ケントマンのお金のブログ

バークシャー・ハサウェイの株式を購入する方法

日時計

世界一の投資家ウォーレン・バフェットと、その相棒チャーリー・マンガーのタッグが有名な投資会社(保険会社?)バークシャー・ハサウェイ

バフェットのことを知っているのなら、バークシャーの株に興味を持つ人も少なくないはず。バークシャー・ハサウェイの株式の購入方法はこれ。

スポンサーリンク

バークシャーの株は証券会社で買う

ネット証券最大手のSBI証券が取り扱いをスタート

SBI証券では、口座を開設すれば、外国株の取り引きをすることができます。そして、今まではバークシャー・ハサウェイの株式を取扱していなかったが、ようやく取り扱いするようになったんです。

つまり、バークシャーの株は、普通に買えるってわけです。「A株」じゃなくて、「B株(市場流通用)」のほうですけど。

SBI証券

外国株の口座開設は国内のものとは別

既に国内の株式取引ができる口座を持っていても、外国株の口座は新たに申請する必要あり。難しい審査もないので、意外とあっさり外国株の取り引きに参入できます。

バークシャー・ハサウェイの株式は何が良いのか

世界一の投資家に資金を託すことができる

運用実績が飛び抜けているバークシャー。ここの株式を購入するということは、世界一の投資家に資金を託すことと同じ意味を持ちます。

名著「株式投資の未来」でも推奨されていた

株式投資の未来という本は、「今までどんな株が投資家に利益をもたらしてきたのか?」と「これからどうすればいいのか?」をじっくり教えてくれる有名な本。

この本の最後のほうで、「今後の戦略」として、バークシャー・ハサウェイへの投資が選択肢の一つとして勧められていました。

インデックスファンドに勝てるのか

ほとんどのファンドや投資会社は、インデックスファンドには勝てないという噂も。そんな中で、世界一の投資家に託すのが正しいのか、そうじゃないのか。

何はともあれ、ウォーレン・バフェットもかなりのおじいちゃんになってきているので、今後のバークシャーの動きは注目ですよね。

おすすめのバフェット本!銘柄選びや名言を学ぶ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

マネックス証券のメリット!少額の株式投資におすすめ

株式投資初心者は、まずは少額で始めること!だって、何が起こるかわからないんだもの。お金がどう動くかわからないんだもの。実際にやってみないことには。 だから、少額 …

株式投資の未来、書評。株式投資の統計データ

株式投資では様々な憶測や妄想が飛び交うもの。あの株がこれから来るだの、あの業界は未来が明るいだの。「株式投資の未来」という本は、この憶測を一蹴するほどの威力を持 …

株の初心者が勉強すべき事と勉強が必須な理由

株の初心者が勉強すべきことは、「チャートの読み方」とか「必勝法」以前に、「株式はどういう仕組みなのか?」や「株価はどっやって決定されるのか」といった、「ルール」 …

クラウドバンクの特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

クラウドバンク(日本クラウド証券)がやっているソーシャルレンディングの特徴とメリットについてまとめてみました。クラウドバンクは、一万円からソーシャルレンディング …

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

OwnersBook(オーナーズブック)は、ロードスターキャピタル株式会社が提供するソーシャルレンディングサービス。不動産案件に強く、一万円の少額からソーシャル …

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

ナンピン買いは、投資における買い方の手法の一つ。漢字で書くと難平買い。よくドルコスト平均法と比較されている。 ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】 ナンピ …

投資と貯金の割合はどれがベスト?バランス大事ですよ

投資をやっていると迷うことの一つが、「投資と貯金の割合」です。当然、貯金の何割かを投資に回すことになるんですけど、「最適なバランスはどれくらいか?」「比率はどれ …

株価を予測することは不可能!「まぐれ」に惑わされるな

将来の株価を完璧に予測することなど、絶対にできない。ある研究チームが、こういう結論を出したと、ウォーレン・バフェットの本に書いてありました。 株で富を築くバフェ …

「株で富を築く バフェットの法則」の感想

「世界一の投資家」と言われるウォーレン・バフェットの投資手法や銘柄選びなどをひたすら研究してまとめられているのが、株で富を築く バフェットの法則という本。 何度 …

僕がSBI証券を選んだ理由と、証券会社選びのポイント

株の取引をするには証券会社は必要ですし、投資信託や国債を買ったりするにも証券会社は便利。僕は20歳の頃から株を始めたわけですが、その頃から今までずっと「SBI証 …