ワイクラ

お金系雑記ブログ

フリーターでも有給はもらえるのか?バイトでも大丈夫

チワワ

「フリーターだと有給なんてもらえない」と思っている人もいるようだけど、そんなことはない。労働基準法で決められた条件を満たせば、もらえる。

僕もフリーターだけど、普通に有給もらってるし。フルタイムで働いてるから、結構な日数貰ってるし。

有給をもらうのに、正規雇用も非正規雇用も関係なんてない。

フリーターでも有給はもらえる

まずは、6ヶ月継続勤務すること。そして、8割以上の出勤率が必要。つまり、休みすぎなければ、入ってから半年経てば、有給がもらえるって事こと。

フルタイムとパートタイムでちょっと違う

フルタイムのほうが、パートタイムよりももらえる有給の日数が多い。それだけ。アルバイトでももらえる。僕もアルバイト。

パートタイムは、週に30時間未満の労働時間で働いている人。でも、週に5日勤務していれば、フルタイムと同じだけの有給が与えられるそうな。

有給は「取ります!」と言えば取れるもの

労働基準法の本で読んだんですけど、有給というのは、「ここ、有給取ります!」と言えば、会社側に断る権利はないものだそうな。

それくらい、有給を使う側の権利は強いはず。本来なら。

どうしても有給を許してもらえない場合

フリーターでも正社員でも、有給を取る権利はある。でも、会社のよっては、どうしても有給を取らせないところがあるのが現状。これって、労働基準法を完全に無視しているので、あまりにも酷い場合には、労働基準監督署に相談するといい。

権利を主張することは、何も悪いことじゃない。というか、法律を駆使して戦うべきところは戦わないと、損をする。それがこの社会だって、いい加減に気が付いてほしいかも。

少しは会社にも配慮してあげる

大事な人か、人員が少ない日に無理矢理有給を取るのは、気が引けると思う。その辺は、職場の事情を考慮してあげることで、上司といい関係を築くキッカケにもなるかも。

スポンサーリンク

フリーター応援サイト作成中・・・

フリーターログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

  関連記事

 - 仕事

考えごと
仕事を変える方法!タイミングと勇気が大切か

「仕事を変えたい」 ある日突然、そんな衝動に駆られることもあるのが社会人。仕事を変えるってことは、転職するということになるはず。独立・起業という道もありますが、 …

a0002_002457
転職で失敗しないのは不可能?リスクはここに

今の仕事に見切りを付けるのはいいけれど 将来性を感じなかったり、相性の悪さを感じたりして、今の仕事に見切りを付けるのは悪くない選択のはず。人生一度しかないわけだ …

ピストル
ブラック企業対策!労働法の正しい使い方を学ぶ

最近流行のブラック企業。ルールを無視し、時には暴利を貪り、ルールに乗っ取って企業運営をしている真っ当な企業よりも優位に立ってしまうブラック企業。 正に、社会悪。 …

会社員ごっこ/夢はプログラマーかデザイナー
自由に働く?派遣という働き方のメリットとデメリット

フリーターとしてふらふらしていたころ、派遣社員として働いた経験もある。ここでは、その時の経験を踏まえて、派遣として働くメリット、デメリットとか、いろいろ書いてみ …

ダック
フリーターでも作れるクレジットカード!アルバイトでも作れた

フリーターの大きな弱点が「信用がない」ということ。そりゃ、正社員とは比べ物にならないほど、信用がないわけですよ。 だから、クレジットカードの審査にも落ちやすい。 …

ユウヤケ
人生で夢を叶えるために!目標を持つことの大切さ

「夢を叶えよう!」というとき、目標はやっぱり大切。目標をしっかり立てるのは意外と面倒なんですけど、ここを疎かにしてしまうと、何だかんだでダラダラしてしまうのが通 …

犬27
すぐに仕事を辞める非公式な方法とは

バックレが一番手っ取り早い。ある日突然、会社に姿を現さなくなる。連絡も取れなくなる。本当にすぐに仕事を辞めたいのなら、これがシンプルでスピーディーです。 バック …

message
おすすめのマーケティング本はこれ!勇気をくれるこの一冊

マーケティングのノウハウは、売上を伸ばしたい経営者・マーケティング担当者だけではなく、個人事業主やブロガーまで、幅広く使うことができるはず。「ユダヤ人大富豪の教 …

名刺入れ
脱社畜!本業と副業を両立させるメリットとデメリット

僕は、本業の他に副業をしている。収入面だけで考えると、副業のほうが「本業」という感じになっている。「脱社畜」ってこういうこと?これはこれで嬉しいんだけど、副業収 …

suzume
【仕事】給料は会社の経費だっていう今更なお話

給料とはどういうものか?なんて今更な話かもしれませんけど、これから社会人になるっていう若者達は毎年現れるので、やっぱり書きたくなる。 仕事をすれば、契約の通りに …