ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

不動産投資の勉強!セミナーでプロから学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

混雑するセミナーイベント会場

どことなく「手軽な」イメージのある株式投資とは違い、不動産投資には全く手軽なイメージがないですよね。

それもそのはず、1万円あればとりあえず始められてしまう株式投資とは違い、不動産投資はある程度まとまったお金が必要になるのですから。

そんな不動産投資の勉強をしたいのなら、やはり「独学」よりも「人から教わる」のほうがポピュラーな模様。

不動産投資は何が良いのか

不労所得という種類の収入を得られる

不動産投資で得られる利益は、株のように「値上がり益」ではなくて、「家賃収入」がメインです。アパートに住むと、毎月「家賃」を支払いますよね。あれを、自分で受け取る感じです。

要は、「大家さん」になるということ。たくさん不動産を持っていると、「地主」と呼ばれるかも。

不労所得は、働かなくても、自動的に収入が入ってくる。「お金のために働く」のではなく、「仕組みを作るために働く」という感じです。自動的に入ってくる収入を実現できるのが、不動産投資ということ。

不労所得をどんどん増やすことができる

不労所得をもたらしてくれる不動産は、可能な限りいくらでも買うことができますよね。不労所得が増えてくれば、仕事をしなくても継続的に収入が入ってくる。

手に入れた収入を再投資してさらに不動産を買い、どんどん経済的自由に近づくことができるというわけです。「自動的にお金が入ってくる仕組み」は、可能な限り、いくらでも持つことができますからね。

「金持ち父さん貧乏父さん」でも推奨されている投資方法

ベストセラーになった「金持ち父さん貧乏父さん」の中でも推奨されている投資方法。ランダム性に任せた株やFXなんかよりも、キャッシュフローを重視した不動産投資のほうが、経済的自由への近道。そういうことです。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

統計的に勝ちやすい投資手法

ある統計データによると、株やFX、投資信託は「個人投資家は、平均して通算で負けている」ということ。要は、こういう投資をしても、結果的には負けていて、「貯金してたほうがマシ」という状態になっているってことです。

そのデータの中で、「平均して、通算で勝てている投資」というのが、不動産投資。「ゼロサムゲーム」と言われる株やFXよりも、家賃収入というキャッシュフローを大事にする不動産投資は、確実性が高く、勝ちやすいということでしょうね。

不動産投資のやり方はどういうものか

不動産投資は不動産を買う

不動産投資は、不動産を買います。アパートとか。それを人に貸して、家賃収入を手に入れます。管理なんかは、管理会社に委託してしまえばオッケー。

ワンルームマンション投資というのもある

アパートやマンションを丸々買うのではなくて、マンションの一室のみを買い、貸し出す。こういう「ワンルームマンション投資」という手法も、最近は流行っているみたいです。

ローンと家賃収入の差額

不動産投資では、不動産をローンで買うのが基本。つまり、ローンの支払いが発生するわけです。でも、家賃収入を得られる。不動産投資では、「ローンや諸経費の支払いよりも、家賃収入が上回る状態」を作るのが、不労所得を手に入れる秘訣。

金持ち父さんの本の中で語られていましたけど、「いかに儲かるようにするか」という部分が、割と難しい模様。勉強なしで、どこかの不動産会社の言いなりになるのは、大きな機会損失になる場合も。

不動産投資は、結構しっかり勉強しないと、難しい。理想的な投資方法ですけど、「簡単に儲かるものではない」というのは、覚えておいたほうが良いです。

不動産投資の勉強方法は「人から教わる」がポピュラー

経験者の大半は人から教わっている

知り合いに何人か不動産投資をやっている人がいて、中にはブログで交流を持った人がいます。

その人たちの話を聞いていると、やはり「人から教わった」と言っているんですよね。独学じゃなくて。まあ、不足部分を自分で勉強することもあるみたいですけど。

そういう人たちは、「知り合いに不動産投資に詳しい人がいる」という恵まれた環境の持ち主であることが多いみたいです。親が不動産関係の仕事しているとか。

知り合いに不動産投資に強い人がいない場合

じゃあ、知り合いに不動産投資に詳しい人がいない場合は、独学でやるしかないのか。本を読むなどして。

でも、やはり独学だと不安も多いはず。できれば、詳しい人のサポートを受けながら成長したいと思いますよね。

だから、セミナーがおすすめなわけです。それも、自社物件を売りつけてくるような「営業的な」セミナーじゃなくて(無料セミナーにはこういうものが多い)、しっかりと「不動産投資をサポートしてくれるセミナー」が。

ファイナンシャルアカデミー「不動産投資の学校」

お金の勉強方法や、株式投資の勉強方法でも紹介したファイナンシャルアカデミー。ここでは、不動産投資も教えてくれてます。やはり、質の高さと評判はピカイチ。

不動産投資は、初心者だと手続きが何かと大変だったり。そういうところも、「不動産投資の学校」ではしっかりと勉強させてくれます。

正に、実践的。本気で不動産投資をやって、不労所得を手に入れたい人のためのセミナーというわけです。数回に分けてじっくり勉強するので、もちろん有料になっちゃいますけど。先行投資的な感覚ですね。

株式投資の学校と同様、無料体験ができる

とは言え、ファイナンシャルアカデミー的にもいきなりお金を払ってもらうのはちょっと気が引けるらしく、しっかりした無料体験学習会を開催してくれてます。

ファイナンシャルアカデミーの無料セミナーは、無料なのに質が高いことで有名。「どんなものかな?」と知りたい方は、とりあえず行ってみることをおすすめします。

場所も、東京・愛知・大阪と開催されていて、かなり頻繁にやっているので、行きやすくなってますよ。

懇親会もあるし、アフターフォローも充実

わからないことは、講師に質問できるシステムがちゃんと用意されている。また、仕事などで忙しい場合でもしっかり受講できるようなシステムにもなっているので、忙しいサラリーマンでも安心。

ファイナンシャルアカデミーでは、受講生同士の懇親会も開催されているので、「不動産投資仲間」を作ることもできます。

努力なくして不労所得は手に入らない

夢のような収入が手に入る不動産投資ですが、ある程度の資金は必要になるのは間違いないです。融資を受けるのが普通ですが、頭金が必要ですし。

それに、お金があれば上手くいくというわけでもないので、しっかり勉強して、経験も積みたいところ。遺産相続でもしない限り、努力なくして不労所得は手に入らないもの。

お金からもっと自由になるために、頑張って下さい!

「不動産投資の学校」の無料体験学習会に参加したので感想でも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 投資

投資と貯金の割合はどれがベスト?バランス大事ですよ

投資をやっていると迷うことの一つが、「投資と貯金の割合」です。当然、貯金の何割かを投資に回すことになるんですけど、「最適なバランスはどれくらいか?」「比率はどれ …

長期投資に向いている銘柄はどんな株?を解説

長期投資に向いている銘柄とは ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアム、フィリップ・フィッシャー。こういった「賢明な投資家」と呼ばれる偉大な投資家は、基本 …

株価が大きく下落した場合の対処法と暴落の原因

どうも、先週久しぶりに株価が大きく下落してテンションが上がってたケントマンです。 株式市場に参加していると、たまにああいった「大きな株価下落」に遭遇することがあ …

僕がSBI証券を選んだ理由と、証券会社選びのポイント

株の取引をするには証券会社は必要ですし、投資信託や国債を買ったりするにも証券会社は便利。僕は20歳の頃から株を始めたわけですが、その頃から今までずっと「SBI証 …

どの会社の株を買うべきかわからない人へ贈る解決策

株を始めたのはいいけれど、どの会社の株を買ったらいいのかがわからない。自分なりの基準が確立されていないと、こんな悩みに直面します。 解決策としては、ひたすら勉強 …

割安株の見つけ方!株式投資で勝つための銘柄選び

どこを見て割安株だと判断するか 投資価値と株価の乖離を見つける 割安株の見つけ方、バリュー投資の一般的なアプローチはこれです。株価は、価格。株(企業)には、株価 …

株式投資の勉強ができるおすすめの本たち

もうすぐ株式投資を始めてから8年目に突入。最初は、右も左もわからなかったので、必死に勉強した。その甲斐あってか、今では満足ができる運用ができていると思う。 ここ …

ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】

ドルコスト平均法とは、株式や投資信託などを買う時に用いられる買い方です。 ザックリ言えば、「一気に買わないで、ゆっくり買おう」という買い方。 ドルコスト平均法の …

株式投資の未来、書評。株式投資の統計データ

株式投資では様々な憶測や妄想が飛び交うもの。あの株がこれから来るだの、あの業界は未来が明るいだの。「株式投資の未来」という本は、この憶測を一蹴するほどの威力を持 …

マネックス証券のメリット!少額の株式投資におすすめ

株式投資初心者は、まずは少額で始めること!だって、何が起こるかわからないんだもの。お金がどう動くかわからないんだもの。実際にやってみないことには。 だから、少額 …