ケントマンのお金のブログ

ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】

ashigawa

ドルコスト平均法とは、株式や投資信託などを買う時に用いられる買い方です。

ザックリ言えば、「一気に買わないで、ゆっくり買おう」という買い方。

スポンサーリンク

ドルコスト平均法の例

例えば、ある会社の株式を10万円分買おうとしているとします。

買いたいときは、一気に買ってしまうのが人間の性。しかし、ドルコスト平均法では、一気に買いたい気持ちをグッとこらえて、分割して買います。

この例では10万円なので、1万円ずつだとわかりやすい。そして、月に一回買えば、もっとそれっぽい。

なので、10万円分を一気に買わないで、10ヶ月掛けて1万円ずつ買い、合計10万円になるように買っていきます。

ドルコスト平均法のやり方

上の例のように、株式や投資信託を一気に買わないで、資金を適度に分割し、何回かに分けて定期的に購入するようにするのが、ドルコスト平均法です。

大事なのは、数ではなく、金額重視であること。

「10株買う」と決めるのでなく、「1万円分買う」と決める。だから、ドルコスト平均法。

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法をやると、価格が高いときには数は少なく、価格が安いときには数が多く買える。投資対象の取得コストをばらけさせるというメリットがあるんです。

一気に買うと、「あ、買ったときはなかなかの高値だった」なんてこともありますからね。逆に、「あのときに買っておけば安かったのに」なんてことも起こり得ますけど。

価格の変動が激しい商品向け

取得コストがそこそこ変動する投資対象じゃないと、意味ないですもの。

ドルコスト平均法は長期投資向き

ゆっくり買っていくので、短期ではなく、長期投資に向いてます。というか、短期トレーダーは使わない気がする。

金額や分割方法などは自分で考えて

これに明確な答えはないので。ドルコスト平均法の目的はあくまで「取得コストの偏りを少なくすること」にありますから。

数年間に渡って買ってもいいし、月末に買ってもいいし、給料日後に買ってもいい。目的さえ理解してれば、あとは自分の戦略次第です。

別に、ドルコスト平均法なんてやらなくてもいいですし。

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

おすすめの投資信託の選び方!勧誘に乗せられるな

不景気だし、ゼロ金利時代だし、「投資でお金増やしたいなー」という人が増殖しているんじゃないかと思われる昨今。 どうも、ケントマンです! まず、投資っていうのは、 …

金持ち投資家の投資術はレベルが高すぎる「金持ち父さんの投資ガイド – 上級編」

ショボい個人投資家じゃ何十年掛かっても到達できないような投資術。金持ち投資家は、それをやっている。偉大な投資家の本を読み漁っていると、そんなことを感じる。 今回 …

「不動産投資の学校」の無料体験学習会に参加したので感想でも

「株式投資の学校」の無料体験学習会に続いて、「不動産投資の学校」の無料体験学習会にも参加してみました。株式投資の学校のほうの感想はこっち。 「株式投資の学校」無 …

バリュー投資が学べる本5選!株で勝ちたいなら

株価とは違う「企業価値」を見付け出し、適正価値と株価の離れ具合を見て利益を得ようとするバリュー投資。株は、空売りを除けば「安く買って、高く売る」というシンプルな …

投資成績の良し悪しを知りたい?利益じゃなくて「利回り」を

「株で2000万円儲かった!」という話を聞くと、「株って凄いな!やりたいな!」と思いませんか? でも、あんな感じの自慢話は、基本的に「儲かったときのこと」しか言 …

株を買うことの意味とは?株式投資と企業買収の話

そもそも株式とは何か。 株式とは、簡単に説明すれば「会社のオーナー権」です。つまり、株式を買うということは、会社(の一部)を買うということ。 普通、僕たちが買え …

僕がSBI証券を選んだ理由と、証券会社選びのポイント

株の取引をするには証券会社は必要ですし、投資信託や国債を買ったりするにも証券会社は便利。僕は20歳の頃から株を始めたわけですが、その頃から今までずっと「SBI証 …

お金がないときに投資に手を出したら後悔した話

失業中に株式投資に手を出したら大儲けして、しばらくその利益だけで一人暮らししていた時期があった。 それで味を占めた若かりし頃の僕は。働くようになってからは、「給 …

投資で失敗しない方法の考察!自分の投資は大丈夫か

何をもって「投資の失敗」と位置づけるか まず、投資のせいで莫大な借金を背負ってしまうのは明らかに失敗。信用取引とか、オプション取引みたいに、明らかにハイリスクな …

株の損切りのタイミングを決める基本テクニック「逆指値注文」の使い方

株をやっていて、「これ以上損をしたくない!」というときに使われるのが「損切り」というテクニック。 今回は、「損切り」の基本的なやり方を紹介。 損切りのタイミング …