ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

FXで借金まみれになる原因。黒い白鳥、人間の心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

camera

「FXで借金まみれになった」なんて悲しいお話を目にすることがある。別の場所を見れば、「10万円で始めたFXで年収が数倍に!」なんて希望に満ちた(釣り?)のような広告がある。

どちらも、嘘は吐いていないんだと思う。でも、真実をいいように解釈するのはどうかとも思う。vの真実と嘘、勘違い。または、リスクの話、人間の心理。

FXで借金まみれになる最大の原因

FXって、「外国為替証拠金取引」という正式名称からわかるように、「証拠金」のやり取り。難しく考えないで、「手持ちの資金が10万円でも、100万円相当の通過のやり取りができるようなものがFX」みたいに捉えても問題ないと思う。「レバレッジ」を掛けて通貨を取引できるので、一晩で思いがけないお金を手に入れることもできるし、また、失うこともできる。

FXを普通にやっていれば借金なんかしない?

FXには、「ロスカット」という機能が設けられています。損をしすぎると、証拠金が足りなくなる。大変なことになってしまう。そうなる前に、FX会社が強制的に決済を行い、「やばすぎる損失」が出ないようにしてくれる。FXって、100万円が0付近になる可能性は結構あるんだけれでも、それ以下になることはないような仕組みができているんですよね。

FXで借金まみれになる本当の理由

上の話だけで「FXは危険だ」と感じるかもしれません。でも、「FXで借金まみれ」とはなかなかいかない。FXそのもので借金まみれになるとは考えにくい。そうすると、「FXで借金まみれ」の原因は一つ。「借金してまでFXしているから」なんですよね。

手元の資金じゃ、たいした利益は出せない。今まで上手くやってたんだし、もしかしたら、消費者金融とかで数百万円でも借金すれば、かなり儲かるんじゃね?今までも上手くいっているんだし、きっとすぐ借りたお金が数倍にでもなるでしょ!楽勝じゃん!

こんな楽天的な思考に陥ると、疑わない。借金することの危険性も、今までの成績が「本当に実力なのか?」ということも。でも、FXには、さっき書いたような危険性が潜んでいる。そのうち、「本当の実力」が表に出てきて、借りた数百万円をも失い、ただ借金だけが残る。結果、「FXで借金まみれ」になる。

FXに潜む巨大なリスク。黒い白鳥と「まぐれ」の話

「FXはハイリスクハイリターン」とか言われますけど、その「ハイ」具合はレバレッジでそこそこコントロールできるようになっています。一晩で吹き飛んだり、大金を手に入れるようなケースでは、レバレッジを大きめにしていることが考えられるんです。そして、FXでは「ローリスクハイリターン」や「ミドルリスクハイリターン」みたいなことにはならない気がする。リスクも、リターンも、同程度存在しているような気がする。あくまで、気がするだけだけど。

生存バイアスにより、まぐれで生き残る

「まぐれ – 投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか」という超おすすめの投資本に書いてあるのが、「生存バイアス」のお話。これは、なかなか興味深い。僕なりにちょっとかじって紹介します。

例えば、1000人のトレーダーがいたとする。トレーダーは、50%の確率で利益を得て、50%の確率で損失を出す。そして、損失を出したトレーダーは退場する。まずは、一回目のトレードでは、500人が利益を出し、残り500人は退場する。もう一回やると、250人が利益を出す。5回目には1000人の中から、5回連続で利益を出すトレーダーが31人出てくる。

すると、この31人を祭り上げて、「このトレーダーのこの手法が素晴らしい」だの、「こんな習慣を持つトレーダーは成功する」だのと、意味不明な解説を付与してくれる人たちが沸いてくる。しかし、6回目にはその半分も退場し、100回目にはほんのわずかが残るか、誰も残っていないことになる。

実力とか関係なく、運だけで生き残る人、退場する人が出てくる。生存に偏りが出てくる。でも、勝ち残った人は、認知バイアスも抱えている。「自分が天才だから勝ち残った」と思い込み、疑いもしない。誰しも、「運だけで勝ち残った」なんて認めたくないものですからね。特に、「競争」っぽい世界では。

為替変動にパターンはあるか

FXでは、為替変動による値幅を取るか、金利差によるスワップポイントで利益を獲得するかの二択。両者を同時に行うこともできる。しかし、スワップポイントだけを狙っても、結局は為替変動リスクに晒されている為に、安心していいとは言い切れない。

FXに参加する人の興味の多くは、「将来をどうやって予測するのか」や「過去の結果にパターンを見つけられるか」ということになる。正直、僕には何もわからない。将来の予測なんて難しすぎてわからないし、過去のパターンが未来に通用するかもわからない。過去のパターンと過去の出来事に因果関係があるかもわからないし、これからどんな出来事があるかもわからない。ある研究者たちの話では、「将来を完璧に予測することなど、不可能だ」ということ。何だか、これが正解な気がしてならない。

そうだとすれば、借金してまでFXに参加することは、「危険」としか言いようがなくなる。

FXで吹き飛ぶか、大金を手に入れるか

FXでお金が吹き飛んだ。借金をしてまでやったから、どうしようもない借金だけが残ってしまった。冒頭でも書きましたが、こういう人がいるのは真実でしょう。FXで年収が跳ね上がった。一晩で大金を手に入れた。こういう人がいるのも真実だと思う。ただ、どちらも「再現性があるか」と聞かれれば、「微妙」って感じ。

FX参加者の未来はどうなるのか

FXで吹き飛んだ人が、再び挑戦して吹き飛ぶ可能性は、たっぷりある。そして、大儲けする可能性もしっかりある。逆も同じこと。FXで年収を数倍にした人が、「今後もそうだ」とは言い切れない。これからも、吹き飛ぶ可能性も、大儲けする可能性もある。だから、「FXで年収が数倍に!」という広告も、嘘ではない。一時的にそうだったことを切り取って語っているだけ。それだけ。

FXの必勝法と実力。因果関係と勘違いと運、「たまたま」

「FXの必勝法」と呼ばれるものが、ネットなどで散在している現状。「実力がある」と思っているトレーダーが散在している現状。ここに再現性はあるのか、FXで勝ち続ける方法なんてあるのか。

ある「FXの必勝法」は、今まで勝ち続けている。もはや、負ける気がしない。こういう方法があってもおかしくはないかもしれません。でも、「この先もそうなる」と言い切れるのか。もしかしたら、先程の「生存バイアス」の話のように、たまたま勝ち続けているだけで、方法と結果に因果関係はない可能性だって考えられる。

これは、実力とか才能にも当てはまる。「まぐれ」という本の中で書かれていたないようですが、歯医者が患者の歯を治療し続けられるのは、「実力」と「結果」に因果関係があってもおかしくはない。歯医者は、これからも歯の治療を上手くやる確率は非常に高いと考えられる。

でも、FXは?FXの才能って何?運に乗っかり続けること?それも、たまたま。才能がどんなふうに結果に繋がっているの?これを正確な理論で立証できないなら、「自分には才能がある」っていうのは、勘違いかもしれない。そこには、借金をしてまで資金をつぎ込む価値はないんじゃないのか。

白鳥は全部白い?FXと結果と期待値

これも、「まぐれ」という本の話。「白鳥は全部白い」と言い切れるか?これは、黒い白鳥が発見されたことで簡単に反証されてしまう。反証は意外と簡単だけど、立証は難しい。「FXは勝ち続けられる」と思い込んでいても、一度吹き飛んでしまえば、一瞬で反証されてしまう。

仮に、90%の確率で勝ち続けられる取引をしていたとする。でも、勝率はこの際関係ない。90%の確率で勝ち続けても、10%は負ける。そして、「いくら勝つか、いくら負けるか」も問題。90%の確率で一万円の利益、10%の確率で十万円の損失。このトレードを続けるべきか否か。答えは、「期待値」にある。この場合の期待値は、「-1000円」になる。

つまり、こういうトレードを続けていても、表面上は高い確率で勝ち続けるけど、潜在的には一回ごとに1000円失っていることになる。期待値はどうか。もしマイナスなら、潜在的に損失に向かって進んでいることになる。

FXにおける悲しい人間の心理。行動経済学

「行動経済学」という、人間の心理とお金の関係を研究した分野は面白い。人間の心理は、お金に大きく影響される。特に、FXのようなお金に直結する分野では。借金までしていれば、尚更影響は大きくなるでしょう。そして、人間の心理っていうのは、意外と単純らしい。

利益よりも損失。損失が怖い。損失の存在が何よりも大きい

行動経済学によると、人間は、利益を得る喜びよりも、損失の痛みのほうを強く感じるらしい。それも、「ちょっと強く」ではなく、「結構強く」ということ。損失を怖がることが、「FXで吹き飛ぶリスク」を大きくする。誰でも、損はしたくない。損は認めたくない。株を塩漬けにする人も、心理は同じ。

損切りができない悲しい心理。利益確定が早い悲しい心理

損失を出したくないから、ポジションを手放せない。「いつかまた上がるさ」と思い込ませて、いつまでも持ち続ける。利益が出ているけど、「いつかまた下がるかもしれない」と怯えてしまう。だからこそ、ある程度のところで「利益確定」を急ぎたくなる。結果、利益は最低限の水準にとどまりやすく、損失は最大限になりやすくなる。人間の心理的に、FXっていうのは、人間に向いていないとも考えられる。儲かるのは、FX業者だけか。スプレッドとかあるし。

損失は取り戻せない。利益は失うことができる

100万円が10万円になってしまえば、ちょっと前と同じようにFXができない。お金も引き出せない。人間が損失を極端に怖がるのも理解できる。100万円を失えば、また「100万円でFX」のステージに戻るのは難しい。ここで借金してまで「損失を取り戻そう!」なんて考えてしまうと、借金まみれになってしまう可能性大。

もし、100万円を1000万円にできたとしましょう。でも、この1000万円も安泰じゃない。また100万円になるかもしれないし、10万円以下になる可能性もゼロじゃない。損切りは早いほうがいいのかも。莫大な損失よりも、ちまちま損したほうが安定してるでしょ?

FXでお金が吹き飛ばないようにする方法

損切りできなくてお金を失うなら、さっさと損切りすればいい。損失を認めればいい。「間違い」なんかじゃないんですよ。そもそも、「何が正解か」なんてわからないんですから。FXでポジションを取ったら、本当に小さい額しか損をしないところで「逆指値注文」しておく。こうしておけば、「一晩で借金まみれになった」なんてことになるとは考えにくい。一度に吹き飛ぶリスクは抑えられるけど、負け続けたら、結果は同じなんですが。

FXって勝てるの?未来わかるの?

でも、「だから勝てる」ってわけでもない気はする。やっぱり、将来はどうなるかわからない。統計学に詳しい人によれば、「統計学が介入できない分野もある」とのこと。統計を使っている気でいても、実は使えていなかったり、勝てるつもりでいても、実は勝てなかったり。それでも、運に任せてFXをするかは、人それぞれ。本当の意味での「リスク」を理解したほうがいいかもしれない。ただ単に「FXでは損する可能性がある」ってだけを理解しているだけでは足りない可能性あり。

やっぱり、未来はわからない。大儲けできる可能性も否定できないし、大損する可能性も否定できない。大事なのは、「信じすぎないで、疑ってみること」。それだけかも。選択の自由はある。あとは、自分で決めればいい。

FXは難しい!個人的には絶対におすすめはできない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 投資

株をやめたい!という人にはこの本を読んでほしい

株なんて、元々儲かるものじゃないんですよ。統計データによると、株式投資をやっている個人投資の平均損益はマイナスの結果。つまり、統計的に見ると、「株は損をするもの …

各ソーシャルレンディングの利回りや特徴を比較できるようにまとめる

投資信託(ファンド)のような形でネットを通じて中小企業や不動産事業者などに融資ができるソーシャルレンディング。出資ではなく「融資」なので、受取り利息が投資家の利 …

「不動産投資の学校」の無料体験学習会に参加したので感想でも

「株式投資の学校」の無料体験学習会に続いて、「不動産投資の学校」の無料体験学習会にも参加してみました。株式投資の学校のほうの感想はこっち。 「株式投資の学校」無 …

投資と貯金の割合はどれがベスト?バランス大事ですよ

投資をやっていると迷うことの一つが、「投資と貯金の割合」です。当然、貯金の何割かを投資に回すことになるんですけど、「最適なバランスはどれくらいか?」「比率はどれ …

ライブスター証券の株式取引手数料が一番安いのかも

ネット証券自体、手数料が安い証券会社が多め。そんな中でも、GMOクリック証券が一番安いのかと勝手に思っていた。(一日の取引金額が10万円に届かないなら、手数料無 …

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

ナンピン買いは、投資における買い方の手法の一つ。漢字で書くと難平買い。よくドルコスト平均法と比較されている。 ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】 ナンピ …

SBIソーシャルレンディングの特徴!SBIグループならではのファンドも

「ソーシャルレンディングやってみたいけど、どこの会社使えばいいの?」と思ったとき、真っ先に見付かったのがSBIソーシャルレンディング。 ネット証券大手のSBIグ …

NISA(ニーサ)で投資家デビューを考えている人の危険な思考

最近やたらとNISAのCMが流れていますけど NISAの登場で、投資が身近になったと感じていませんか?もしかしたら、それはテレビでやたらCMが流れているからって …

株価が大きく下落した場合の対処法と暴落の原因

どうも、先週久しぶりに株価が大きく下落してテンションが上がってたケントマンです。 株式市場に参加していると、たまにああいった「大きな株価下落」に遭遇することがあ …

株の損切りのタイミングを決める基本テクニック「逆指値注文」の使い方

株をやっていて、「これ以上損をしたくない!」というときに使われるのが「損切り」というテクニック。 今回は、「損切り」の基本的なやり方を紹介。 損切りのタイミング …