ケントマンのブログ

サラリーマンの副業が禁止される理由も分かる気がする


勉強

サラリーマンの副業は禁止!そういう会社は意外と多いですよね。当時の僕は、「なんでそこまで自由を奪うんだろう?」なんて思ったりもしましたけど、実際に副業で稼いでみると、その理由も何となく分かる気がしてきます。

そして、会社の給料に頼りきるのって、なかなか不自由なことなんだなぁ、とも。

副業は禁止されるべきか

まあ、そんなことを議論しても仕方ないでしょう。そんなの、会社の自由です。勝手にやればいい。禁止されているのに副業するのも、本人の自由です。解雇されてもいいのなら。

この問題について、会社側に立って考えてみると、何となく理解できると思いません?

従業員に従順に働いてもらうためには、会社の給料に頼りきりになってもらわないと困るんです。

従業員よ、従業員であれ

従業員は、従う生き物。だって、本人の生活もかかってますからね。下手に逆らって解雇されるわけにはいかないんですよ。

それに、会社のビジネスを計画通りに動かすには、計画通りに動いてくれる従業員が必要。逆らう人がたくさんいるようでは、大事なプロジェクトが進まない可能性だってあるし、そもそも、日常業務だって普通に行えないかもしれない。

「会社の給料で生活してもらう」という制約を与えることで、会社は会社として機能できるのかもしれません。まあ、経営者の方針にもよりますけどね。

副業収入が入ってくると、ゆとりができる

何のゆとりか?まずは、文字通り、経済的なゆとりができます。毎月5万円とかでも、サラリーマンの生活の質はそれなりに向上するでしょうよ。

そして、厄介なのが、「心のゆとり」ができてしまうこと。

毎月5万円ぽっちの副業収入ならいいんですよ。お小遣い程度ですから。でも、これが10万円を超えて、数十万円の領域に達してくると、「別に、会社クビになってもすぐには困らないし~」という余裕が出てくる。

優秀な社員にこんな心のゆとりを持たれてしまったら、会社としては大きな損失になってしまうかもしれません。特に、小さな組織なんかでは、大打撃かもしれません。

まあ、行動は人それぞれか

とは言っても、誰しもが気持ちが大きくなり、会社に反抗するようになるとは限りません。そこは、やっぱり、人それぞれとしか言いようがない。

アフィリエイトで総額2500万円稼ぎながら、普通に会社員として働き続けている人もいる。給料と同じ分の副業収入がありながら、普通にサラリーマンを続けている人もいる。

でも、こういう人達って、「別に、すぐに辞めても困らない」という収入を持っているので、ある意味「選択肢が多い」とも言えますよね。給料がなくなることに、ビクビクしなくていいんですから。

給料以外で稼げれば人生の選択肢は増える

会社の給料に頼りきりになるのも悪くない。安定して稼げますからね。でも、もし、給料以外で稼ぐことができたら、会社に依存する必要がなくなるかもしれない。

会社が副業を禁止する理由は、こういうところにあるんでしょうね。多分。従業員にはしっかり働いてほしいと思うのは、当然。

ちなみに、確定申告で上手くやれば会社に副業がバレる心配が少なくなるみたいですけど、バレるときはバレるみたいなので、慎重にやったほうがいいです。

脱社畜!本業と副業を両立させるメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 仕事

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

仕事をする理由なんてこれだけで十分なんじゃないか

何の為に仕事をしているのだろうか・・・。ふとしたときにそんな思いに浸ってしまうのは、恐らく誰でもあること。本当は別の生き方をしたいのに、できない。 やりたくもな …

ビジネス書は役に立つは勘違い?なぜビジネス書は間違うのか

僕のようなビジネス書好きだった人間を一瞬にして「ビジネス書はもういいや」という人間に変えてしまう驚異の一冊。それが「なぜビジネス書は間違うのか」という本。 どう …

ブラック企業で働く若者が主人公の小説が爽快で面白かった

「ちょっと今から仕事やめてくる」という小説。これ。 新卒でブラック企業に就職してしまい、地獄のような日々を送っている若者の物語。「入社して6ヶ月じゃ辞められない …

サービス残業!?残業代が払われないときにやっておくべきこと

電通の労災認定やらブラックな労働実態やらがやたら話題になっているけど、「ブラック企業はダメだ!」とかの議論をしても、主張をしても、何も変わらないと思う。 それが …

社会人になるのが不安すぎる!という学生の人へ

「学生」というステージと、「社会人」というステージは確かに違う。社会人になってみると、これを痛感することになる。 そういう変化を不安に思うのは、誰しも同じ。多分 …