ケントマンのお金のブログ

クレジットカードのメリットとデメリット!ポイント以外に付帯保険や優待も

ゆらゆらふわふわ

「クレジットカードは、ポイントが貰えるからお得」とはよく言われますけど、それ以外にもたくさんのメリットがある。

様々な保険が付いていたり、現金にはない保証があったり、空港のラウンジを無料で使えたり、などなど。ここでは、意外と知らないかもしれない、クレジットカードのメリットとデメリットを紹介。

スポンサーリンク

現金にはないメリットがある

現金はなくしたら返ってこないけど

クレジットカードの場合は、不正利用されても、カード会社が不正利用分を保証してくれることがほとんど。現金は、勝手に使われるとほぼ戻ってこない。その点、クレジットカードは、現金よりも保証が手厚いと言える。

通販が楽になる

僕は、通販は全部クレジットカード払いにしている。今時、代引きを使う人なんてそんなにいないらしい。

財布に多くのお金を入れる必要がない

クレジットカードを持っていれば何とかなることが多い今の世の中。現金をたくさん持ち歩きたくないのなら、クレジットカードが助けてくれる。

ショッピング保険が付帯されることも

「ショッピング保険」というものを付帯してくれるカードもある。これは、クレジットカードで買った商品などが事故等の理由で破損したなどの場合、被害額を保証してくれる保険。付いてないカードもあるし、海外限定という場合もある。

もう一つの魅力!クレジットカードの付帯保険を知っているか

ポイントが貯まるのだけれども

「1000円ごとに1ポイント」みたいなのって

普通にポイントの説明をしても「知ってるよ!」となると思うので、ちょっと違う話を。

ポイントが貯まる条件に、「100円ごとに1ポイント」とかあるあれ、「買い物ごと」じゃなくて、「請求額に対して」というのが基本。

よくある勘違いなのでご注意を

1000円ごとに1ポイントをくれるクレジットカードで、同じ月に500円の買い物と、600円の買い物をした。これだと、請求のときには1100円になるので、ちゃんと1ポイント貰える。そうじゃないカードもあるかもしれないけど。

この辺を、「買い物ごと」と勘違いしている方がいるので、ご注意を。

交換商品によって還元率が変わる

「ポイント還元率0.5%」と謳っているカードでも、交換商品によってはそこまで届かないこともある。「キャッシュバックだと0.3%だけど、ドコモポイントに換えると0.5%」みたいな。基本、「ポイント移行」だと還元率が高くなる傾向にある模様。

公共料金でもポイントが貯まる

電気代などをクレジットカード支払いにすれば、定期的にポイントを貯めることが可能に。

クレジットカードのポイント還元率と貯め方の豆知識

旅行傷害保険が付帯される

海外旅行や国内旅行に最適な保険

「旅行傷害保険」というのは、旅行中に事故でケガした場合などに、保険金が出るもの。これも、カードによっていろいろ。保証範囲とか、保証金額とか結構違ったり。国内と海外に分かれているのが普通。カードによっては、海外だけとか、国内だけとか。

クレジットカードの旅行傷害保険とは?海外旅行に行くときは特に気にしたい

利用付帯と自動付帯の違い

利用付帯は、例えば、新幹線のチケットをそのクレジットカードで買ったとしたら、その新幹線に乗っている間の事故などを保証してくれるもの。ホテルのチケットなら、ホテルだけ。飛行機なら、飛行機だけ。という感じ。

一方、自動付帯は、そのカードを持っているだけで保険が適用されるもの。チケットをどのカードで買ったとか関係なし。クレジットカードを持っていればいい。

自動付帯は年会費があるカードに多い

年会費が高いカードだと、保証金額も高いし、自動付帯が多い傾向あり。年会費は、「払うだけ損」というものでもなく、「払ったら、それなりのサービスが受けられるもの」と考えることもできる。

パック旅行の保証範囲

新幹線とかホテルとか行先とか全部決まっているような旅行。旅行傷害保険は、パック旅行なら、その旅行期間中なら「ホテルだけ」とか関係なしに保証の対象にしてくれるのが基本。

海外旅行や飛行機が快適に

ラウンジが無料で使えたり

空港にあるくつろぎスペース「ラウンジ」。カードによっては、そのラウンジを無料で使えるようになる。これまた、年会費の高いカードのほうが、使える空港の数が多い傾向あり。

スペシャルなラウンジも

「プライオリティパス」という、年会費4万円くらいの「スペシャルなラウンジが使えるようになるパス」があるんだけど、そこそこのクレジットカードだと、これを無料でゲットできたりもする。これだけで年会費の元が取れて有り余るカードも。

現地通貨が引き出せる

海外旅行で大切な現地通貨。クレジットカードを使ったほうが、両替するよりも手数料が安いという話も。

海外サポートが受けられる

クレジットカードの会員限定で受けられるサービス。JCBならJCBのサポートセンター、VISAならVISAのサポートセンターが、海外でも日本語で対応してくれて、レストランの予約をしてくれたり、いろいろ助けてくれる。電話サポートもあるので、海外旅行によく行く方は、要チェック。

当たり前だけど

クレジットカードは、海外でも使えるので便利。ちなみに、JCBは日本のブランドなので、海外はそこまで強くない。海外なら、VISAかマスターが一般的。

ただ、JCBとAMEXがちゃっかり提携しているので、「AMEXのマークしかなくても、JCBが使える」ということも可能に。だが、しかし。そのことを把握していない店員さんが多いようなので、VISAかマスターのほうがやっぱり安心。

一応、「JCBのマークしかないけど、AMEXも使える」ということもできる。稀にできないこともあるらしいが。

この先はメリットでもデメリットでもある

お金がなくても何とかなる

お金がなくても買い物とかできるのがクレジットカード。ただ、その性質上、人によっては使いすぎてしまうことも。管理できない人にとっては、現金のほうがずっと安全な可能性あり。

後から分割にできたり

買い物した後でも、クレジットカードのサイトで支払い方法を変更できる。後からリボにできたり、分割にできたり。使いすぎてしまったときの一時しのぎにはなるけど、手数料が掛かるのが難点。2回払いまでなら手数料が掛からないのは常識。

リボ払いと分割払いの違い!クレジットカードの支払い方法

お金を借りられる

クレジットカードを使えば、コンビニのATMでもお金が借りられる。ただし、かなり利息が高い。

メリットは、クレジットカードによって違う

他にも、もっとゴージャスなサービスがあるクレジットカードもあるし、「ポイント」以外にそこまでメリットがないカードもある。その辺は、クレジットカードによって結構違うので、「ポイント還元率がいい」というだけでカードを選んでた方は、ちょっと違う視点も持ってみるといいかも。

お店側のメリット

クレジットカードは、お店側からすれば、「売り逃し」をある程度防げるので、なかなかメリットがあるもの。ただし、加盟店手数料が発生するので、その辺は悩みどころのよう。

ゴールドカードやプラチナカードのメリットとデメリット

年会費以上のメリットを探す

年会費が一万円だったり、二万円だったり、10万円以上だったり。そんなゴールドカードやプラチナカードを持つことのメリットについて。

※カードによってかなり差があるのは当然。あくまでも「傾向」の話。

通常ランクカードよりも限度額が高く設定できるかも

あくまでも「かも」の領域を出ない。

ゴールドカードを作っても、審査してもらったら、通常ランクのカードと限度額が同じになる場合もあるのが現実。カード会社によっては、プラチナでも似たようなことが起こる。

ゴールドやプラチナのほうが「限度額の“上限”が高い」ってだけのカードもある。別に、金持ちじゃなくてもゴールドカードなんて普通に作れる。

ポイントが貯まりやすいかも

通常ランクカードよりも、ゴールド以上のカードのほうがポイント還元率が高い。その傾向がある。もちろん、そうじゃないカードも。

ただし、これだけを狙っていくと、年会費に喰われてしまう可能性もあるのでご注意を。

旅行傷害保険の補償額が高額

旅行中に何かあったときに保険金が下りる海外旅行傷害保険。通常ランクのカードよりも、ゴールド以上のほうが補償額が多い傾向強し。

三井住友VISAカードを例にすると、こんな感じ。

三井住友VISAカードの付帯保険一覧!安心の補償が充実

その他の保険も充実してるかも

ショッピング保険とか、不正利用の補償とか。その他、通常ランクにはない保険が付帯しているケースなんかも。

空港のラウンジが無料で使えるかも

通常ランクよりもゴールド、ゴールドよりもプラチナ。そういう感じで、無料で使える空港の数が増えていく傾向が。

海外旅行のサポートが充実するかも

ゴールド以上のカードだと、海外旅行に行ったときに、かなり手厚いサポートが受けられることが多い(レストランやホテルの予約してくれるとか)。この辺、VISAやJCB、MasterCard、AMEXなどのブランドによってサービスが違う。

お得な割引が受けられるかも

高級レストランを半額で利用できるとか、そういう感じの特典がある傾向が。調べてみるとこの辺が充実していたり。

女の子にモテるかも

ステータスカードってやつ。こういうので釣れる女の子もいかがなものかと思うけど。

年会費を払うだけ無駄かも

デメリットなんて、これだけかも。これだけだけど、なかなか大きなデメリット。クレジットカードを長く使っていると、やたら「ゴールドカード作りませんか?」なんてお誘いの封書が来る。

その度に、「そろそろゴールドのほうがいいかな~」なんて考えてしまう。そういう人は、一番のカモなのかもしれない。

いろんなゴールドやプラチナがあるもので

「収入がそこそこしっかりしていれば、作れる」というゴールドカードやプラチナカードも存在する。年会費払ってくれれば作れる、みたいな。

カード会社の方針次第で、「プラチナ」という名前でも、かなりの違いが生まれることも。AMEXやダイナースクラブのプラチナが年会費13万円の一方、MUFGカードのプラチナは2万円、みたいな。

「名ばかりゴールド」みたいなカードもそこそこある感じ。

そんなことよりも、「ゴールドやプラチナにして、オレにメリットあるのか?」とか「年会費払う価値あるのか?」を考えたほうがお得。

自分にとって必要あるかどうかを最初に考えないと、「年会費という無駄遣い」が発生するのでご注意を。

ここからはクレジットカードのデメリットを羅列

加盟店の問題で使えないことも

JCBのカードしか持っていないとき、JCBの加盟店じゃないと使えない。こういう「加盟店の問題」でクレジットカードが使えないことがある。海外で使おうとするときなんかは、要注意。全体的に強いのはVISAとマスターカード。

そもそもクレジットカードが使えない場所も

最近ではコンビニでもクレジットカードが使えるようになったけど、自動販売機など、使えないお店や施設はまだまだある。

磁気不良で使えないことも

いつもってわけじゃないけど、たまにこれのせいでカードが通らないことも。そうなったら、カード裏面に書いてあるコールセンターに問い合わせるのが無難。

クレジットカードがレジで使えなかった!カードの故障が原因か

使いすぎることもある

分割払いの落とし穴

分割にすれば毎月の支払いは楽になるけど、要は「借金」なので、残高を増やしすぎると返済も大変になるし、手数料もバカにならなくなってくる。いわゆる「カード地獄」の危険があるのは、なかなかのデメリット。

リボ払いと分割払いの違い!クレジットカードの支払い方法

現金との併用が難しい?

「クレジットカードだけで全部管理」というのなら、明細を家計簿みたいに使えるので、もっと管理しやすいはず。ところが、そうもいかないクレジットカード。現金じゃないと払えない場所もまだまだあるのが問題。

加盟店手数料が邪魔をする

お店側のデメリットでもあり

クレジットカードを使えるようにしているお店って、VISAなどに「加盟店手数料」を支払っている。その分、「後払い」が可能なクレジット決済ができるようになるので、売り逃しを防ぐ効果があるもの。ちなみに、「加盟店手数料」が消費者である僕たちに影響を及ぼすことも。

クレジットカード払いでポイントが減ることも

「クレジットカードで支払うと、お店のポイント還元が減りますよ」というやつ。これって、加盟店手数料の問題。その分クレジットカードのポイントが貯まるから良しとするか、「もったいない」と感じて現金で支払うのか。ポイント気にする方にとっては、悩みどころ。

欲しいカードが持てないことがある

審査に通らないという悲劇

欲しいカードがあって、申し込んだ。でも、審査に落ちてしまった。「欲しいものが持てない可能性がある」というのが、クレジットカードの残念なところ。信用の問題なので、仕方ないのだが。

カード会社によって審査の厳しさが違う

一つ落ちたからといって、落ち込む必要がないときもある。審査が厳しいところは本当に厳しいし、緩いところは本当に緩い。この辺は、カード会社の方針によって、かなりの違いが生まれている部分。

選び方が意外と難しい

カードの種類が豊富すぎる

もう本当、いろんなクレジットカードがある。あの中から「自分に合ったカード」を探すのって、難しい。何が自分に合っているのかわからない。一つ一つの特徴を調べるのも面倒。

クレジットカード選びのちょっとしたコツ

それは、「何が一番欲しい機能か」を考えること。ポイント重視なら、ポイント還元率が高いREXカードとかリクルートカードとか選ぶ。保険を充実させたいのなら、銀行系のクレジットカードを選ぶ、ゴールドカードを選ぶ。そういう感じ。

クレジットカードの選び方のポイントとは

クレジットカードの「特徴」について

ポイント還元に特化しているカードがあれば、オールマイティなカードもある。海外に行く方に向けたサービスが充実しているカードや、保険が充実しているカードもある。特徴を見極めて、自分が欲しい機能と照らし合わせる。そうすれば、「これが合ってる」というのが、何となく見えてくるはず。あとは、直感的に「このカード好き!」というのが大事かと。

クレジットカードは危険なのか

最近そうでもないと思ってきた。要は、使う人次第。現金主義の人でも、使いすぎる人は使いすぎる。クレジットカード主義の人でも、上手く使う人は上手く使う。だから、「危険」というのは、そこまでデメリットじゃないと思うようになった。

クレジットカードの還元率を比較!最強カードはどれだ?

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - クレジットカード

クレジットカードの利用枠を引き上げる方法

クレジットカードの利用可能枠は、同じクレジットカードを長年使い続け、延滞なしにきちんと支払っていれば、カード会社のほうから「利用可能枠を引き上げておきました」と …

クレジットカードの旅行傷害保険とは?海外旅行に行くときは特に気にしたい

だいたいのクレジットカードには、旅行傷害保険というものが付帯しています。 旅行傷害保険というのは、旅行先で何かあったときに保険金が下りるもの。海外旅行に行くとき …

楽天をお得に使える「楽天カード」のおすすめポイント

楽天スーパーポイントがひたすら貯まるクレカ「楽天カード」は、正に楽天による、楽天ユーザーのためのクレカ。利用者もなかなか多い人気のカード。 楽天カードには、普段 …

クレジットカードの還元率を比較!最強カードはどれだ?

クレジットカードの還元率とは、「そのクレジットカードを使うとどれくらいポイント還元があるのか(お得に使えるのか)?」ということが分かる数字のこと。 クレジットカ …

三井住友VISAカードの付帯保険一覧!安心の補償が充実

三井住友VISAカードの公式サイトが見づらかったので、メインどころの「クラシック」「クラシックA」「プライムゴールド」「ゴールド」に絞り、簡潔にまとめてみます。 …

クレジットカードの選び方のポイントとは

自分にとってベストなクレジットカードの選び方。それは、「どんなカードが自分に合っているのか」を明確にするところから始まります。 ポイント還元率が高く、節約にも使 …

クレジットカードの更新?有効期限が近づくとどうなるのか

クレジットカードは簡単に更新できるのでご安心あれ 社会人になって数年経つと訪れる、クレジットカードの有効期限。僕も、「何これ、どうなるの?」とちょっと不安になっ …

クレジットカードを解約する方法。持ちすぎは危険信号?

クレジットカードの解約方法はめっちゃ簡単 経験上、一番簡単な解約方法は、ネットを使う方法。カードの会員サイトにログインして、「解約」のページを探す。そこから簡単 …

もう一つの魅力!クレジットカードの付帯保険を知っているか

「ポイント還元!」ばかりが注目されていて、知らない方もいるかもしれない。クレジットカードには、「付帯保険」というもう一つの魅力があるということを。 現金を使わな …

【クレカ】三井住友VISAカードのメリットとデメリットまとめ

三井住友VISAカードの特徴はこれだ! 三井住友VISAカードのメリットを簡単に 旅行傷害保険などの保険が充実 ポイント交換先が豊富 「ポイントUPモール」とい …