意識が芽生えてきます。

いざというときに、貯金があるのとないのとでは、安心感が違う。貯金の仕方を本で学ぶのもいいですけど、ファイナンシャルアカデミーがやっている「お金の教養講座」という人気の無料セミナーで学んでみるのもおすすめ。

※公式サイト
お金の教養講座

貯金方法を学べる本は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

※関連記事
貯金の仕方を勉強できる2冊の本を紹介しようじゃありませんか

投資について勉強してみる

投資にはリスクがあるので、それを承知でやってみたい人向け。

世界最高の投資家で、世界有数の大富豪であるウォーレン・バフェットは、大富豪でありながら、質素な暮らしをしていることで有名。彼曰く、「それにお金を使うくらいなら、投資したほうがいい。投資したら、将来的にいくらになると思う?」ってことらしい。

「使うか、投資するか」という考え方が見に付くと、無駄遣いも減りそうですよね。僕なんかは、株式投資をやっているので、もっと株を買うために、「これ買うなら、投資に回そう!」なんて考えることもあります。いつもじゃないけど。

「投資」という選択肢があると、「これに使うなら、投資したほうが将来的に有利だな」という考え方もできるってことです。これについては、貯金でも同じ。

※関連記事
【おすすめの本】株式投資をするなら読んでおきたい本たち

行動経済学を知ると、ちょっと楽になる

人間は、完璧じゃない。賢い人が、いつも合理的な選択をしているわけじゃない。お金には、魔力があると言われますよね。正にその通りで、行動経済学という分野を学んでみると、「いかにお金が人を惑わすか」がわかってきます。

人の感情は、お金に強く反応する。だから、賢いはずのあなたでも、合理的なお金の使い方ができないときもあるんだと。そういう側面があることを知っておくのは、自分にも「隙」があると知ることになるので、お金の使い方の判断をするときに役立つはず。

それに、人は感情で動いた後に理屈で行動を正当化する生き物なので、やっぱり「自分は完璧じゃない」と知っておくのは、かなり重要だと考えられるわけです。

行動経済学と聞くと難しそうだと感じるかもしれませんけど、そうでもない。この分野は面白いし、行動経済学のベストセラー本「予想どおりに不合理」なんかは専門用語がほとんどなく、誰でも行動経済学を学べるようになるので、読んでみるといいですよ。

お金を使うとき、「相対的に」判断できるか

「キャバクラに行くなら、欲しかった洋服を買ったほうがいいな」とか「高いレストランに行くくらいなら、住宅ローンの繰り上げ返済しようかな」みたいに、「これやるなら、こっちのほうがいい」という判断ができると、「上手なお金の使い方」が可能になるんじゃないかと、僕は思っています。

常にそういう判断をするのって、意外と難しい。まあ、できるだけ冷静にいましょうってことなんですけど、それがやっぱり難しい。

知識は、冷静な判断をするための手助けになってくれるかもしれないので、将来のお金のことを考えるのなら、お金について学んでおくべきなんだと思いますよ。

賢いお金の使い方と賢くないお金の使い方の考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - お金

  関連記事

過払い金請求とグレーゾーン金利の関係

グレーゾーン金利とは、法改正前の出資法と利息制限法の間の金利のこと。 利息制限法の上限金利は、融資額に応じて年利15%~20%。一方、法改正前の出資法の上限金利 …

財形貯蓄とは何か?種類についてもザックリ

財形貯蓄とは、毎月の給料やボーナスから天引きで貯金できる制度。 ただし、財形貯蓄は、会社勤めの人にしか関係ありません。財形貯蓄は、銀行などの金融機関が法人向けに …

お金持ちと貧乏人の違いはここに!「金持ち父さん貧乏父さん」

お金持ちになりたくて仕方がない。 そんな僕が本気でお金に興味を持つキッカケになったのが「金持ち父さん貧乏父さん」という本。これ、読んだほうがいいと思う。いや、早 …

お金の流れを作る方法を学べる本「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」は、前に紹介した「金持ち父さん貧乏父さん」の続編。「お金持ちになる方法」を学びたいのなら、こっちのほうがおすすめ …

社会人なのにお金の知識がないのはヤバいでしょ

お金の知識は学校じゃ教えてもらえない 社会人になると、お金を扱う機会がビックリするほど増えますよね。時には、「住宅ローンを組む」みたいな大きな決断をすることもあ …

お金を増やすなら銀行?投資信託?株?FX?何がいい?

お金を増やすならどれがいい?これの回答については、様々な意見があります。そんな中から、著名人や有名な本の意見を紹介します。 世界一の投資家、ウォーレン・バフェッ …

お金について学ぶなら「ファイナンシャルアカデミー」で

お金について学ぶには、自分で学べる場所を探すしかないのがこの世の中。資本主義社会なのに、おかしいですよね。 そんなときに役立つのが「ファイナンシャルアカデミー」 …

お金がないときの対処法!すぐにお金が欲しいときのノウハウ

お金がないときにやるべきことは、「一時しのぎ」と「改善」の二つだと思う。 ここでは、僕が知っている限りの、すぐにお金がほしいときに役立つ、一時しのぎのテクニック …

実際に「副収入」という収入を手に入れてみて感じていること

株で結構稼いでみたり、FXに手を出して失敗してみたり、ちょっとだけネットワークビジネスに参加して失望してみたりしながら、去年から「安定した副収入」がようやく手に …

国民年金を滞納していたら督促状が来た話

一時期無職の時期があり、金欠だったので、「お金が入ったら払えばいいや」という気持ちで、国民年金を未払いの状態で数ヶ月放置していたことがある。 すると、年金の督促 …