ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

フリーターから派遣、派遣から正社員という転職経路


僕はフリーター肯定派だけど、正社員になりたいフリーターの向けに。

以前の記事に書いたように、フリーター向けの転職エージェントもあるので、エージェントに協力してもらって、いきなり正社員を目指すという手もある。

エージェントを使えば、書類選考も通りやすくなるので、いきなり正社員を目指すことも可能ではある。

しかし、それが現実的に難しいと感じた場合、派遣から正社員を目指すという経路もなくはない。派遣を積極的に正社員登用する会社もあるし、「紹介予定派遣」という、派遣の後に社員になれる働き方もある。

フリーターからダイレクトに正社員になれないのなら、そういう手段もあると知っておいてほしいかも。

フリーターからスームズに正社員に慣れない場合

フリーターから派遣になるという選択肢

正社員というハードルを高く感じるのなら、まずは派遣で働いて、目指す業界のスキルを磨くという選択肢もあるかと。

いきなりハードルを上げるから、なかなか上手くいかないのかもしれない。いろんな道筋を考えることは、大切。

自由に働く?派遣という働き方のメリットとデメリット

派遣から正社員を目指すことは可能か

これは、なかなか難しい問題。どちらかというと、「派遣で経験を積んでから、別の会社で正社員を目指す」というほうが確率が高いのかもしれない。

会社によっては、「派遣社員を積極的に正社員登用する」というところもあるけど。派遣で経験積んだ人を登用したほうが、確かに当たりが多くなるし。

派遣から正社員を目指すのなら

「紹介予定派遣」というのもあるので、そこを狙ってもいいかも。これは、「最初は派遣ですけど、しばらくしたら正社員に登用しますよ」という制度。認められれば、長くても半年くらいで正社員に登用される。

正社員を目指しているフリーターなら、この制度を試してみるのもあり。「ハタラクティブ派遣」なんかを使うといいかも。紹介予定派遣の求人を多く抱えているらしい。

ハタラクティブ ハケン

紹介予定派遣の問題点

正社員じゃなくて、契約社員になる紹介予定派遣が多いこと。正社員登用を前提とした紹介予定派遣求人って実はかなり少ないらしい。「派遣から正社員」を謳っているハタラクティブ派遣じゃなく、普通の派遣会社だと、「正社員になれる紹介予定派遣」はかなり少ないとの情報が。

フリーターや派遣から正社員を目指す場合の履歴書、志望動機

フリーターや派遣だった理由を明確にしておくこと。「やりたいことがなかった」など、正直に話しても問題ない。

大事なのは、志望動機。「正社員になりたいから!」は、ダメ。正社員とか考えないで、「こういう理由で御社に入りたい!」とか、「会社に入って何がしたい!」というのを、しっかり考えておいて、ちゃんと伝える。そっちのほうが、ずっと大事。

転職はやればできるもんだ

フリーターから派遣でも、派遣から正社員でも、「やってみる」という精神じゃないと、転職なんてできない。転職なんて、「数打てば当たる」というものなんだから、とにかく、数をこなすことを考えたほうが無難。

そのとき、できるだけ業種を絞ったほうが、面接の失敗とかを活かせる。やってみないと、何も変わらない。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - フリーター

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/11