ケントマンのブログ

長期分散投資のやり方とメリット!株式投資の場合


コスモス3

どうして分散投資をするのか

分散投資は、無知に対するリスク回避。これが、世界最高の投資家が言っていたこと。投資対象の全てを把握することはできないので、不測の事態が起こったときでも損失が最小限になるように分散する。

例えば、一つの銘柄だけを持っていると、その銘柄の株価が50%下落したら、投資している資産も同時に50%減ってしまう。そういうのを避けるために、「あっちがダメでも、こっちが大丈夫ならなんとかなる」という理論のもと、分散投資をするわけです。

株式は何銘柄に分散するといいのか

世界最高の投資家ウォーレン・バフェットのポートフォリオがたまに公開されていますけど、それを見ているとだいたい10銘柄が多い模様。分散といっても、そこまで多く持たなくていいみたいです。

というか、何百とか持ちたいなら、インデックスファンド買ったほうがいいかもしれませんし。

3銘柄だけでも十分に分散できる?

バフェットの第二の師匠として知られるフィリップ・フィッシャーさんは、自身の本の中で「3銘柄で十分に分散できる」と語っています。現に、フィッシャーさんは最終的に3銘柄に絞って運用してたみたいですし。

分散は少ないほうが利回りが改善される?

分散投資は、買う銘柄を少なくするほど、市場平均を上回る確率が上がるというデータが、「バフェットの法則」という本に載っていました。分散を広くすると、平均に近くなるって話なんでしょうね。

市場平均を上回りたいなら、市場平均とは違ったポートフォリオ編成を考えないといけないってわけです。それでも、「絶対に市場平均に勝てる」ってわけじゃないので、不確実性とは仲良くやりましょうってこと。

長期分散投資のメリットとか

前の記事で長期投資について書いたんですけど、メリットについては触れなかったので、ここで触れておこうと思います。前の記事はこれ。

長期投資に向いている銘柄はどんな株?というののまとめ

バリュー投資の真価を発揮するために

市場というのは、企業価値を正しく反映することもあれば、そうじゃないこともある。企業価値を市場が正しく反映しておらず、割安な株価で企業価値を手に入れたとしても、すぐに市場が反応するわけじゃない。

株式市場には雑音が付き物だし、企業価値を反映するには時間が掛かる。だから、長い目で見て、長期投資をしないと、バリュー投資をやる意味がないってことになる。ってわけ。

証券会社に無駄に手数料を支払わないために

株式は、売買すればするほど、証券会社に手数料を支払うことになりますよね。配当が利回りを押し上げるのなら、手数料は利回りを押し下げる。

短期的に頻繁に売買してしまうと、手数料という名のコストがかなり掛かるので、賢い判断とは言えないかもしれません。その点、長期投資なら、手数料はそこまで払わない。たまにしか売買しませんからね。

長く持ち続けることで税金の節約になる

投資の税金というのは、利益確定しなければ払う必要がありません。毎年利益を出して無駄に税金を払うよりも、たまたま売るタイミングがあり、何年かに一度払うくらいのほうが、税金は少なくなるって考え方。

毎年利益の20%を税金として持っていかれたら、そりゃ、利回りも悪くなりますよね。

模範的な分散投資は過剰分散かもしれません

投資の本なんかで、やたらといろんな投資商品に分散することを勧めているのがありますけど、偉大な投資家たちはそんなことを勧めてはいないってわけです。

そんなにリスクが怖いのなら、投資なんてやらないほうがいいのかもしれません。それでも投資がしたいのなら、やっぱり、インデックスファンドを長期保有するのが無難ってところなんでしょうね。

長期投資に向いている銘柄はどんな株?を解説

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 投資

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

株の配当金が投資の利回りを引き上げるという話

最近の配当利回り状況はこんな感じ まず、配当利回りを簡単に。例えば、配当利回りが3%の株を1000円で購入したとしましょう。すると、預金金利みたいに、配当金が3 …

「株で富を築く バフェットの法則」の感想

「世界一の投資家」と言われるウォーレン・バフェットの投資手法や銘柄選びなどをひたすら研究してまとめられているのが、株で富を築く バフェットの法則という本。 何度 …

株式投資の未来、書評。株式投資の統計データ

株式投資では様々な憶測や妄想が飛び交うもの。あの株がこれから来るだの、あの業界は未来が明るいだの。「株式投資の未来」という本は、この憶測を一蹴するほどの威力を持 …

敗者のゲーム、書評。投資家が本当に意識するべきこととは

前から読もうと思ってたのに読んでなかった「敗者のゲーム」。読んでよかった敗者のゲーム。「敗者のゲーム」っていうのは、投資の本です。 以前「まぐれ、書評。投資家が …

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

OwnersBook(オーナーズブック)は、ロードスターキャピタル株式会社が提供するソーシャルレンディングサービス。不動産案件に強く、一万円の少額からソーシャル …