ワイクラ

お金系雑記ブログ

クレジットカードのポイント還元率と貯め方の豆知識

みかん

クレジットカードの大きなメリットの一つとして挙げられるのが「ポイントが貯まる」ということ。

意外と多い!クレジットカードのメリットはこんなにあった

クレジットカードで買い物をしたりすると、ポイントが貯まる。

貯まったポイントは、キャッシュバック(請求額からポイント分割引すること)に使えたり、他社ポイント(Tポイントなど)に交換できたり、景品に交換できたりする。

ここでは、そんな「クレジットカードのポイント」についての、今更聞けない豆知識を解説していきます。

ポイント還元率の豆知識

ポイント還元率とは何か?

クレジットカードの比較サイトなどを見ると、よくポイント還元率という言葉が出てきます。

ポイント還元率は、「このクレジットカードを使うと、どれくらいの還元があるか?」を数字に出しただけのもの。

ポイント還元率をみれば、「そのクレジットカードはどれくらいお得か?」がわかるというわけです。

ポイント還元率の計算方法

有名どころの三井住友VISAカードを例に解説してみます。

まず、三井住友VISAカードは、「カード利用1000円につき1ポイント」という形でポイントが貰えます。

三井住友VISAカードのポイントを、例えば楽天スーパーポイントに移行したとすると、「1ポイント=楽天スーパーポイント5ポイント」になります。

楽天スーパーポイントは、楽天で「1ポイント=1円」として使えるので、「三井住友VISAカードで1000円の買い物をするごとに5円の還元がある」ということに。

これらを考慮して計算すると、「5÷1000=0.005=0.5%」が三井住友VISAカードのポイント還元率になるというわけです。

還元率はクレジットカードによって違う

ポイント還元率0.5%というのは、かなり普通です。同じ銀行系のクレジットカードであるMUFGカードなんかもこのライン。

CMをたくさん流している楽天カードだと1%、リクルートカードだと1.2%。

こんな感じで、クレジットカードによって還元率が違います。「1%を超えてたら高いほう」と覚えておくといいかも。

ポイント交換先によっても還元率が変わる

三井住友VISAカードの例に戻ります。

先ほどは楽天スーパーポイントで還元率を計算しましたが、これがnanacoポイントになると、「1ポイント=nanacoポイント3ポイント」になるので、「還元率=0.3%」になります。

ちなみに、キャッシュバックでも0.3%。景品に交換するともっと下がる場合も。

このように、同じクレジットカードでも、ポイント交換先によってポイント還元率が大きく変わる場合があるので、ポイント交換する場合は注意が必要です。

年会費も考慮すべし

またまた三井住友VISAカードを例にします。

三井住友VISAカードのクラシックカードの年会費は1250円(税抜き)

単純な考え方ですが、この年会費以上のポイント還元を受けないと、「よくよく考えると、あんまりお得じゃない・・・」という話になってしまう気もしませんか?

ちなみに、1250円分のポイント還元を受けようと思ったら、25万円分のカード利用(1250÷0.005で計算できます)が必要です。

ポイント交換先によっては、もっと必要な場合も。「だから何だよ」というツッコミがあればそれまでですが、そういう考え方もあるってことは覚えておいて頂きたいわけで。

クレジットカードのポイントの貯め方

「1000円につき1ポイント」の豆知識

こういう制約を見ると、「じゃあ、1回の買い物が1000円以上じゃないとダメなんだな」と勘違いされる方もいるんですけど、これは基本的に「請求額1000円につき1ポイント」という解釈なので、「500円の買い物を2回したら、1000円の請求になった」という感じでもポイントが貯まるんです。

カードによっては例外もあるかもしれませんが、基本的にこの考え方で問題ありません。

ポイントを効果的に貯める方法

考えられる方法を以下にまとめてみます。

  • 還元率の高いクレジットカードを使う
  • できるだけクレジットカード支払いにする
  • クレジットカードの特典を利用する(このお店で使えばポイントアップ!のような)

クレジットカードで節約したいのなら、「クレジットカードを使いこなせ!」という話に落ち着きます。

クレジットカードの還元率を比較!最強カードはどれだ?

クレジットカードのポイントは重要?

僕は、「そんなに気にしなくていいんじゃないかな?」という意見。クレジットカードのポイント還元なんてそんなに凄いものでもないと思うので、それだったら支払い金額の管理とかちゃんとやって、たまに「あ、ポイント貰えた。ラッキー!」と思うくらいでいいんじゃないかと。

クレジットカードのメリットは「ポイント還元」だけじゃないですし。

次はこの記事>>クレジットカードの還元率を比較!最強カードはどれだ?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - クレジットカード

料金所
現金とクレジットカードの併用の仕方!どっちがメイン?

「クレジットカードを使ったほうが便利!」というものもあるので(ケータイ・インターネット料金の支払い、保険料の支払いなど)、クレジットカードは手放したくない。 で …

アヒル1羽
大学生におすすめのクレジットカードはこれ!社会人でも継続

大学生でも、クレジットカードを持っていると、ケータイ代の支払いなどが楽だったりします。それに、大学生でも作りやすいクレジットカードというのがあるので、作っておく …

ネットショッピング
クレジットカードの使い方、支払い方法や注意点など

もうすぐ春ですね!新生活の季節ですね!そこで、「これからクレカ(クレジットカード)を使い始めるけど、何だか不安」というあなたの為に、ちょっと年上なだけの凡人の僕 …

kamesan
クレジットカードの正しい使い方?危険なことを避ける

クレジットカードの危険性を知る クレカは借金製造マシーン クレジットカードを使うということは、「お金を借りる」ということ。カード会社から。それは、一括でも分割で …

風邪:熱っぽい
クレジットカードがレジで使えなかった!カードの故障が原因か

クレジットカードがレジで使えなかった!本日、そんな場面に遭遇してしまいました。いやー、あれは軽く焦る。 限度額なんて全然超えていないはずだし、他のところでは普通 …

この先行き止まり
「カード現金化」の仕組みと危険性!やってはいけない

都会を歩いていると意外と見かける「カード現金化」という看板。これ、簡単に言っちゃうと「こういうお金の借り方もありますよ」という宣伝なんですけど、これが全然おすす …

ゆらゆらふわふわ
意外と多い!クレジットカードのメリットはこんなにあった

「クレジットカードは、ポイントが貰えるからお得」とはよく言われますけど、それ以外にもたくさんのメリットがあるんです。 様々な保険が付いていたり、現金にはない保証 …

お金が降ってくる
クレジットカードの危険性!本当は怖いクレジットカード

まず、クレジットカードの仕組みについて カード会社は、金貸し。クレジットカードを使うということは、借金をするということ。短く、わかりやすく説明すると、クレジット …

空と標識
クレジットカードの利用枠を引き上げる方法

クレジットカードの利用可能枠は、同じクレジットカードを長年使い続け、延滞なしにきちんと支払っていれば、カード会社のほうから「利用可能枠を引き上げておきました」と …

トランプガール
クレジットカードの選び方のポイントとは

自分にとってベストなクレジットカードの選び方。それは、「どんなカードが自分に合っているのか」を明確にするところから始まります。 ポイント還元率が高く、節約にも使 …