ワイクラ

映画「インデペンデンス・デイ」の続編と前作との違いをまとめてみる

スポンサーリンク

「インデペンデンス・デイ」は、好きな映画。その続編「「インデペンデンス・デイ – リサージェンス」をやるいうので、観てみた。

この続編、映画単体としては面白かったです。でも、「インデペンデンス・デイ」の続編だよ!と言われると、「ムム!」と思うことも多かった。

続編の「インデペンデンス・デイ – リサージェンス」について思ったこと

戦闘シーンが「スター・ウォーズ」みたいになってた

前作の「普通の人類の軍隊 VS スターウォーズ級の文明を持ったエイリアン」という構図が面白かったんですよ。僕の中では。

その点、続編の「リサージェンス」のほうは、前作で手に入れたエイリアンの科学力を使っているため、戦闘シーンがスター・ウォーズみたいになってます。

前作よりも美男美女が多い

前作は、「おっさんと熟女」とが多かった印象(酔っぱらい英雄の子供は除く)の映画でしたけど、続編では若い美男美女が増えてます。

特に、成長した大統領の娘役の女優さん可愛すぎ。

「独立記念日」の重要性

タイトルを和訳すると、「独立記念日」になるわけです。前作では、決戦の日がたまたまアメリカの独立記念日で、「この日を、単なるアメリカの独立記念日ではなく、人類の独立記念日にするのだ!」というノリだったわけです。

ところが、「リサージェンス」のほうでは、敵が来たのは独立記念日だし、ちょろっとだけ独立記念日を意識している場面はあるんですけど、基本、独立記念日関係なくなってます。

だって、独立記念日についてちょろっとしか触れないんだもの。

「エイリアン」の要素が強くなってた

続編では、「クイーン(女王)」が出てきたりと、あの名作シリーズ「エイリアン」のパクリかと思われるような部分がありました。

「クイーン」はいかんだろ、「クイーン」は。

白髪の博士が生きてた・・・

個人的に一番気になったのは、これ。前作で絶対に死んだと思ってた、エリア51にいた白髪でロン毛の博士。

あの人、何故か生きてました。なんか、これには物凄い違和感を覚えた僕である。

まだ続編ありますよ!感がハンパない

「リサージェンス」を観ればわかると思いますけど、まだ続編をやる気満々みたいです。終わり方が完全にそんな感じです。

次は、人類がエイリアンの本拠地を攻撃する気みたいです。

前作は、続編なんて考えてなさそうな終わり方だったのに・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - エンタメ

  関連記事

ローリングストーンズの名曲が詰まったアルバム、ベスト盤

「ビートルズのライバル」とまで言われたローリングストーンズ。ビートルズはとっくに解散しちゃってますけど、ストーンズは未だに現役。凄いおじさん(おじいちゃん?)達 …

【小説】「夢をかなえるゾウ2 – ガネーシャと貧乏神」がやっぱり面白い!

前作よりも自己啓発要素が薄くなり、小説感が強まった印象。 【小説】「夢をかなえるゾウ」が面白い!感想書いてみます やっぱり、面白かった!! 「夢をかなえるゾウ2 …

ビートルズの名曲が網羅できるアルバムを紹介

本気の音楽好きなら誰もが通るであろうビートルズ。解散から何十年も経った今でもテレビからビートルズの曲が流れてくる程の凄い人たち。 ビートルズの音楽というのは、当 …

【小説】「夢をかなえるゾウ」が面白い!感想書いてみます

「夢をかなえるゾウ」のあらすじをザックリ 主人公の前に突然ゾウの化け物が現れる ゾウ(ガネーシャ)が主人公に「成功の秘訣」を教えていく ザックリ説明するとこんな …

音質かコスパか。人気のイヤホンをおすすめしてみる

イヤホンって、「どれを選ぶか」によって音質がかなり変わります。良いイヤホンで音楽を聴くと、「マジか!音キレイやん!」という感じになるんですよ。いや、本当に。 音 …

これが傑作!面白かった映画をおすすめしてみる

個人的に印象に残っている面白かった映画をまとめて紹介してみる。あくまでも個人的に面白かったやつ。 映画探しの参考にでもなればと。この記事は、面白い映画を見付ける …

今まで読んだ中で一番後味が悪い小説はこれだった

「悲しみのイレーヌ」という小説。ちっちゃい警部が主人公。フランスの人が書いた小説だったかな。 「悲しみのイレーヌ」について 終わり方がこれ以上ないほどの後味の悪 …

作曲のやり方は入門書で学んだ!初心者が作曲するまでの過程

もう10年前くらいの話です。僕が作曲のやり方を学んだのは。どうも、ケントマンです。 ギターを始めてから一年ほど経過すると、「オレも作曲したい!」という願望が芽生 …

ブラック企業で働く若者が主人公の小説が爽快で面白かった

「ちょっと今から仕事やめてくる」という小説。これ。 新卒でブラック企業に就職してしまい、地獄のような日々を送っている若者の物語。「入社して6ヶ月じゃ辞められない …

多重録音ができる機材「MTR」を使って自宅でレコーディングしてた頃

昔はよくオリジナル曲を作ったりしてたなぁ。どうも、ケントマンです。 「オリジナル曲作ったけど、どうやったらいい感じに録音できるかわからない!」という方、「MTR …