ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】

スポンサーリンク

ドルコスト平均法とは、株式や投資信託などを買う時に用いられる買い方です。

ザックリ言えば、「一気に買わないで、ゆっくり買おう」という買い方。

ドルコスト平均法の例

例えば、ある会社の株式を10万円分買おうとしているとします。

買いたいときは、一気に買ってしまうのが人間の性。しかし、ドルコスト平均法では、一気に買いたい気持ちをグッとこらえて、分割して買います。

この例では10万円なので、1万円ずつだとわかりやすい。そして、月に一回買えば、もっとそれっぽい。

なので、10万円分を一気に買わないで、10ヶ月掛けて1万円ずつ買い、合計10万円になるように買っていきます。

ドルコスト平均法のやり方

上の例のように、株式や投資信託を一気に買わないで、資金を適度に分割し、何回かに分けて定期的に購入するようにするのが、ドルコスト平均法です。

大事なのは、数ではなく、金額重視であること。

「10株買う」と決めるのでなく、「1万円分買う」と決める。だから、ドルコスト平均法。

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法をやると、価格が高いときには数は少なく、価格が安いときには数が多く買える。投資対象の取得コストをばらけさせるというメリットがあるんです。

一気に買うと、「あ、買ったときはなかなかの高値だった」なんてこともありますからね。逆に、「あのときに買っておけば安かったのに」なんてことも起こり得ますけど。

価格の変動が激しい商品向け

取得コストがそこそこ変動する投資対象じゃないと、意味ないですもの。

ドルコスト平均法は長期投資向き

ゆっくり買っていくので、短期ではなく、長期投資に向いてます。というか、短期トレーダーは使わない気がする。

金額や分割方法などは自分で考えて

これに明確な答えはないので。ドルコスト平均法の目的はあくまで「取得コストの偏りを少なくすること」にありますから。

数年間に渡って買ってもいいし、月末に買ってもいいし、給料日後に買ってもいい。目的さえ理解してれば、あとは自分の戦略次第です。

別に、ドルコスト平均法なんてやらなくてもいいですし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 投資

  関連記事

個人向け国債の特徴!最低金利保証もあるが銀行預金並みに金利が低い

銀行などでよく見かける個人向け国債の特徴とメリットについて。 個人向け国債とは何か 個人投資家しか買えない国債が、個人向け国債。国債を買うと、日本にお金を貸して …

投資全般に当てはまるメリットとデメリットのザックリしたまとめ

投資をするメリットとは何か お金面でのメリットはこんな感じ 銀行にお金を預けるよりもお金を増やせる可能性がある 給料以外の収入源になる可能性がある 上手くいけば …

証券会社の使い方!株や投資信託はこう買う

若いうちから使いまくる人もいれば、一生縁がない人もいる「証券会社」。 今は馴染みがなくても、これから使うことになる人もいると思うので、「証券会社の使い方」につい …