ケントマンのお金のブログ

フリーターから正社員になる方法とは

野良猫

フリーターから正社員になるには、就活しまくればいいんですよ!マジで、死に物狂いになる気持ちとガッツを持って。

そもそも、就活なんて、上手くいかないときは本当に上手くいかないし、上手くいくときは「マジでか!?」ってくらい「うちで働いてくれ!」と言われる。

フリーターなら、「正社員から正社員への転職組」よりももっと頑張ればいいじゃないの。フリーターから正社員になるのなんて、別に不可能じゃないですよ。未経験でもできる仕事だってあるんですから!

あとは、就活のやり方次第ですね。就活経験がないのなら、やり方はちゃんと選ぶ必要ありです。

スポンサーリンク

前置き~正社員になるメリットは?

雇用期間の定めがない

アルバイトや派遣、契約社員なんかだと、雇用期間があるので、「契約更新が・・・」という話になりますよね。

その点、正社員にはそういう概念がありません。基本、定年まで雇用する。それが、正社員。

リストラされたり、会社が倒産したりしない限りは、とりあえず「安定している」とも言える。それが、正社員。

アルバイトよりも給料面では充実

会社によりますけど、しっかりボーナスが出たり、給料がそこそこ良かったり、昇給が見込めたり。

ただ、中には「派遣のほうが給料いいじゃん!」というケースもあったり、「バイトより働いているのに、バイトそんなに給料変わらない・・・」なんてケースもあったり。

求人情報は、応募者を欺くような書き方がされているものもよくあるので、注意して見たほうがいいです。

社会的な信用がある

アルバイトでは、住宅ローンなんてまず組めない。正社員なら、住宅ローンを組める可能性は十分にある。その辺が、社会的信用というやつ。

その他、アルバイトよりも世間体が良いなどのメリットもありますよね。

転職サイトを使って就活

ちょっと上級者向け

自分でじっくり求人を探せるのはいいんですけど、書類作成とか面接対策とか全部自分でやることになるので、「オレ、正社員になる為の就活なんてしたことないぜ!」というフリーターにはちと厳しい。

フリーターの経歴は嫌われる傾向有り

フリーターの経験しかない。そんな状態で転職サイトから求人に応募しまくっても、面接まで行けないことがほとんど。書類作成の技術もそうだけど、経歴が弱いからね、経歴が。

それでも、「絶対に無理!」というわけじゃない

フリーターでも、普通に応募したら、普通に面接まで行けることもあります。面接までいけるのなら、とりあえずこっちのもの。

「未経験歓迎!」などの記載がある求人なら、フリーターでも堂々と応募することが可能。

職務経歴書はしっかり作るべし!

転職サイトに登録するとき、自分の職務経歴などをしっかり書くように要求されます。ここは、きちんとやるべき。最初にきちんと書いておけば、「数打てば当たるっしょ!」の戦法のときにかなり楽になりますから。

フリーターは書類選考が通らない!からの脱出方法

転職エージェントを使って就活

就活経験のないフリーターはこれでしょ

無料で使えるのが転職エージェント。ハローワークじゃないですよ。転職エージェントは、書類作成の手伝いとか面接対策とか求人紹介とか企業への推薦やアフターフォローなんかを全部無料でやってくれるサービス。

就活経験のないフリーターが正社員を目指すのなら、絶対に使ったほうがいい。本当に。

フリーター向けの転職エージェントを使うべし!

大手すぎるリクルートエージェントやDUDAは基本ダメ。フリーターなんかが行っても、門前払いされる可能性高いですよ。

フリーターなら、「フリーターでもOK!」みたいに謳っている「ハタラクティブ」のような転職エージェントを選ぶべき。フリーターでも、しっかりサポートしてくれますから。

ハタラクティブ

フリーター向けの転職エージェントは東京に多い

東京以外でも拠点があるエージェントもありますけど、やっぱり東京都心が充実しています。その点を考えると、東京のフリーターのほうが、正社員になりやすいとも言えるかも。

フリーター向けの転職エージェントはどこがいいのか

ハローワークに行くのはどう?

失業してから行くべき場所

ハローワークに行くのは、無職になってから使うのが基本。ハローワークでは、失業保険の申請とかするわけです。求人の紹介してくれるだけじゃないんですよね。

※無職になる前でも、登録すれば仕事探しに使えます。

ちなみに、ハローワークに行きながら就活して就職が無事に決まると、「就職祝金」なるものが貰えます(雇用期間が定められたアルバイトなどでの就職は対象外)。それも、そこそこ貰えるんだってさ。その他にも条件はありますけど。

バイト辞めて仕事探しするなら、とりあえず行っておくべき場所かな

失業保険の申請とかは、万が一のためにやっておいたほうがいいはず。自己都合退職の場合、退職から3ヶ月くらい経過しないと受け取れないけどね!

さっきの祝い金の件もあるので、無職になってから仕事探すのなら、とりあえず行って損はなさそうです。

ハローワークで職探しはおすすめできない・・・

あくまでも、個人的な感想。ハローワークって空気が滅茶苦茶重たいんですよ。あそこに通ってたら、こっちまでやられてしまいそうなほどに!

僕的には、ハローワーク嫌い。それに、求人についても、いい噂を聞かないので、なんだかなぁって感じ。

一番大切なのはこれ

行動すること。行動し続けること。行動していれば、就活力も向上していくし、内定が貰える確率も高くなるんです。

行動なくして、結果は返ってこないですもんね。

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - フリーター・派遣

フリーターは何が大変?経験者の見解

僕はフリーター経験が7年くらいあったので、その大変さはよくわかってます。具体的に何が大変だったのかというと、 給料が少ない お金がない ボーナスがない 社会的信 …

正社員になりたくない理由!フリーターという働き方

僕は二十歳から27歳の現在までずっとフリーターをやっていた。 学生時代、正社員の面接に行ったとき、「仕事一筋になれないなら、お断りです」みたいなことを言われ、「 …

フリーターは不安だった!不安定から脱出するためにやったこと

フリーターは、何となく不安だった。普通にやっていけていたけど、「正社員になりたくなったときに、なれないかもしれない」とか思うと、不安に駆られていた。 若いうちは …

フリーター向けの転職エージェントはどこがいいのか

無料で転職のサポート(書類作成や面接対策など)や、求人の紹介をしてくれるのが転職エージェントと呼ばれるサービス。 ただ、フリーターがリクルートエージェントのよう …

自由に働く?派遣という働き方のメリットとデメリット

フリーターとしてふらふらしていたころ、派遣社員として働いた経験もある。ここでは、その時の経験を踏まえて、派遣として働くメリット、デメリットとか、いろいろ書いてみ …

きついバイトと楽なバイトまとめ!フリーター時代の経験から

学生時代とフリーター時代を合わせると、普通の人よりもバイト経験が豊富だと自負している僕。それでも、個人の人生で経験できるバイトは限られているのが現実。 「僕の経 …

フリーターでも作れるクレジットカード!アルバイトでも作れた

フリーターの大きな弱点が「信用がない」ということ。そりゃ、正社員とは比べ物にならないほど、信用がないわけですよ。 だから、クレジットカードの審査にも落ちやすい。 …

フリーターという生き方の特徴!メリットとデメリット

「フリーター」という生き方について、フリーター暦7年くらいあったの僕が赤裸々に書いておく。 僕がフリーターだったのは、「正社員とかなりたくない!」と思っていたか …

ニートは暇すぎる!3ヶ月のニート経験で感じたこと

社会人になって最初の仕事が辛すぎてすぐにやめて、3ヶ月くらいニート経験のあるケントマンです。 このとき、物凄く暇だった。やることも特になかったし、やりたいことも …

フリーターはお金がない?そんなの当たり前な話

フリーターはお金がない。そんなの当たり前。本業の収入では、正社員に敵わないのが普通。基本給は基本的に低いし、時給制の人がほとんどだし、ボーナスが出ないのが当たり …