ケントマンのブログ

フリーターの転職は不利?正社員は難しい?


スポンサーリンク

正直言って、不利です。それは間違いありません。僕自身、フリーターだったのでよくわかります。

でも、不可能ということはないです。

フリーターから正社員への転職が不利な理由

職歴がアルバイトばかりだと評価が下がる

アルバイトの経験ばかりだと、その時点で評価が下がります。これは、当たり前っちゃ当たり前のこと。

なので、普通に転職サイトを使っても、書類選考の時点で落とされることが多いです。

転職にはライバルがいる

フリーターでも面接してくれる企業はたくさなります。求人広告に「未経験歓迎」と書いてあれば、応募してみるといいです。

しかし、求人広告には、自分以外にも応募している人がいてもおかしくありません。そのライバルが、正社員の経験豊富な人なら、その時点でフリーターは不利ということになってしまいます。

面接まで行ければなんとかなるんですけど、そこまで辿り着けないことが多いのは、どう考えても不利。

大手の転職エージェントが使えない

リクルートエージェントやDODAなどの大手の転職エージェントだと、フリーターが応募しても普通に断られることが多いです。

僕も普通に断られてしましました。まだ会ってもいなかったのに。

あちらも、商売。紹介する人材は、他にもたくさんいるんですし。

不利なフリーターが転職する方法とは

転職サイトで「数打ちゃ当たる戦法」を使う

フリーターは、書類選考ではかなり不利です。でも、何件も応募していれば、普通に面接してくれる企業に当たることができます。

もちろん、履歴書と職務経歴書は完璧に仕上げておく必要がありますが。

あと、いくつかの転職サイトを併用することも大切。「どのサイトも載っている求人は同じ」ということはありませんからね。

面接まで行ければ、こっちのもの。あとは、「使える人材だ」と思って貰えるように、日本社会では当たり前になっている「建て前」を並べればいいんですから。

フリーター向けの転職エージェントを使う

この点、東京のフリーターはちょっと有利です。そもそも求人数が多い上に、ハタラクティブなどのフリーター向け転職エージェントが豊富ですから。

ハタラクティブ

フリーター向け転職エージェント経由の求人は、フリーターでも書類選考が通りやすいです。そもそも、そういう人材でもオッケーな会社が求人出してますから。

その他、面接対策や書類作成の手伝いもしてくれるので、フリーターから正社員へ転職したいのなら、使っておきたいところ。

フリーター向けの転職エージェントはどこがいいのか

ハローワークはどうなのか

ハローワークは、使ったことがないので、正直、何とも言えません。あんまりいい評判は聞かないですが、果たしてどうなのか。

雇用保険の失業給付を貰うときはそこそこ足を運ぶんですけど。

紹介予定派遣はどうなのか

紹介予定派遣というのは、「数か月は派遣として働いて、その後は直接雇用」という形の派遣。

これ、良さそうなんですけど、派遣会社の人の話だと、ほとんど契約社員での直接雇用で、正社員になれる紹介予定派遣はほとんどないそうです。

パートとアルバイトと派遣と契約社員と正社員の違いを簡単に解説

めげないで続ける。これしかない

不利なのは当然です。でも、フリーターから正社員への転職も普通にできます。

そもそも、「正社員から正社員」の転職でもなかなか決まらない場合もあるというのが、転職。16社以上は普通に応募するものだと思ってたほうがいいそうです(転職エージェントの人の話)。

めげないで、数を打ちまくるしかないんです。数をこなしていれば、面接も上達してきて、確率上がりますし。

フリーターから脱出したい!正社員になる方法

フリーター向けの転職エージェントはどこがいいのか

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  トピックの目次へ

 - フリーター体験記

  広告

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ