ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

なぜブラック企業と戦わない?悪質な一例を紹介


プロブロガーのヨスさんのブログ「ヨッセンス」で紹介されていたブラック企業の話が酷すぎるのでシェア。

※外部サイト
妻と子どもがインフルになった→「帰宅禁止」というブラック企業の話 – ヨッセンス

内容は、タイトルの通り。休みなく働いているバスの運転手。それだけでも大問題だと思うんですけど、その人が務めている会社は、妻と子供がインフルになったその運転手に対して「帰宅禁止」と命じたんだとか。あまりに酷い話。

どうしてブラック企業と戦わない?

ブラック企業が調子に乗るじゃないか

ルール(法律)に従わない者は罰せられる。これが、法治国家のルール。それなのに、多くの人はブラック企業のルール違反を黙認する。それが当たり前のように振る舞う。ブラック企業が調子に乗る。

ブラック企業を作り出しているのは日本国民か

言われたことをちゃんとやれ。それが、日本の教育方針。でも、限度がある。言われたことをちゃんとやれと言われても、ルール違反なことを容認してしまうのは、「日本人の美徳」と言えるのだろうか。

先ほど紹介したバスの運転手の「帰宅禁止」の話もそう。そういう「おかしなこと」に異議を唱えない人がいるから、ブラック企業なんてものが生まれるんじゃないだろうか。

ブラック企業は嫌いだ

以前読んだ労働法の本に書いてあった、ブラック企業による害の一例。

例えば、サービス残業。法律上では、払わなければいけないのが残業代。法的に請求すれば、認められる残業代。つまり、「残業代を払う」は法律で決まっていること。

それなのに、払わない企業がある。これは、ちゃんと残業代を支払う企業が被害を受ける。残業代を支払わないと、その分経費が浮くことになる。その分、ちゃんと残業代を支払っている企業よりも設備投資ができたり、値下げができてしまう可能性がある。

「正直者は損をする」とは、よく言ったもの。こんなことがまかり通ってしまっている。だから、ブラック企業は徹底的に潰さなければならない。

ブラック企業という存在自体、腹立たしい。

ブラック企業はなくならない

残業代の例以外にも、過労死、自殺など、悪い話を発生させるブラック企業。それでも、なくならないと思う。日本人は、戦わないから。ヨスさんも、先ほどの記事の中でこんなことを語っている。

サラリーマンって人間ですよね? コマじゃない。なんで意見を主張しないのか不思議すぎる。

僕も、そのことは不思議に思うタイプ。でも、大多数の人は、それを「不思議」と思わないか、思っていても、黙って言いなりになってしまう。

僕は、ブラック企業はこの世から排除しなければならないと思っている。でも、現実は、日本人の体質を考えると、難しい。そうも思っている。

欲しいものは自分で勝ち取るのが社会でしょ

いつか何かが変わると思いますか

こういう人が本当に多い。文句は言う。愚痴はこぼす。でも、行動しない。

お金が欲しいなら、もっと稼ぐために行動する。理想の職場環境を手に入れたいのなら、その為に行動する。僕は、そういうタイプ。欲しいものは、自分の力で手に入れる。だって、待っていても、何も変わらないことがほとんどだから。

※関連記事
お金を稼ぐのは悪いこと?だからあなたは稼げない!

競争社会でしょ。競争しないと

平等なんてありえない。みんなが全てを手に入れられるなんてありえない。平等な社会なんて、成立しないらしい。

僕は、自分のために生きている。だから、必要なものは、何とかして手に入れる。ルールは守るけど。

どうして競争しないの?そんなことを他人に言っても仕方がないと思っている。しかし、競争しないから、従業員よりもブラック企業が強くなりすぎてしまう。「社畜」の待遇がどんどん悪化してしまう。

それを考えると、ブラック企業は「自然の摂理」に従って反映しているのかもしれない。強いものは、生き残る。人間の社会でも、それは変わらないと思う。だから、僕は誓った。「強くなろう」と。

正直、他人事

ブラック企業の話を聞いていると腹が立つけど、僕にとって、所詮は他人事。今回の記事も、「部外者の戯言」ってことになりますかね。自分の身は、自分で守って下さい。以上です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - 仕事術

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/20