ケントマンのブログ

ハタラクティブのデメリット!若者向けの転職サービス


スポンサーリンク

若者、特に第二新卒やフリーターでも歓迎してくる転職エージェントが、ハタラクティブ

転職エージェントというのは、無料で転職支援(求人の紹介、書類の添削、面接対策、企業への推薦、アフターフォローなど)をやってくれるサービス。一人で転職活動するには有り難い。

大手のリクルートエージェントやDODAなんかだと、フリーターなんて門前払いされるのが現実。なので、フリーターが正社員を目指して転職エージェントを使いたい場合は、自ずとハタラクティブのようなエージェントになるわけです。

ここでは、そんなハタラクティブのデメリットを羅列。なぜデメリットかって?

だって、メリットなんて、公式サイト見ればたくさん書いてあるんだもの!

拠点が渋谷か立川にしかない

ハタラクティブの対応エリア

ハタラクティブは、一都三県(東京、埼玉、神奈川、千葉)を主なサービス対象にしているらしいのですが、ちょっと待ちましょう。

遠いと通うのが大変である

転職エージェントは、実際にエージェントに足を運んで、担当者と話しながら転職活動をしていくところです。転職活動中、何回かハタラクティブに足を運ぶことになります。

そういうわけなので、渋谷か立川からあんまり遠いところに住んでいると、なかなか大変です。

東京の求人が中心である

東京の外は期待しないほうがいいかと

神奈川での求人を求めて行ったことがあるんですけど、「求人は東京中心」と言われてしまったことが。

なので、神奈川で働きたい、埼玉で働きたいなどという場合は、あんまり期待しないほうがいいかと。今後、取引先や拠点が増えていけば、改善される可能性もありますけれども。

関東以外で働きたい場合はあんまり使えないかと

そんなわけなので、関東以外だと使えない可能性が非常に高いです。そもそも、拠点が東京にしかありませんし。

大手企業の求人はないと思ったほうが

職歴が弱くても正社員になれる会社が多いので

競争の激しい大手企業の求人は期待しないほうが無難。基本、中小企業メインだと考えておいたほうがショックが少ないかと。

大企業に行きたいなら別ルートで

「大企業が良い!」というわがままがあるのなら、大手の転職エージェントを使ったほうがいいです。ただ、大手のエージェントだとフリーターは門前払い・・・。

フリーターが人気の大手企業に行きたい場合、転職サイトでダイレクトに応募するか、別の会社で正社員として働いて、職歴を強化してから転職などの戦略が必要かと。

実際に渋谷オフィスに行って感じた事

オフィスがめっちゃキレイ!

比較的新しいヒカリエの中にオフィスがあるので、渋谷のオフィスはめっちゃキレイです。

ハロウィンシーズンに行ったら、大々的にそういう系の飾り付けがされてました。(あれ、やりすぎでは・・・)

若い担当者が多い

あくまでも僕が感じた事。「どんな感じかなー」とキョロキョロしてたら、若い担当者が多いことに気が付きました。

対応は丁寧だった

あくまでも僕の場合。

担当者との相性の話

「ハタラクティブ 評判」などのキーワードで検索すると、「担当者がイマイチだった」なんて話も出てきます。

ただ、これ、どこの転職エージェントでも同じです。会社なんだから、いろんな人間がいる。雑な人も、丁寧な人も、上から目線の人もいる。ただそれだけのこと。

結局、「使ってみないとわからねえよ!」という部分が多いのです。

時期によって、扱っている求人が違うことなんてザラ。担当者との相性がイマイチなんてザラ(不服なら変えてもらえばいい)。

評判なんて、自分の目で確かめるべきもの。調べればわかるデメリットでも納得できるのなら、とりあえず行ってみればいい。そんな感じ。

ハタラクティブ

フリーター向けの転職エージェントはどこがいいのか

フリーターから脱出したい!正社員になる方法

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  トピックの目次へ

 - マジで仕事辞めたい

  広告

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ