ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ashigawa

ドルコスト平均法とは、株式や投資信託などを買う時に用いられる買い方です。

ザックリ言えば、「一気に買わないで、ゆっくり買おう」という買い方。

ドルコスト平均法の例

例えば、ある会社の株式を10万円分買おうとしているとします。

買いたいときは、一気に買ってしまうのが人間の性。しかし、ドルコスト平均法では、一気に買いたい気持ちをグッとこらえて、分割して買います。

この例では10万円なので、1万円ずつだとわかりやすい。そして、月に一回買えば、もっとそれっぽい。

なので、10万円分を一気に買わないで、10ヶ月掛けて1万円ずつ買い、合計10万円になるように買っていきます。

ドルコスト平均法のやり方

上の例のように、株式や投資信託を一気に買わないで、資金を適度に分割し、何回かに分けて定期的に購入するようにするのが、ドルコスト平均法です。

大事なのは、数ではなく、金額重視であること。

「10株買う」と決めるのでなく、「1万円分買う」と決める。だから、ドルコスト平均法。

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法をやると、価格が高いときには数は少なく、価格が安いときには数が多く買える。投資対象の取得コストをばらけさせるというメリットがあるんです。

一気に買うと、「あ、買ったときはなかなかの高値だった」なんてこともありますからね。逆に、「あのときに買っておけば安かったのに」なんてことも起こり得ますけど。

価格の変動が激しい商品向け

取得コストがそこそこ変動する投資対象じゃないと、意味ないですもの。

ドルコスト平均法は長期投資向き

ゆっくり買っていくので、短期ではなく、長期投資に向いてます。というか、短期トレーダーは使わない気がする。

金額や分割方法などは自分で考えて

これに明確な答えはないので。ドルコスト平均法の目的はあくまで「取得コストの偏りを少なくすること」にありますから。

数年間に渡って買ってもいいし、月末に買ってもいいし、給料日後に買ってもいい。目的さえ理解してれば、あとは自分の戦略次第です。

別に、ドルコスト平均法なんてやらなくてもいいですし。

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 投資

株の配当金が投資の利回りを引き上げるという話

最近の配当利回り状況はこんな感じ まず、配当利回りを簡単に。例えば、配当利回りが3%の株を1000円で購入したとしましょう。すると、預金金利みたいに、配当金が3 …

上手なお金の増やし方!資産運用のやり方を解説

「資産運用の時代だ」とか「貯蓄の時代から、投資の時代になった」とか言われますけど、これはただの営業文句であって、そんな時代は来てません。来てるとしたら、手数料欲 …

NISA(ニーサ)で投資家デビューを考えている人の危険な思考

最近やたらとNISAのCMが流れていますけど NISAの登場で、投資が身近になったと感じていませんか?もしかしたら、それはテレビでやたらCMが流れているからって …

株の財務分析の勉強ができるおすすめの本4選

株式投資でファンダメンタルズ分析をするなら欠かせないのが財務分析。 ここでは、そんな財務分析の勉強に役立つ本を4冊紹介。 財務分析の勉強ができる本はこれがおすす …

業界最大手「SBI証券」のおすすめポイントとデメリット

どうも、ケントマンです。僕が株を始めるときに選んだのが「業界最大手」という名目で目立っていたSBI証券!かれこれ6年間くらい愛用してます。 証券会社はまず多くあ …

株を買うことの意味とは?株式投資と企業買収の話

そもそも株式とは何か。 株式とは、簡単に説明すれば「会社のオーナー権」です。つまり、株式を買うということは、会社(の一部)を買うということ。 普通、僕たちが買え …

SBIソーシャルレンディングの特徴!SBIグループならではのファンドも

「ソーシャルレンディングやってみたいけど、どこの会社使えばいいの?」と思ったとき、真っ先に見付かったのがSBIソーシャルレンディング。 ネット証券大手のSBIグ …

株価が10倍以上になった銘柄を保有したときの体験談

どうも!しばらく株だけで生活していたことがあるケントマンです! あれは、社会人一年目の出来事。専門学校を卒業して社会人になったので、二十歳のとき。最初に始めた仕 …

投資と投機の違いって何?投資とギャンブルの見分け方

投資をやっていないと縁もゆかりもないであろう「投機」という言葉。投資をやっているといつかめぐり合う「投機」という言葉。経済系のニュースで「投機マネーが流れ込んで …

おすすめのバフェット本!銘柄選びや名言を学ぶ

バフェット投資を学んで日本株を買う バフェット投資がかなり研究されている本 世界最高の投資家、ウォーレン・バフェット。株式投資で世界的な大富豪になった賢明な投資 …