ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

プロパンガス高すぎ!自由市場だから安易に選ぶとかなりの無駄遣いに


僕が上京してきてからはずっと都市ガス(東京ガス)を使っていたので、その料金に慣れ切っていた。そんな僕が地方に引越した時、都市ガスではなくて、プロパンガスなるものを使うようになった。

当然、今までの感覚でガスを使う。お湯を出す。シャワーを浴びる。

しばらくすると、請求書が届く。その金額を見て、初めて気が付くわけだ。

「プロパンガス、高けええ!!」ということに。

真面目な話、東京ガスでガスを使ってた時の感覚の、二倍くらいの請求が来る。設備はほとんど変わっていないはずなのに、だ。最初は「引越しただからかな?」とかいう現実逃避をするわけだが、それが2ヶ月、3ヶ月と続くと、確信に変わってくる。

プロパンガス、高かったのだ。ホント、シャレにならないくらいに。そんなことを知らずに契約とかしてしまうと、お金の無駄遣いにしかならないじゃないか。

プロパンガスは自由市場らしい

気になってプロパンガスについて調べてみた。なんでも、プロパンガスは自由市場ということ。つまり、公共料金の感覚で安易に業者を選んだりすると、その業者が無駄に高い料金設定だった場合、かなりのお金を無駄にしてしまうということなのである。

これは、東京ガスなどの都市ガス系、公共料金感覚に慣れてしまっている人間にとっては、大きな落とし穴だった。

僕は「ガス料金なんて、どこも同じようなもんだろ」とか思っていた。しかし、世界は広い。知らないことは、まだまだあったわけだ。

集合住宅だと切り替えは難しい?

アパートやマンションの場合、大家さんやなんかがプロパンガスの会社を決めている場合が多いので、切り替えするにはとりあえず大家さんなんかに交渉しないといけないケースが多いんだとか。

交渉しても、切り替えられるかわからないんだとか。

僕の場合、プロパンガスのアパートだったんだけど、別の理由で早々に都市ガス地帯に引越したので、その交渉はしなかった。

プロパンガスの料金の高さに悩まされている人は、交渉してみるのも手かもしれない。少しはお金が浮くかもしれないから。

自由に選べる場合はじっくり選ぶべし

自由市場は厄介だ。公共料金の感覚で行くと、高い確率でお金が無駄になってしまう可能性がある。プロパンガス会社の料金を比較できるサービスなんかも昨今では充実しているので、そういうサービスを活用しつつじっくり選んだほうがいいと思う。

独占市場も怖いけど、自由市場は自由市場で怖いものがあると思い知らされた僕からのアドバイス。

都市ガスに戻ったら料金が半額くらいになった

さっきも書いたけど、僕はその後、都市ガスの地域に戻った。すると、プロパンガスの頃よりも、明らかに半額くらいの料金になっている(同じ季節での比較なので間違いない)。

住んでいる人数も変わらず、生活時間も変わらず、料金だけが違う。都市ガスっていいな。安心して使えるし。プロパンガスは怖いから、しばらく都市ガス地域で暮らしていきたいと感じた、27歳の冬であった。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - 節約

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/20