ケントマンのお金のブログ

ハゲタカのドラマと原作との違い!若干ネタバレを含む

eagle

何年か前にNHKでやっていた面白すぎるビジネス系ドラマ「ハゲタカ」。企業買収系です。ファンド系です。半沢直樹が好きだった人なら、絶対ハマります。僕はハゲタカのほうが好き。

どうも、ケントマンです。

ハゲタカシリーズが好きで、ドラマと映画は全部観たし、原作も全部読んでいるのですが、やはり、ドラマと原作には大きな違いがあるので、どっちかしか知らない人のために、その違いを紹介しちゃいます。

スポンサーリンク

「ハゲタカ」のドラマと原作小説の違い

ハッキリ言って、かなり違います。思い出せる限り、書き綴っていきますよ。

そもそも、鷲津政彦のキャラが全然違う

ドラマ版のハゲタカで、主人公の鷲津政彦を演じているのは大森南明さん。原作の鷲津政彦は、あんなに「できるビジネスマン」という見た目のじゃありません。

見た目は、冴えない中年サラリーマン。でも、やるときはかなりやる男。それが、原作の鷲津政彦の設定。

鷲津政彦は元銀行員ではない

ドラマ版の鷲津政彦は、元銀行員という設定。あの辺の設定は、「半沢直樹」を彷彿とさせる感じ。

でも、原作では元銀行員じゃありません。ジャズピアニストを目指してアメリカに渡り、その途中でハゲタカファンドに誘われたというのが、原作の話。

もちろん、芝野健夫の元部下でも何でもありません。原作では、バルクセールのときに二人は初めて出会っています。

鷲津政彦の恋人の存在

ドラマ版では女気のない鷲津政彦ですけど、小説ではかなりのプレイボーイです。ついでに、リンという恋人がいつも近くにいる感じです。

リンは、仕事でも、プライベートでもパートナー。原作では、かなり出てきますけど、ドラマには、その姿はありません。

三島由香とかいうキャスターはいない

ドラマ版ではかなり重要なキャラクターとして登場する三島さんですけど、原作では欠片も出てきません。

ドラマでは、銀行員時代の鷲津政彦が、彼女のお父さんの会社に貸し渋りをして、命を奪ってしまったという話ですけど、原作には、そんな話は一切ありません。

なので、ドラマのような最終回にはなるはずがない。それが、原作。

原作では、鷲津政彦が、父親の敵を討つために、銀行員の飯島が隠し持っている情報を奪うという話(シリーズ最初の小説)。

原作には、西野治も出てきません

ドラマ版では、これまた重要キャラクターとして描かれている西野治。旅館の息子で、後にIT企業の社長として鷲津政彦の前に現れて、ディールを行う。

ところが、原作では西野治なんて出てきません。ドラマと同じような旅館の話はありますけど、割と簡単に片付けられている感じです。

原作のアランはゲームオタク

鷲津政彦のパートナーとして一緒に働いているアラン。彼は、ドラマでも小説でも原作でも出てきます。

ドラマではやり手のビジネスマンという感じの彼ですが、原作では、ゲームオタクという設定。仕事はできるんですけど、家に帰ったら、時間を忘れてゲームに没頭するという設定。

ちなみに、原作のアランは、2作目の「バイアウト」で亡くなってしまいます。電車の事故で。その真相が明かされるのは、3作目の「レッドゾーン」。

鷲津政彦が立ち上げる投資会社の名前が違う

ドラマでも、原作でも、鷲津政彦はホライズンに解雇されます。鷲津政彦がその後に立ち上げる会社の名前。ドラマでは「鷲津ファンド」で、原作では「サムライ・キャピタル」。

しかも、原作では、リンや仲間達が勝手に名前を決めている始末。

鷲津政彦は銃で撃たれたりしません

ドラマの最後のほうで、西野治の自殺を止めようとして撃たれてしまう鷲津政彦ですけど、原作ではそんなこと起こりません。海外逃亡はしますけど、特に異常なしです。

まあ、最新作の「グリード」では、FBIに拘束されたりしましたけど、特に被害はありませんでした。

細かいところを挙げればキリがないので

とりあえずこの辺で。ドラマもかなり面白いですけど、原作もかなり面白いですよ。これだけ設定が違うのに、あそこまでまとめたドラマ製作者は凄いです。

ハゲタカシリーズ一覧

【ドラマ】

【映画】

【原作】
※上から古い順になってます。全部上下巻の編成。

ちなみに、映画の話は、「レッドゾーン」のところの話。アカマ自動車が出てくるのは、一緒。結末はかなり違います。

【Kindle版もあります】

ビジネス系の小説でおすすめなのはやっぱり「ハゲタカ」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - エンタメ

「ひとには、言えない。」という漫画は、男子ならついつい買ってしまうだろう

この前、Kindleの漫画ランキングをまとめた記事で、上位に「ひとには、言えない。」という、表紙からしてクリックせずにはいられない漫画が上位にランクインしていま …

ビジネス系の小説でおすすめなのはやっぱり「ハゲタカ」

投資をやっているのでビジネス小説を好んで読みたがるケントマンです! そんな僕がおすすめするビジネス系の小説は「ハゲタカ」。ハゲタカっていうのは、企業を買収して食 …

なかなか上達しない!というギター初心者へのアドバイス

どうも!何だかんだでギター歴10年くらいのケントマンです。 ギターって、上達しないと面白くありませんよね。僕も、「なかなか上達しねえ!」ともがき苦しんだ時期があ …

映画「シング・ストリート – 未来へのうた」が傑作すぎたのでレビュー

去年(2015年)の同じくらいの時期にやってた映画「セッション」を稀に見る傑作と称していた僕だけど、今年もそんな傑作に出会ってしまった。 マジ、最高だった。爽や …

多重録音ができる機材「MTR」を使って自宅でレコーディングしてた頃

昔はよくオリジナル曲を作ったりしてたなぁ。どうも、ケントマンです。 「オリジナル曲作ったけど、どうやったらいい感じに録音できるかわからない!」という方、「MTR …

「すんドめ」という学園系ラブコメ漫画は意外と感動する

先程紹介した「ひとには、言えない。」という漫画に続きまして、「すんドめ」という漫画も紹介。おすすめの漫画をまとめた記事でも紹介しました。 Kindle版の漫画は …

Kindle版の漫画はこれがおすすめ!男性向けが多い

漫画の電子版(Kindle版)も多く出版され、「時代は変わったなー」と感じる今日この頃。ここでは、「これが面白いぞ!」と運営者が感じている漫画を、「Kindle …

エレキギターの練習用はミニアンプかヘッドホンアンプがおすすめ

エレキギターの必需品であるアンプ。エレキギターは、アンプがないとショボい音しか出ない。だから、アンプは必需品というわけ。 しかしながら、ライブハウスやスタジオに …

ビートルズの名曲が網羅できるアルバムを紹介

本気の音楽好きなら誰もが通るであろうビートルズ。解散から何十年も経った今でもテレビからビートルズの曲が流れてくる程の凄い人たち。 ビートルズの音楽というのは、当 …

ギターピックの種類!弾き方によって使い分ける

ギターの弦を弾くために使う「ピック」は、いくつかの種類がある。いろいろ使い分けてみると分かるんですけど、どのピックを使うかで、弾き心地が全く違う! ギターを早く …