ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

ビジネス系の小説でおすすめなのはやっぱり「ハゲタカ」


投資をやっているのでビジネス小説を好んで読みたがるケントマンです!

そんな僕がおすすめするビジネス系の小説は「ハゲタカ」。ハゲタカっていうのは、企業を買収して食い散らかす外資系ファンドのことを主に指すもの。ハゲタカファンドなんて言葉もあります。

この小説は、正にハゲタカファンドの人間が主人公。企業買収をひたすら行っていくって話。組織や人との駆け引きがとにかく面白いんですよねー。

ハゲタカの主人公はこんなキャラ

ハゲタカの主人公は鷲津政彦という人物。通称「ゴールデンイーグル」。外資系ファンド「ホライズンキャピタル」の社長さん。

この鷲津さんがとにかくスーパーマンすぎる印象はあるんですが、スーパーエリートってことで片付けておきます。

冒頭から衝撃的な展開!

この「ハゲタカ」、ビジネス小説ながら、冒頭から人が壮絶な死を遂げていく描写。まあ、自殺するわけです。その人物が何者なのか、物語にどう関わってくるのかは、最後のほうにわかってくる。

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)

ドラマとは違った話でした

結構前にNHKでドラマやってたんですよ。知ってましたか?僕はドラマから入った人間。ドラマがかなり面白かったんですよね。今でも僕の中で最高のドラマ。

ドラマ知っている人なら、是非原作も読んでほしい。ドラマもいいですけど、小説も最高!まず、設定とかいろいろ違いすぎます。違うんだけど、どっちも完成度の高い作品に仕上がってるから凄い。

ハゲタカはシリーズ化されている

ハゲタカに始まり(一作目が傑作だと言われている)、バイアウト(ハゲタカⅡ)、レッドゾーンと続いていきます。あ、最新作は「グリード」らしい。まだそこまで読んでません。

新装版 ハゲタカ2(上) (講談社文庫)新装版 ハゲタカ2(上) (講談社文庫)

ハゲタカⅡは若干失速した感があるっていう評価もあったのですが、個人的には好きです。話はしっかり続いていってるし。話がちょっと壮大すぎる巻はありましたけどね!

レッドゾーンは、映画版ハゲタカの原作になったやつ。中国ファンドとのアカマ自動車買収合戦!

レッドゾーン(上) (講談社文庫)レッドゾーン(上) (講談社文庫)

で、最新作がこれ。グリード!

グリード 上グリード 上

ハゲタカはMA関係の用語の勉強にもなるという

ハゲタカって結構ガチな内容です。専門用語もかなり出てきます。その度に解説が添えられているので、企業買収関係の用語に無駄に詳しくなれるという特典付き。

ハゲタカはとにかくおすすめ!ビジネス小説が好きなら読んでみるべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - 映画と小説とドラマ

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/11