ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

クレジットカードの還元率を比較!最強カードはどれだ?

更新日:


はじめに:クレジットカードの選び方の基礎知識

自分にとってベストなクレジットカードの選び方。それは、「どんなカードが自分に合っているのか」を明確にするところから始まります。

ポイント還元率が高く、節約にも使えるクレジットカード。年会費が掛からないクレジットカード。ブランド力が高く、持っているとカッコいいクレジットカード。海外旅行に行くときの保険やラウンジの無料サービスが充実しているカード。自分がよく使うお店なんかで優遇が受けられるカード。

クレジットカードにはそれぞれ特徴があるので、その特徴を一通り理解しておけば、「自分が欲しい機能はこれだ!」というのがわかってきます。

それを踏まえて、「自分が欲しがっている機能が充実しているカード」を探せば、自分に合ったクレジットカードの選び方ができるというわけです。

ブランドの選び方

「VISA」のようなブランドを選ぶときの考え方

VISAとかJCBとかありますよね。「何が違うの?」と疑問に持つ人も多いクレジットカードのブランドですけど、要は「どの地域で使いやすいか」って話なんですよ。

加盟店が多ければ、それだけ使えるお店が多い。基本、これ。ちなみに、ブランドによって付帯サービスが違うという部分もあります。

基本的には「VISA」か「MasterCard」

この二つ、使える地域に大きな違いはありません。どっちでもいいです。日本でも海外でも、幅広い地域をカバーしているのがこの二つです。

「JCB」は日本のブランド

一昔前は、「JCBが日本で一番使いやすい!」なんてこともあったそうですが、「VISA」のような海外ブランドが勢力を強めてきたので、昔話に。

日本国内なら問題ないですけど、海外に行くときにJCBだけでは不安。

「AMEX」はアメリカの高級ブランド?

高級感を感じる人も多いので、「魅せるブランド」としては最適なAMEX(アメリカンエキスプレス)。AMEXならではの付帯サービスも魅力的。使える地域は、VISAとマスターあたりに比べると少ない。

ちなみに、AMEXとJCBはちゃっかり提携していて、「AMEXの加盟店ならJCBもOK」「JCBの加盟店ならAMEXもOK」という使い方ができるの、知ってましたか?

その他のブランドもある

基本的にこの4つですけど。

クレジットカードの選び方

ポイント還元率はどうか

この記事の本題。

大手の三井住友カードなんかは、還元率が0.5%(もっと上げる方法もあるけど)。これを基準に考える。ちなみに、楽天カードだと1%。

同じカードでも、「ポイントをどう使うか」で還元率が変わるのは注意。「キャッシュバックでは0.4%だけど、Pontaポイントだと0.5%」みたいに。

ポイントは何に交換できるのか

キャッシュバックだけだったり、楽天ポイントだけだったり、「Tカードしか持ってないのに、Pontaポイントに交換したほうが還元率高い!」なんてこともあったりします。

年会費は掛かるのか、いくらか

「年会費は無駄」ってわけじゃなく、使い倒せば年会費以上にお得になることも多いんです。実は。

引き落とし日はいつか

一般的に、「銀行系のカードは10日、流通系のカードは27日」という感じ。

旅行傷害保険はどうか

海外旅行に行くときには必須の旅行傷害保険。国内旅行傷害保険もあります。カードによって、補償内容や金額がかなり違うのでご注意を。年会費の高いカードのほうが保険が充実している傾向があります。

ちなみに、「利用付帯」と「自動付帯」の違いも重要ですよ。

利用付帯・・・旅行代金(飛行機のチケット代やホテル代など)をそのクレジットカードで払うと適用される
自動付帯・・・そのクレジットカードに入会していれば適用される

その他の付帯保険はどうか

買い物した商品の破損などを補償してくれる「ショッピング保険(海外適用が多い)」や、不正利用防止を補償してくれる保険、飛行機が飛ばなかった時なんかに適用される「渡航便遅延保険」などもあります。

もう一つの魅力!クレジットカードの付帯保険を知っているか

海外旅行が快適になるか

空港のラウンジが無料で使えるという特典が充実しているカードもあります(ゴールドカード以上が多い)。海外に行ったときにいろいろなサポートを受けられるというのも、重要なポイントかも。

会員特典は何があるのか

そのクレジットカードで払えば割引やポイントアップしてくれるものから、お店で見せるだけで割引特典を受けられるカードまで、この辺は本当に様々。

ゴールドカード以上だと、高級レストランで大幅な割引を受けられたりと、「スペシャルな特典」がなかなか充実していることが多いです。

とりあえず、ここでは還元率だけ比較してみます

海外旅行に行かないのに、旅行傷害保険とか付帯してても意味ないですからね。ついでに、「貯まったポイントは何に使えるのか?」も大事なので、まとめていきます。

それでは、いってみましょうか。

※ゴールド以上のカードは除外

クレジットカードの還元率を比較!(気になったもの全て)

楽天カード

・還元率 → 1%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
楽天スーパーポイント

【コメント】
楽天市場などで使えるポイントが貰えるのが楽天カード。100円につき1ポイント貯まる。楽天市場での買い物に使えば、最大4%のポイント還元を受けることが可能。最近では、楽天ポイントが使えるお店も増えているので、汎用性は高くなっていると言える。

三井住友VISAカード(クラシック)

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 1250円(税別)

【主なポイント交換先】
景品交換、マイレージポイント、WAONポイント、nanacoポイント、楽天Edy、Suicaポイント、ビックカメラポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、au WALLETポイント、Tポイント、Pontaポイント、キャッシュバックなど

【コメント】
1000円につき1ポイント貯まるカード。基本の還元率は0.5%だが、0.5%の還元率を維持できる交換先は楽天ポイントやビックカメラポイントなど、一部。ほとんどのポイント移行や景品交換、キャッシュバックでは還元率が下がるのが難点。

【クレカ】三井住友VISAカードのメリットとデメリットまとめ

リクルートカード

・還元率 → 1.2%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
Pontaポイント

【コメント】
毎月の利用金額の1.2%のリクルートポイントが貯まるクレジットカード。リクルート系列のサービスを使うのなら、高還元クレジットカードになる。同じ還元率でPontaポイントに移行することも可能。キャッシュバックはなし。

REXカード

・還元率 → 1.5%
・年会費 → 2500円(税別・年間50万円以上の利用で無料)

【主なポイント交換先】
Jデポ(キャッシュバック)、ANAマイル

【コメント】
カード利用金額2000円につき30ポイントが貯まる、カカクコムグループのクレジットカード。貯まったポイントは、基本的にJデポを使ったキャッシュバックへ。マイルにも交換できますが、還元率がイマイチ。年間50万円以上利用していれば年会費が無料になるので、なかなかなお得なカードと言える。

REXカードライト

・還元率 → 1.25%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
Jデポ(キャッシュバック)

【コメント】
カード利用金額2000円に付き25ポイント。年間利用金額が50万円に届かない方向け。還元率が高く、キャッシュバックによる還元なので、ポイントの無駄が少ない。

MUFGカード(スマート)

・還元率 → 0.4%
・年会費 → 1000円(税別・条件付きで無料)

【主なポイント交換先】
自動キャッシュバックのみ

【コメント】
三菱UFJ系列のクレジットカード。カード利用1000円につき4ポイント。貯まったポイントは、「1P=1円」として年に一回キャッシュバックされる。

VIASOカード

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 無料 

【主なポイント交換先】
自動キャッシュバックのみ

【コメント】
三菱UFJ系列のクレジットカード。カード利用1000円につき5ポイント。MUFGカードスマートと同じく、オートキャッシュバック方式。三菱UFJニコス系は、旅行傷害保険以外は微妙なのかも。

ライフカード

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
dポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイル、au WALLETポイント、ベルメゾンポイント、Vプリカ、Amazonギフト券、景品など

【コメント】
カード利用1000円につき1ポイント。ポイント移行の場合、還元率0.5%は安定(マイルは別)。その他、ポイント交換先は豊富。Vプリカに交換した場合、還元率が0.56%程になる模様。

イオンカード

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
WAONポイント、dポイント、Suica、イオン商品券、景品など

【コメント】
カード利用200円につき1ポイント。イオンのヘビーユーザーなら使いやすいカードかもしれない。

Orico Card THE POINT

・還元率 → 1%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
WAONポイント、Tポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイル、amazonギフト券など

【コメント】
カード利用100円につき1ポイント。年会費無料のカードの中では、なかなかの還元率を誇る。

アメリカンエキスプレスカード

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 12000円(税別)

【主なポイント交換先】
ANAマイル、Tポイント、楽天スーパーポイント、景品、キャッシュバックなど。

【コメント】
審査が厳しいことで有名なアメックス。ステータスカードとして持たれることも多いんだとか。カード利用100円につき1ポイント。しかし、「1P=0.5円」だったりするので、ポイント還元率は普通。その他のサービスに期待したいカード。

エポスカード

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
マルイでの割引、マルイ商品券、ANAマイル、JALマイル、dポイントなど

【コメント】
マルイのクレジットカード。カード利用200円につき1ポイントが基本。その他、リボ払いにすると2倍になったりする。

JCBカード(一般)

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 1250円(税別・条件付きで無料)

【主なポイント交換先】
各種景品、各種ポイント

【コメント】
カード利用1000円につき1ポイント。サイトが見辛すぎたので、詳細は割愛。

P-oneカード(スタンダード)

・還元率 → 1%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
自動キャッシュバック

【コメント】
毎月の引き落とし額が1%マイナスされるという、シンプルな還元スタイルのクレジットカード。

dカード

・還元率 → 1%
・年会費 → 1250円(税別・条件付きで無料)

【主なポイント交換先】
dポイント、キャッシュバック

【コメント】
ドコモのクレジットカード。カード利用100円につき1ポイント。dポイントは、ドコモ以外でも使えるので(ローソンやマクドナルドなど)、汎用性はそこそこ。年間1回でもカード利用すれば、次年度の年会費無料(初年度はもともと無料)。

Yahoo!JAPANカード

・還元率 → 1%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
Tポイント、Suicaポイント

【コメント】
カード利用100円につき1ポイント。Tポイントに強い。Yahooショッピングなどの利用で更にポイントが貰える。TポイントをSuicaのポイントなんかに交換することも可能。

漢方スタイルクラブカード

・還元率 → 1.5%
・年会費 → 1500円(税別)

【主なポイント交換先】
薬日本堂商品割引券、Jデポ(キャッシュバック)、ANAマイル

【コメント】
REXカードに並ぶ高還元クレジットカード。利用額が多いとボーナスポイントあり。

Amazonマスターカード(クラシック)

・還元率 → 1%
・年会費 → 1350円(税別・条件付きで無料)

【主なポイント交換先】
Amazonポイント

【コメント】
年に一回でも利用すれば年会費無料(初年度はもともと無料)。アマゾンでの買い物に使えば1.5%還元。アマゾンによる、アマゾンユーザーの為のクレジットカード。

セゾンカードインターナショナル

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 無料

【主なポイント交換先】
各種景品、Tポイント、ANAマイル、JALマイル、nanacoポイント、dポイント等、他多数

【コメント】
カード利用1000円につき1ポイント。永久不滅ポイントで有名。ポイント交換先によって還元率が変動。

セディナカード(クラシック)

・還元率 → 0.5%
・年会費 → 1000円(税別)

【主なポイント交換先】
各種景品、nanacoポイント、dポイント、楽天スーパーポイント、Tポイント、ベルメゾンポイント

【コメント】
カード利用200円ごとに1ポイント。キャッシングに力を入れている印象がある。

カードごとにポイント還元率をまとめてみる

  • 楽天カード → 1%
  • 三井住友VISAカード(クラシック) → 0.5%
  • リクルートカード → 1.2%
  • REXカード → 1.5%
  • REXカードライト → 1.25%
  • MUFGカード(スマート) → 0.4%
  • VIASOカード → 0.5%
  • ライフカード → 0.5%
  • イオンカード → 0.5%
  • Orico Card THE POINT → 1%
  • アメリカンエキスプレス → 0.5%
  • エポスカード → 0.5%
  • JCBカード(一般) → 0.5%
  • P-oneカード(スタンダード) → 1%
  • dカード → 1%
  • Yahoo!JAPANカード → 1%
  • 漢方スタイルクラブカード → 1.5%
  • Amazonクラシック → 1%
  • セゾンカード → 0.5%
  • セディナカード → 0.5%

単純な還元率だと、REXカードと漢方スタイルクラブカードが圧倒的。ただ、年会費とポイント交換先も合わせて見て選ぶべき。

終わりに:注意点など

上記の還元率は、あくまでも「基本」の還元率です。使い方によっては、もっと高くなる場合も、低くなる場合もあります。

情報をまとめるにあたり、いろんなカード会社のサイトを見て思ったのが、「お得に使える」という文言が多いこと多いこと。並べてみると、そうでもないカードも多いのに。

ちなみに、随時更新予定。まだまだクレジットカードは種類があるので、徐々に追加していきます。

-クレジットカード

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.