ワイクラ

知っておきたいビジネスの成功原則!これが真実

最高クラスの衝撃を与えてくれたビジネス書「なぜビジネス書は間違うのか」に書いてあった成功原則に関する記述が非常にショッキングだったので、シェアします。

ビジネスで成功するのには何が必要なのか??

そんなことを日々考え、悩んでいるあなたに、是非とも知っておいてほしいんです。

ビジネスの成功についてのあれこれ

成功原則なんて存在するわけがない

これ、一番大事です。「こうやったらビジネスで成功できる!」というマニュアルが世界のどこかに存在するわけありません。「ビジネス成功の原則」みたいな教科書が密かに売られているわけじゃありません。

「ビジネスには成功原則なんてない!」

これが、ビジネスの成功に関する話で、一番大事なところなのは間違いないはず。

ビジネスとは、相対的なものである

競合他社は存在する。時代は変わる、流行りも変わる。人々の生活も日々変化し、人々の気分もそのときそのときで違っている。どんなチームで仕事をするのか、どんな広告を打つのか。そういうのも、その時によって違ったりする。

そんな中で、「絶対的な成功原則」なんてものが存在するわけがない。「これをやったら、絶対に売上が伸びる」なんてものは存在できない。これが、ビジネスの真実。だって、ビジネスは相対的なものなんだから。

成功原則を無理矢理作るとすれば

僕が思うに、ビジネスの成功原則は無理矢理作れます。それは、「ビジネスの成功原則とは、とにかくビジネスをやることだ!」というもの。

やらなければ、成功も失敗もない。やってみてこそ、成功を掴める。これは、絶対的な原則だと思われる。

ビジネスの成功には運が付きまとう!?

ビジネスでは、運が大事ということです。「実力で上手くいった!」と思い込んでいても、実は「たまたま」ということも少なくないらしいのです。

だって、ビジネスは相対的なものだから。

たまたま勝ち残った。たまたま人気が出た。たまたま口コミが発生した。でも、「明確な要因と結果の因果関係はわからない」というのが真実というのがほとんどということ。

ビジネス書には成功原則なんて書いてない?

「なぜビジネス書は間違うのか」という本は、ビジネス書のおかしなところに見事に突っ込んでいます。

そもそも、「成功者」が語る成功原則には「妄想」が入り込んでいるので、そんなものが役に立つはずがないと。再現性があるはずがないと。

「従業員を大事にしているから」「毎日本を読んでいるから」「お客さんと蜜に接しているから」

成功者と呼ばれる人たちは、取材に対して、いろいろ語る。でも、「この要因が~%結果に結び付いている」なんてことは、位階していない。だって、妄想に支配されているのだもの。

結果と要因の因果関係の立証は難しすぎる

まず、人の考えではダメらしい。だって、妄想が介入してくるから。それでは、正確なデータなんて取れるわけがないって。

「なぜビジネス書は間違うのか」によると、統計学あたりの専門家に頼んでみても、「成功に4%役立っている」みたいなデータしか取れないらしい。

だって、「アンケートを実施している」みたいなことをやっても、ビジネスでは、それが全てじゃないんだもの。相対的なものなんだもの。それら全てのデータを検証するのは難しいし、検証したとしても、再現性があるのか非常に疑問が残るのです。

ビジネス書の多読はお金の無駄?

見聞を広める意味ではいいかもしれません。モチベーションの維持とかにも。でも、「成功するためにビジネス書を読む」というのはおかしい。

そもそも、そういう本がいつの時代も売れるのは、「ビジネス書が役に立たないから」という話もある。役に立たないから、「次こそは、もしかしたら」と思って、いろんな本を買ってくれるそうな。

ビジネス書自体、売るために作られている「商品」ですからね。

僕もいろいろとビジネス書を読んできましたけど、「なぜビジネス書は間違うのか」だけ読めば、ビジネスについてかなり深く理解出来ると思いますよ。

なぜビジネス書は間違うのかなぜビジネス書は間違うのか

役に立たないものは長生きするらしい

ビジネス書だけじゃなく、自己啓発本、健康食品やダイエット食品に至るまで、「役に立つかもしれない商品」というのは、長続きするらしい。だって、役に立たないのだから。

効果が本当にあるのなら、いろんなものを買い漁る必要なんてないですからね。人間の妄想力は、面白いものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ビジネス

  関連記事

株式投資をやってて気付いた利益率の高い業界たち

株式投資をやっているので、いろんな上場企業の決算書を見てきたのですが、そんな中で「この業界って意外と利益率高いんだな!」と感じたものがいくつかあったので紹介。ま …

持株会のメリット!だから加入させられる

あなたの会社には「持株会」ってありますか?従業員が働いている会社の株を持っちゃおう!っていうあれです。持株会って何の為にあるのか?メリットは何なのか?ちょっと語 …

ビジネス書は役に立つは勘違い?なぜビジネス書は間違うのか

僕のようなビジネス書好きだった人間を一瞬にして「ビジネス書はもういいや」という人間に変えてしまう驚異の一冊。それが「なぜビジネス書は間違うのか」という本。 どう …

【仕事】給料は会社の経費だっていう今更なお話

給料とはどういうものか?なんて今更な話かもしれませんけど、これから社会人になるっていう若者達は毎年現れるので、やっぱり書きたくなる。 仕事をすれば、契約の通りに …

残業代を支払わないブラック企業の決定的な弱点とは

前に労働法の本を読んだときに知った、ブラック企業の決定的な弱点。「知らない人がいたら、知らせなきゃ!」と今更思ったので、記事にしておきます。 「サービス残業」が …

ジレット式ビジネスモデルとは?利益を生み続ける仕組み作り

今回はビジネスモデルについて触れちゃいます!あなたは、ジレット式ビジネスモデルというのを聞いたことがありますか? ジレット式ビジネスモデルは、「利益を生み続けや …

おすすめの経営者の本4選!伝説の経営術を学ぶ

本には、先人たちの知恵が詰まっている。だから、本を読め! そう言われることがあります。 ここで紹介するのは、偉大な経営者たちの知恵が学べる本。 おすすめの経営者 …

マルチ商法(ネットワークビジネス)の勧誘の特徴!お金も友人も失う前に

ネットワークビジネスなんてカッコいい名前が付いている「マルチ商法」ってもの。一応合法ではあるんですが、「怪しいビジネス」っていうのは拭い切れてない。理由は単純。 …

Kindleでも読める、おすすめのマーケティング本3選

マーケティング本から何が学べるか どうも、ケントマンです。ブログでアフィリエイトをやるようになってから、「マーケティング」というのを学び始め、マーケティング関係 …

一等が出やすい宝くじ売り場の不思議。なんで当選しやすいのか

本日は年末ジャンボ宝くじ販売の最終日ということで、宝くじ売り場には長蛇の列ができていました。 宝くじ売り場の中には、「過去2回、当売り場で一等が出ました!」みた …